スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誠実さ」と「熱さ」と「ゴンらしさ」と。インタビュアー・中山雅史に見たサッカー解説者の未来


「誠実さ」と「熱さ」と「ゴンらしさ」と。インタビュアー・中山雅史に見たサッカー解説者の未来
引用元:フットボールチャンネル 11月17日(月)11時21分配信
http://www.footballchannel.jp/2014/11/17/post56538/

日本代表が手にした“もう1つの収穫”

 14日、豊田スタジアムでホンジュラスとのテストマッチに挑んだ日本代表。就任以降新戦力のテストに重きを置いていたハビエル・アギーレ監督であったが、11月の代表戦では長谷部誠や遠藤保仁、今野泰幸といった2014年W杯を戦ったメンバーを招集し話題となった。

 アジア杯前最後に行われる強化試合ということもあり、その選手起用にも注目が集まっていた。

 そして、先発で起用された長谷部と遠藤がチームに安定感をもたらし、酒井高徳も存在感を発揮。豊田陽平や乾貴士も途中出場でゴールを挙げた。6-0というスコアはそれぞれがアピールした結果であり、アギーレ監督にとっても決して収穫は少なくなかったはずだ。

 そんなこのホンジュラス戦では、もう一つの新たな発見があった。それは、インタビュアーとしての中山雅史氏の技量である。

 この日、中継を担当したテレビ朝日は松木安太郎氏と中山氏のダブル解説で試合に臨む。松木氏と中山氏のハイテンションコンビは試合中も上機嫌であり、息のあった解説を見せた。チームのパフォーマンスが影響した部分もあっただろう。

 しかし、この日最大の見せ場は試合終了後にあった。

 試合終了のホイッスルを聞いた中山氏はすぐにピッチレベルへと降り、インタビューゾーンに向かう。そして約7分半にもおよぶインタビューに挑むのだが…これがなかなか立派であったのだ。
選手たちの心を開いた特有のパーソナリティ

 第一線時代、『炎のストライカー』としてゴールを量産した中山氏。そのサービス精神旺盛な姿勢と達者な話術は当時から健在であり、授賞式やテレビ番組ではいつも“ネタ”を用意して視聴者を笑わせていた。サッカー界きってのムードメイカーであった。

 そんな中山氏がこの日見せたインタビューは、きわめて誠実なものであった。おそらく、インタビューした選手たちはいずれも顔なじみなのだろう。しかし、冒頭で必ず「お疲れ様でした」と挨拶をし、インタビューする選手の両目をしっかりと見つめながら、ジェスチャーを交えつつ質問を投げかける。

 中山氏のそういった姿勢に、選手たちの表情は常に朗らかだった。もちろん、6-0という結果がそうさせた部分はある。しかし、その質問の言葉には力が込められており、選手たちに「答えなければいけない」と感じさせる何かがあったはずだ。

 乾貴士は爆笑し、あの本田圭佑にいたっては見たこともないほど穏やかな顔を見せた。本田相手に「あえて」という言葉を意図的に使ったあたりにも、中山氏の余裕とユーモアを感じる。

 中山氏はこの日、特別な質問をしたわけではない。それは質問内容を文字起こしすれば分かる。

 しかし、真面目でありつつも時折「中山らしさ」を交えたその世界観は中山氏特有のものであり、そういった中山氏のパーソナリティが選手たちの心を開かせていた印象がある。

 選手自身も中山氏をリスペクトする気持ちがあるのだろう。選手が返答する様子を見ていて、目には見えぬ忠誠心を感じずにはいられなかった。

なぜフラッシュインタビューは難しいのか

 テレビのフラッシュインタビューが難しい点は3つある。1対1であること、質問時間がきわめて短いこと、質問の様子がそのまま全国中継されてしまうことだ。

 ミックスゾーンでの取材と異なり、テレビの試合後のインタビューは1対1で行われる。仮に質問が浮かばなかったり質問内容を間違えたりしても誰も助けてくれない。

 また、1選手に割くことのできる時間は限られており、質問内容を凝縮させ間髪入れずに質問し続ける必要がある。そして、自らの質問内容や口調がそのままお茶の間へ届けられるという点で、絶対に失敗できない場である。

 記者にとって試合後のインタビューは、記者としての質がそのまま評価されてしまう恐ろしい場でもあるのだ。

 それほどまでに、フラッシュインタビューは難しい。私自身経験はないが、ペン記者をしていて思う。何かを聞き出したいインタビュアーと早くロッカールームへと引き上げたい選手との間には温度差があることも、そのハードルを高くしている。これまで多くの“悲劇”が起きてきたのには、こうした理由が考えられる。

 しかし、中山氏はこれらの懸念を全て払拭して見せた。試合中は解説業をこなしつつ、直後のあの限られた時間で質問内容をギュッと凝縮させ、選手たちから話を引き出すことに成功した。では、それらを可能にしたものは一体何なのだろう。

 それは、本当の意味でのコミュニケーション能力に他ならない。小手先の話術や相槌、ボキャブラリーではない。

 人柄、臨機応変さ、ユーモア、相手へのリスペクト、愛嬌、選手との信頼関係、テンポ。それらは人間性ともパーソナリティとも言い換えられる。これらを身につけるのは大変だ。持って生まれたもの、そして日々生活する中で育まれたものが大きいだろう。

 テレビ解説やテレビインタビューは、当然文字の世界とは違う。視覚や聴覚により訴えることができるという点で、そういったノンバーバルな要素がきわめて大きな重要度を持つ。

 時にそれらはロジック以上の意味を持ってくる。松木氏の解説を聞いていると、主に聴覚に作用するサッカー解説において、「楽しそうに話す」ということがどれだけ大切であるかを思い知る。

 もちろん、松木氏の解説や文字の世界を批判しているのではない。求められるもののグラデーションが違うということである。

 また、今回の試合後インタビューで個人的に注目をひいたのは、テレビ朝日が映像をインタビューに取り入れていたことだ。映像を使ったのは乾のみであったが、直後に自らのゴールシーンを振り返るというのは新鮮であった。

 おそらく、同局『やべっちFC』の人気コーナー『解説するっち』から影響を受けた形であろう。今後も探っていくべき手段であるし、他局もどんどん取り入れてほしい。

 今、W杯を経験したかつて選手たちが解説者へと転向し、活躍の機会をどんどん増やしている。中には宮本恒靖氏や戸田和幸氏のように知性や教養を感じさせるタイプも台頭しており、今後も“喋れる元選手”が活躍していくことが予想される。

 インターネットやソーシャルメディアを手に入れたことで、視聴者の知識量や趣向は以前とは異質なものへと変容している。知識や経験だけで解説が務まる時代は終わったのだ。そういう意味で言えば、中山氏の今後に期待するものは大きい。

 テレビ朝日は今、松木安太郎という名解説に加え、中山雅史という名インタビュアーを手にした。これを「鬼に金棒」と呼ばずに何と呼ぼうか。今大会も、テレビ朝日のサッカー中継から新たな名言が生まれそうな気配がある。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。