スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合途中の布陣変更に言及する長谷部誠「修正できたのは良かった」


試合途中の布陣変更に言及する長谷部誠「修正できたのは良かった」
引用元:SOCCER KING 11月19日(水)0時56分配信
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141119/251574.html

hasebe6-500x498.jpg

キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司のゴールでリードを奪った日本代表は、終了間際に1点を失ったが、2-1で勝利を収めた。

 試合を振り返ったフランクフルトの長谷部誠は「オーストラリアは僕たちを研究していたので、難しいゲームでした」とコメント。その一方で「ピッチの中でも話をして、ベンチの方からの指示でシステムを変えて、そこから自分たちも上手くハメられるようになったかなって思います」と述べ、布陣変更で流れが変わったことを明かした。

 また、試合途中から2ボランチになったことについては「4-1-4-1、4-3-3は、まだまだ試行錯誤している感じです。相手が研究してきて、ああいう風に修正できたのは良かったと思います」と語っていた。



システム変更が奏功、アジア杯へ長谷部「一つのヒントになる」
引用元:ゲキサカ 11月19日(水)0時50分配信
web.gekisaka.jp/news/detail/?151872-151872-fl

news_151872_1.jpg

[11.18 キリンチャレンジ杯 日本2-1オーストラリア ヤンマー]

 アギーレジャパンでは初となる4-2-3-1へのシステム変更が奏功した。これまでどおり4-3-3でスタートした日本だが、対するオーストラリアも同じ4-3-3。高い位置からプレッシャーをかけてくる相手に苦しみ、逆に日本のプレスはハマらなかった。

 アンカーで先発したMF長谷部誠(フランクフルト)は「向こうは(日本の)前の試合をかなり研究してきた。自分がDFラインに下がったところにマンツーマンで来て、つなげなかった」と振り返る。ビルドアップに苦しみ、自然とロングボールも増えたが、「ロングボールになると向こうは強いし、向こうが有利になる」と、相手の術中にハマっていた。

 しかし、前半35分過ぎ、4-3-3から4-2-3-1にシステムを変更して、この局面を打開。「システムを変えてからはあまり相手に自由にやらせなかったし、自分たちのやることもハッキリした」と、後半の2得点につなげた。

「アジアでやる場合、日本を研究してくるチームも多い。そういうときにどうするか。今日の試合は一つのヒントになる」と長谷部は言う。来年1月に迫ったアジア杯、さらにはその後のW杯アジア予選も見据え、自分たちの狙いが試合の中で出せなかったときにどう対応するか。「いろんなバリエーションを持ってやることが大事」と力説した。

 4-3-3が基本布陣のアギーレジャパンだが、初陣となった9月5日のウルグアイ戦(0-2)では後半20分過ぎからFW岡崎慎司とFW本田圭佑が2トップを組む4-4-2で戦った。この日の4-2-3-1を含め、実戦でトライしたシステムは3種類。ハビエル・アギーレ監督は「サッカーは戦略のゲーム」と語ったが、試合展開に応じて複数のフォーメーションを使い分けるのがアギーレ流ということか。長谷部は「新しいシステム(4-3-3)も始めたばかりで、自分たちも手探りというか、完成形ではない。2トップも練習でやっているし、いろんなバリエーションがある」と話していた。



長谷部誠「ベンチからも指示でシステムを変えてうまくハマるようになった」/日本代表
引用元:ISM 11月19日(水)0時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000010-ism-socc

日本代表は18日、キリンチャレンジカップ2014(大阪・ヤンマースタジアム長居)でオーストラリアと対戦し、2対1で勝利した。以下、試合後のMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)のコメント。

●長谷部誠コメント

「立ち上がりからオーストラリアも自分たちを研究してきて、僕がひとつ下がった時にはそこにもしっかり来ていたし、なかなか組み立てさせないようにやってきた。球際もしっかりきていたし、なかなか難しいゲームだったけど、ピッチのなかでしゃべって、ベンチからも指示でシステムを変えて、そこから自分たちもうまくハマるようになった」

Q:ダブルボランチにして落ち着いた?
「その辺は臨機応変に、まだ4‐3‐3も試行錯誤の段階で、相手が研究してきたら、ああいう風に修正してできたのはよかったと思う」

Q:どのくらいの時間帯から遠藤選手と話をした?
「15分、20分過ぎから、相手によくハメられていたし、セカンドボールもよく拾われていたし、こちらがロングボールが多くなると相手の強みにハマってしまうので、そういう部分では自分たちも前からハメたかったけど、オカちゃん(岡崎)が3人を見る形になってしまって苦しかったので、そこは修正してできた」

Qボランチ2枚でのプレーは練習でも?
「練習でも2ボランチのやり方をやっていたし、そのシステムの戦術練習もしていたので、その辺はすっとやれたと思う。もちろん、今までやっていたので慣れているという部分もあったと思う」

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。