スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州4大リーグ、第13節終了時のパフォーマンス番付で本田が日本勢トップを保持


欧州4大リーグ、第13節終了時のパフォーマンス番付で本田が日本勢トップを保持
引用元:フットボールチャンネル 2014年12月2日 15時30分 配信
http://www.footballchannel.jp/2014/12/02/post58933/

スポーツデータ会社の『オプタ』が欧州4大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)の第13節終了時に出したパフォーマンスの統計で、ACミランの日本代表MF本田圭佑が総合39位に入り、前節から2つ順位を落としたものの日本人最高位を保持した。

 セリエAに絞ったランキングでは本田は7位で、現在6位に立つACミランの中ではフランス代表FWジェレミー・メネズに次いで2位。さらに同リーグのMFに絞るとフィオレンティナのコロンビア代表MFフアン・クアドラード、ウディネーゼのブラジル人MFアランに次いで3位となっている。なお、首位ユベントスのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスが同リーグで1位に立っている。

 一方、日本人13選手が所属するブンデスリーガでは、9位に浮上したフランクフルトの日本代表MF長谷部誠が28位(欧州総合87位/日本人2位)に入り、MFに絞ると16位にランクイン。同リーグ1位は首位バイエルン・ミュンヘンのオランダ代表FWアリエン・ロッベンが立っている。

 現在、欧州総合トップ2にはリーガエスパニョーラの2選手、首位レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと2位バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが所属チームの順位と比例してランクイン。なお、同2選手と共にバロンドール最終候補3人に名を連ねたバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは本田の一つ下の順位40位となっている。

 日本勢3位には現在ブンデスリーガ8位のハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣が入り、同リーグ75位、欧州総合261位だった。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。