スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インド洋大津波】長谷部選手が被災地の子供たちと交流 被害の爪跡まざまざと


長谷部誠選手・スマトラ地震の被災地で高校生と懇談ーユニセフ
引用元:グローバルニュースアジア 2014年12月23日 9時10分 配信
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=1311&&country=10&&p=2

10_131114192917913.jpg

2014年12月22日、冬期休暇前のリーグ最終戦を終えた・長谷部誠選手は、フランクフルトから2日間かけて、厚い雲に覆われ、時折小雨がまじる天候が続くインドネシア、スマトラ島の西端 バンダ・アチェに到着した。

 長谷部誠選手が最初に向かったのは、バンダ・アチェ市内各地に設置された共同墓地の一つ、震災犠牲者約4万8000人が眠るランバロ(Lambaro)共同墓地。当時、トラックで次々と運ばれてきたご遺体は、身元を確認する余裕もなく、この地に何層にも重ねられて埋葬されたという。長谷部選手は、埋葬された人々の名を刻んだ墓標も無い墓地に立つモニュメントに、花を献げた。

 この後、長谷部誠選手は、バンダ・アチェ第一高等学校で、震災当時小学生や就学前の年齢だった18人の高校生(男性7人、女性11人)と懇談した。生徒たちの中には、両親や親戚、友人を失った生徒も多く、「自分は今でも地震がくると居ても立ってもいられなくなる。特に子どもにとって、心のケアの支援はとても大切だと思う。」「災害から身を守るには、正しい知識が最も必要だと思う。当時、多くの人が、どうしたら良いのか分からなかった。でも今は、地震が来たら、津波が来たら何をすれば良いのかわかる。ハードも大切だけど、そうしたソフトがとても大切だ。」「私は大変なことを経験したけど、今はこうして高校で勉強することができている。一方で、インドネシアには、まだ学校にも通えない子どもたちがいる。将来は、そうした子どもたちのために何か役に立てる仕事をしたい。」生徒たちは、約1時間の対話の中で、あの未曾有の大災害がもたらした様々な困難をどう克服してきたのか、これからどう生きていきたいのか、長谷部誠選手に熱く語った。

 長谷部誠選手は、「自然災害は防ぐ事はできない。でも、僕たちはそれに備えることはできる。10年前にあの大災害を経験した若者が、こんなに真摯に、そして真剣に、防災や復興、そして地域や国の将来を考えていることを知って、そうした若者に出会う事ができて、本当に嬉しかった。こんな若者がいるインドネシアは、もしまた大きな災害が来ても絶対大丈夫だと、そう確信しました。今日ここで高校生から伺ったお話は、日本に帰って、一人でも多くの人たちに伝えたいと思います」と話した。

 次に、長谷部誠選手は、津波で係留地から2.6km流され、現在、メモリアルパークとして保存されている発電船や、震災後、日本などの支援で各所に建設された津波避難タワー、民家の屋根に打ち上げられた漁船などの震災遺構を訪れ、緊急活動支援にもあたっていたユニセフの現地スタッフから、当時の様子を聞いた。



【インド洋大津波】長谷部選手が被災地の子供たちと交流 被害の爪跡まざまざと
引用元:産経新聞 2014年12月23日 21時44分 配信
http://www.sankei.com/world/news/141223/wor1412230071-n1.html

wor1412230071-p1.jpg

サッカーのドイツ1部リーグで活躍する長谷部誠選手が22、23両日、津波で甚大な被害が出た、インドネシア・アチェ州の州都バンダアチェの高校や小学校を訪れ、子供たちと交流した。

 日本ユニセフ協会が東日本大震災の復興の参考にしようと企画。長谷部選手は津波で打ち上げられたまま保存された船など被害の爪痕も見て回った。



サッカー長谷部スマトラ被災地へ アチェの子らと交流
引用元: 47NEWS 2014/12/23 17:33 配信
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122301001606.html

67e8c_648_53df4662.jpg

【バンダアチェ共同】ドイツのプロサッカーリーグで活躍する長谷部誠選手が23日、スマトラ沖地震による大津波から26日で10年を迎えるのを前に、最大被災地インドネシア・アチェ州の州都バンダアチェなどで幼稚園と小学校を訪れ、子どもたちと交流した。

 長谷部選手は日本ユニセフ協会を通じて東日本大震災の津波で流失した宮城県南三陸町の「あさひ幼稚園」の再建を支援した縁で、アチェ州でのユニセフ支援先への訪問が実現した。

 幼稚園では、自らの被災地支援活動を園児らに説明。「いっしょにがんばろうね」などのメッセージが書かれたあさひ幼稚園の園児の寄せ書きを渡した。



長谷部がスマトラ地震の地元高校を訪問「心のケア大切」
引用元:デイリースポーツ 12月23日(火)16時40分配信
http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/12/23/0007606419.shtml

07606420.jpg

サッカー日本代表のMF長谷部誠(E・フランクフルト)が22日、インドネシアのバンダ・アチェで、04年に発生したスマトラ沖大地震の犠牲者が眠るランバロ共同墓地や震災を経験した子どもが通う地元高校を訪問した。

 共同墓地で花を捧げ、バンダ・アチェ第一高等学校では高校生から地震が発生した当時や、そこから復興するのに必要なことについて対談した。「子どもに心のケアは大切」、「津波が来たら何をしたら良いのかはわかる。そうしたソフトが大切だ」などの意見を聞いた。

 東日本大震災の復興活動にも協力している長谷部は「10年前にあの大災害を経験した若者が、こんなに真摯(しんし)に、そして真剣に、防災や復興、そして地域や国の将来を考えていることを知って、そうした若者に出あうことができて、本当にうれしかった」とコメントした。日本の被災地とも共通する点があるとして、「今日ここで高校生から伺ったお話は、日本に帰って、1人でも多くの人たちに伝えたいと思います」と今後につなげることも誓った。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。