スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田、長谷部、遠藤らが復帰=サッカー日本代表


長谷部復帰でキャプテンはどうなる?
引用元:ゲキサカ 11月5日(水)18時49分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?150957-150957-fl

news_150957_1.jpg

アギーレジャパンの始動となった9月の代表合宿を左膝の違和感のため途中離脱したMF長谷部誠(フランクフルト)が、2か月ぶりに代表復帰を果たした。

「フランクフルトの試合は毎週チェックしているが、高いレベルを維持できていると思う。肉体的な問題はすでに解決できているということで今回招集した」。ハビエル・アギーレ監督は、長谷部の動向を詳細に追跡していたことを明かし、期待感の高さをにじませた。

 ザックジャパン時代、指揮官やチームメイトから「最高のキャプテン」と称された長谷部だけに、ピッチ内でのパフォーマンスと同様に求められるのが、チームのまとめ役としての働きだ。

 アギーレジャパンではベネズエラとの初戦を前にチームを離脱したこともあり、初戦からジャマイカ戦までの3試合ではFW本田圭佑(ミラン)がキャプテンマークを巻き、本田がベンチスタートとなったブラジル戦ではGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)がゲームキャプテンを任された。

 この間、指揮官は「本田、川島、吉田麻也の3人がこのチームのキャプテンだ」と指名したが、そのとき長谷部は不在。川島は「マコのあとはだれがなっても大変」と言い、本田も「マコがいればマコが巻いたと思う。長谷部さんのように毎回振る舞うのは僕には無理だと思う」と話していた。

 この日のメンバー発表会見で「キャプテンはだれなのか?」と聞かれると、「全員がそろったところで決めたい」とコメントした指揮官。長谷部が復帰したこのタイミングでの決断が注目される。



乾&長谷部が日本代表へ復帰。ガンバの遠藤&今野&東口も選出
引用元:theWORLD(ザ・ワールド) 11月5日(水)16時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00010001-theworld-socc

11月14日のホンジュラス戦(豊田スタジアム/愛知県)、18日のオーストラリア戦(長居スタジアム/大阪府)に臨む日本代表23名が発表された。新たに呼ばれたのは、ガンバ大阪の遠藤保仁、今野泰幸、東口順昭。サガン鳥栖の豊田陽平。アルビレックス新潟の松原健。負傷から復帰してシャルケで活躍する内田篤人、フランクフルトで好調を維持する乾貴士、長谷部誠。同じく負傷のため10月の2試合を辞退していた吉田麻也、昌子源など。ハビエル・アギーレ監督が選出したのは、以下の選手たち。

GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)、東口順昭(ガンバ大阪)、西川周作(浦和レッズ)

DF森重真人(FC東京)、太田宏介(FC東京)、内田篤人(シャルケ/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、塩谷司(サンフレッチェ広島)、酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)、昌子源(鹿島アントラーズ)、松原健(アルビレックス新潟)

MF遠藤保仁(ガンバ大阪)、今野泰幸(ガンバ大阪)、長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、香川真司(ドルトムント/ドイツ)、田口泰士(名古屋グランパス)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)

FW豊田陽平(サガン鳥栖)、岡崎慎司(マインツ/ドイツ)、本田圭佑(ミラン/イタリア)、小林悠(川崎フロンターレ)、乾貴士(フランクフルト/ドイツ)、武藤嘉紀(FC東京)

【ハビエル・アギーレ監督コメント】
(来年1月の)アジアカップに向けて、選手を見極める最後の機会になる。初めて直接見ることができる選手を呼べたのがうれしい。ホンジュラス、オーストラリアは日本代表にとって良いプレイを要求される相手だ。ホンジュラスはベストを尽くしてわれわれを倒しにくる。オーストラリアはアジアカップで対戦したら勝たなければならない相手だ。いずれにせよ、アジアカップに挑む最終リストを作るうえで、重要な2試合になる。そしてもちろん、ホームでの試合なのでどちらにも勝ちたい。



内田、長谷部、遠藤らが復帰=サッカー日本代表
引用元:スポーツナビ 11月5日(水)16時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00000101-spnavi-spo

サッカー日本代表のメンバー発表会見が5日、都内JFAハウスで行われ、本田圭佑、香川真司、内田篤人、長谷部誠ら23名が選ばれた。

 海外組は9名で、本田や香川らに加え、ワールドカップ(W杯)・ブラジル大会後に代表からの引退を示唆していた内田や、9月の試合で負傷により離脱した長谷部が復帰。一方の国内組は14名で遠藤保仁、今野泰幸らW杯に出場したメンバーが選出された。

 日本は14日にホンジュラスと、18日にオーストラリアと国際親善試合を行う。年内はこの2試合をもって終了。来年1月からはオーストラリアで開催されるAFCアジアカップに臨む。

 以下は日本代表のメンバー23名。

GK:
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)

DF:
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
内田篤人(シャルケ04/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
塩谷司(サンフレッチェ広島)
酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
松原健(アルビレックス新潟)

MF:
遠藤保仁(ガンバ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
田口泰士(名古屋グランパス)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)

FW:
豊田陽平(サガン鳥栖)
岡崎慎司(マインツ05/ドイツ)
本田圭佑(ACミラン/イタリア)
小林悠(川崎フロンターレ)
乾貴士(フランクフルト/ドイツ)
武藤嘉紀(FC東京)

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。