スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロップ、乾や長谷部も警戒


クロップ、乾や長谷部も警戒
引用元:Goal.com 2014年11月29日 12時23分 配信
http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2014/11/29/6605851/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E4%B9%BE%E3%82%84%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E3%82%82%E8%AD%A6%E6%88%92?ICID=MP_RA_3

ボルシア・ドルトムントは、30日に行われるブンデスリーガ第13節でフランクフルトと敵地で対戦する。28日の会見でユルゲン・クロップ監督は、自信をつけた相手との試合で「チャンスをつかみ取る」と意気込みを示した。

26日のアーセナル戦で0-2と敗れ、今季チャンピオンズリーグ初黒星を喫したドルトムント。次のリーグ戦の相手は、前節ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)戦で勝利を手にし、悪い流れから一歩踏み出したフランクフルトだ。

クロップ監督はパダーボルン戦を除けば、「ブンデスリーガでは最近、プレーは割と安定していた」と語り、フランクフルト戦に向けて「それにつなげていかなければいけない」と、チームに要求している。相手については次のように話した。

「2週間前のフランクフルトはそれほど評価されていなかったが、ボルシアMGと対戦したチームは実に良いチームだった。経験豊富な選手がいるし、今まで負傷に悩まされてきた(MFマーク・)ステンデラをうまく起用した。彼は素晴らしいプレーヤーだ」

乾貴士や長谷部誠の名前も挙げている。

「両ウィングの乾と(ステファン・)アイグナー、ボランチの長谷部、前線の(アレクサンダー・)マイヤー、(ハリス・)セフェロビッチらは、油断できない相手だよ。彼らの守備を見ても、ブンデスリーガにふさわしいクオリティーだ」

調子を取り戻した相手だが、それを気にせずに試合に臨む。

「彼らは自信をつけた。だからと言って、彼らが自動的に勝つわけじゃない。新しいゲームだ。我々はこの仕事の難しさを意識しつつ、自分たちのチャンスをつかみ取るつもりだよ」

MFヤクブ・ブワシュチコフスキが登録メンバー入りするかもしれない。長期離脱から復帰したポーランド代表MFは26日、U-23チームのテストマッチに参加している。

「クバは75分プレーした。自分は立ち会えなかったが、しっかりとプレーできたようだ。翌日はすごく疲れていたけど、それは普通のことだよ。フィットネスを完全に取り戻すためには、当然もう少し時間が必要だろうね」

同監督は「マッツ(・フンメルス)はおとといあたりから痛みがない」と、主将の復帰もほのめかした。その一方で、「マニー(スヴェン・ベンダー)はアーセナル戦後、内転筋の問題を訴えていた」とのことで、欠場する可能性がありそうだ。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。