スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピッチ上の監督」フランクフルト長谷部誠


フランクフルト優勝 室内サッカートーナメント、長谷部、乾、山田は不在
引用元:ブンデスリーガ公式ウェブサイト 04.01.2015 23:39:41 配信
http://www.bundesliga.com/jp/liga/news/2014/0000310498.php

長谷部誠と乾貴士のアイントラハト・フランクフルトは1月4日、マンハイムで行われたハーダー13カップ(室内サッカートーナメント)に出場し、優勝した。長谷部と乾はアジア杯出場のため、不在だった。

 フランクフルトの他には山田大記のカールスルーエ、SVバルトホフ・マンハイム、ザントハウゼン、カイザースラウテルンが参加した。山田は日本滞在中のため不参加だった。予選はリーグ形式行われ、上位2チームが決勝戦に進出する。フランクフルトは予選でザントハウゼンに1-4で敗れるも残りは全て勝って2位、決勝へ駒を進めた。決勝ではカールスルーエと対戦、前後半戦って4-4と決着がつかず、9mのPK戦を9-8で制して優勝カップを手にした。

 また、大会後ツイッターで5日に行われる予定だった公式初練習は取りやめと発表された。



「ピッチ上の監督」フランクフルト長谷部誠
引用元:EG BLOGOLA 2014.1.5 配信
http://blogola.jp/p/49631

Osports8582417-1.jpg

フランクフルト加入から半年、長谷部はすっかりチームにとって欠かせない存在になった。昨季とボランチが入れ替わったチームにおいて早くから監督の信頼を勝ち取ると、チームでただ一人前半戦全17試合に先発出場を果たすことになった。もちろんただ試合に出ているだけではチームの中心とは言えないが、長谷部は試合中にシャーフ監督から直接指示を受けてチームをコントロールする、言わば「ピッチ上の監督」のような役割さえ担っていた。その存在感は現在13ゴールを決め得点ランク首位に立つ主将マイアーにも劣らない。守備的MFというポジションなため派手さはなかったが、前半戦全体を通して安定したパフォーマンスを発揮したことは評価に値する。

一方でチームは急降下・急上昇を繰り返した。4試合負け無しで5位まで浮上した直後に4連敗を喫し、今度は3連勝したかと思えば3試合白星なしと浮き沈みの激しいものだった。チームはパスを繋いで相手ゴールを目指す攻撃的なサッカーを目指すものの守備の強度が低く、シュツットガルト戦での4-5、ヘルタ・ベルリン戦での4-4といった壮絶な打ち合いに象徴されるように、その戦いは1試合の中でも安定感に欠けるものだった。

ただ中盤の底で攻守のバランスを取り、チームに安定感をもたらさなければならなかったのは長谷部だ。システムによって1ボランチや2ボランチ、あるいはサイドハーフでもプレーすることのあった長谷部だが、求められていた役割は同じ。「色々なポジションはやりますけどとにかくチームを落ち着かせたりとか、試合を組み立てる部分であったりとかそういうところだと思うので、そういうことがチームとしてできていないのは自分の責任だと思う。それを高いパフォーマンスで示していかないといけない」そう長谷部は語っていた。

長谷部が1ボランチを務めるようになると一時的にチームは安定したが、「(中盤が)もっとクオリティの高いチームになれば結構厳しいかな」という長谷部の予想通り、手薄な1ボランチの両脇を突いてくるチームには苦戦することになった。とはいえ、フランクフルトにとって長谷部の1ボランチが最も安定するフォーメーションであることは間違いなく、後半戦は中盤のそこで長谷部がどれだけ踏ん張れるかがポイントになってくるだろう。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。