スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部 トラブル続きの長旅経て帰国

長谷部 トラブル続きの長旅経て帰国
スポニチアネックス 12月25日(土)7時1分配信

20101225-00000027-spn-000-0-thumb.jpg

 日本代表でボルフスブルクの長谷部が成田空港着の航空機で帰国した。

 大雪の影響でドイツで飛行機に乗り遅れたため当初予定の羽田行きを逃し、経由したパリで4時間の足止めを食らい、日本に荷物が届かないというトラブル続きの長旅に「いい経験になった」と苦笑い。「とにかく休みたい」と休養してから29日に代表合宿に合流する予定で、アジア杯に向けては「優勝を狙わないといけない」と意気込みを語った。



博報堂DYメディアパートナーズ、アスリートイメージ評価調査、「今年活躍した」アスリートは石川遼選手・浅田真央選手に
マイライフ手帳@ニュース
2010年12月24日16時28分

 博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアムと共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2010年総括特別編を行った。その結果、「今年活躍した」、「来年の活躍が期待できる」アスリートは石川遼選手、浅田真央選手がそれぞれ1位となった。

 「2010年に活躍した」男性アスリートは、1位に石川遼選手(ゴルフ)、2位にイチロー選手(野球)、3位に高橋大輔選手(フィギュアスケート)。女性アスリートでは、1位に浅田真央選手(フィギュアスケート)、2位に宮里藍選手(ゴルフ)、3位にクルム伊達公子選手(テニス)となっており、国内外で活躍したアスリートがランキングされる結果となった。また、「2011年に活躍が期待できる」男性アスリートには、1位に石川遼選手(ゴルフ)、2位に斎藤佑樹選手(野球)、3位にイチロー選手(野球)。女性アスリートには、1位に浅田真央選手(フィギュアスケート)、2位に宮里藍選手(ゴルフ)、3位に村上佳菜子選手(フィギュアスケート)という結果となった。今年を代表する若い選手が来年も継続して期待されているようだ。

 通常調査での、イメージ総合ランキング上位には、1位にイチロー選手(野球)、2位に石川遼選手(ゴルフ)、3位に浅田真央選手(フィギュアスケート)、4位にクルム伊達公子選手(テニス)、5 位に北島康介選手(水泳)となっており、様々な競技から、常にチャレンジ精神を持ちながら活躍しているアスリートがランキングされている。「好感が持てる」アスリートでは、1位に小塚崇彦選手(フィギュアスケート)、2位にイチロー選手(野球)、3位に高橋大輔選手(フィギュアスケート)、4位にクルム伊達公子選手(テニス)、5位に内村航平選手(体操)という結果になった。

 そして、イメージ項目の「爽やかな」アスリートは、1位に石川遼選手(ゴルフ)、2位に斎藤佑樹選手(野球)、3位に浅田真央選手(フィギュアスケート)、福島千里選手(陸上)、5位に小塚崇彦選手(フィギュアスケート)となっており、今年明るい話題を提供してくれたアスリートがランキングされている。また、「リーダーシップがある」アスリートは、1位に星野仙一監督(野球)、2位にイチロー選手(野球)、3位に中田英寿さん(サッカー)、アルベルト・ザッケローニ監督(サッカー)、5位に長谷部誠選手(サッカー)となっており、来年のスポーツ界の期待の高まりを反映しているようだ。

 この調査はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、対象アスリートの認知、好意度のほか、博報堂DYメディアパートナーズが独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査となっている。

[調査概要]
調査方法:Web調査
調査地区:首都圏+京阪神圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
調査対象者:対象エリアに在住の15から69歳の男女
有効回収サンプル数:600サンプル
調査期間:12月3日から12月7日



□■□

「リーダーシップ」で5位

W杯イメージって偉大だ。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。