スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福西崇史がアジアカップを展望する。 「重要なのはキャプテンの存在と……」


福西崇史がアジアカップを展望する。「重要なのはキャプテンの存在と……」
引用元:NumberWeb 2015/01/09 10:50 配信
http://number.bunshun.jp/articles/-/822447

 いよいよ目前に迫ったアジアカップ。11年前に同大会を制した福西崇史氏に、連覇を目指す日本代表の展望を聞いた。メンバーに名を連ねた中心選手の現状や、連覇に向けてのキーマン……。2004年アジア杯優勝を経験した元代表ボランチが挙げたポイントとは?

――さて福西さん、今回はアジアカップに臨む日本代表の中心メンバー、そして連覇に向けてのキーマンを聞きたいと思います。まずは、今大会に選出されたメンバー23人を以下に記します。

<GK>
川島永嗣、東口順昭、西川周作

<DF>
長友佑都、森重真人、太田宏介、吉田麻也、塩谷司、酒井高徳、昌子源、植田直通

<MF>
遠藤保仁、今野泰幸、長谷部誠、香川真司、清武弘嗣、柴崎岳

<FW>
豊田陽平、岡崎慎司、本田圭佑、小林悠、乾貴士、武藤嘉紀

内田篤人不在の右SBは、酒井高徳の持ち味に期待。

――まず最初に触れておきたいのは、内田篤人についてです。以前から痛めている右ひざの状態が思わしくなく、昨年末に代表離脱が決まりました。

福西:彼の離脱は残念だよね。去年の11月にやったホンジュラス戦で素晴らしいプレーを見せていたし、個人的にはアジアカップでの活躍をとても期待していたんだ。アギーレ監督になって以降、ザックの時とサイドバックの攻撃参加の仕方が変わってきた。その変化にもすぐに対応していて、これからは内田の攻撃的な部分がもっと出てくると新たに感じていたから。ただブンデスリーガも1月末まで中断期間に入っているし、今はとにかくひざのケアに努めてほしい。

――その内田不在となった右サイドバックですが、現時点だと酒井高がファーストチョイスになると見られています。

福西:高徳はシュツットガルトでレギュラーに定着しているし、プレーのレベルはまったく問題ない。ドイツで力をつけてきたからこそ、代表でも彼らしい特徴というのをもっと出していってほしい。

――酒井らしい特徴と言うと、けれん味のないオーバーラップですよね。

福西:うん、高徳自身も“自分は攻撃的な選手だ”というのを自覚してるわけだし、攻撃参加は力のみせどころだよね。もちろん、まだまだ成長できる部分はあるけど。

――成長できる部分とは、具体的にどの部分ですか?

福西:オーバーラップを仕掛けた時のクロスの質だね。そこでもっと正確なクロスを上げられるようになれば、高徳はもう一つ上のレベルの選手になれると思う。

センターバックの吉田麻也の状態は?

――続いてですが、センターバックについてです。

福西:このポジションで中心になるのは吉田と森重だろうね。

――ここで聞きたいのは吉田です。所属するサウサンプトンでは、年末年始も休みなく試合に出ていました。

福西:うん。元日のアーセナル戦でも途中出場していた。

――ただ、ケガ人などチーム事情もあって、サイドバックで起用されていたんです。

福西:もちろんセンターバックで出られるのが一番だけど、まずは“試合に出られている”っていうのが大切。試合に出ることでコンディションや試合勘は維持しているから、そこは問題ないんじゃないかな。

今の時期を乗り越えられれば、香川はもう一段階成長できる。

――攻撃の核として期待が集まる、香川と本田についてもお聞きします。少し心配なのは香川です。昨夏に移籍したドルトムントでは移籍直後こそゴールを決めたものの、チームの不調に引きずられるように本来のパフォーマンスには至っていません。

福西:代表でもドルトムントでもそうなんだけど、ここ最近の香川を見ていると、ちょっとプレーに力みがあるんじゃないかな? と思う。例えばシュートチャンスの場面で、キックがジャストミートしない場面があったりとかね。もしかしたら「このプレーを成功させなきゃいけない」、「オレがやらないと」って思いが強すぎるのかもしれない。

――その分だけ、香川らしい柔らかなボールタッチやアイデアあふれるプレーがなかなか発揮できない。

福西:そう。あと、タイミングのいい動き出しもね。ただ、今の“うまくいかない”時期を乗り越えられれば、香川はもう一段階成長できるはず。それこそ、本田はミランでその経験をしたよね。本田もビッグクラブに入ったことで、自分にかかる責任感やストレスが今までにないほど大きかったはず。移籍当初こそ苦しんだけど、今季はここまでミランで6得点と結果を残してきた。

――プレッシャーに打ち勝ったことで、メンタル面がさらに強くなった、と。

福西:本田のコメントからは、以前よりも余裕が感じられるようになった。それは、ミランで苦しみながら得た自信があるからこそだと思う。

アジアカップ連覇へのキーマンは……。

――そして最後の質問なんですが、福西さんが考えるアジアカップ連覇へのキーマンは誰ですか?

福西:長谷部とヤット(遠藤)かな。

――まず、長谷部を挙げた理由は?

福西:長い期間メンバーが集まって戦う公式戦では「キャプテンの存在」は本当に大きいからね。ちなみに、オレも出場した'04年のアジアカップではツネ(宮本恒靖)という存在がいた。

――宮本さんというと、準々決勝のヨルダン戦でPK戦までもつれこみ、日本が2人失敗したところで審判にゴール変更を進言して、最終的に勝利をものにしたのは象徴的なシーンでした。

福西:そうそう。試合中はもちろん、試合がない期間もチーム全体のムードを感じ取ることが求められるからね。前回のアジアカップはもちろん、2回のW杯に出場して色々な経験を積んだ長谷部のキャプテンシーは、間違いなく貴重だよ。

遠藤が作るリズムの中で、ラッキーボーイが生まれるか。

――続いて遠藤です。昨シーズンはJリーグMVPを獲得。今月28日に35歳となりますが、その存在感はいまだ絶大です。

福西:ピッチ内での“ゲームの運び方”の上手さを見ていると、まだまだ代表に必要な存在だなと感じる。遠藤のタイミングの良いパスによって、受け手となる香川が復調のきっかけを得られるかもしれない。あと香川以外にも、武藤や小林、乾が、遠藤が作るリズムの中で決定的な仕事をして、ラッキーボーイになることだって考えられる。

――前回大会の決勝戦では、途中出場の李忠成が鮮やかなボレーシュートを突き刺したのは記憶に新しいところです。

福西:そうだったね。ベンチを温めていた選手が活躍すれば、チーム全体で乗ってくる。その流れを作っていくためには、試合以外の期間の過ごし方も重要になる。キャプテンを務める長谷部を中心に、うまく大会を戦っていってほしい。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。