スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独紙、完敗のバイエルン戦で長谷部は「不思議なほどミスが目立った」


独紙、完敗のバイエルン戦で長谷部は「不思議なほどミスが目立った」
引用元:SOCCER KING 11月10日(月)23時41分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141110/249155.html

458623878-500x333.jpg

日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトは、8日に行われたブンデスリーガ第11節でバイエルンと対戦し0-4の完敗を喫した。

 フランクフルトは首位のバイエルンをホームに迎えて対戦し、イツ代表FWトーマス・ミュラーにハットトリックを喫して、試合を決められると、終了間際の86分にスイス代表MFジェルダン・シャキリにもゴールを奪われ0-4で敗戦した。先発した長谷部は89分に交代。乾には出番がなかった。

 フランクフルトの地元紙『Frankfurter Rundschau』が同試合の採点と寸評を発表。長谷部には「Schwächelnd(低調)」の評価を付け、「意志を持ち、あらゆる手を尽くし、体を張った。しかし、不思議なほどミスが目立った。このポジションでは、そうした多くのミスは好ましいことではない。とはいえ、再び日本代表入りを果たしている。」と記している。

 長谷部は日本代表に合流しており、14日にホンジュラス代表と豊田スタジアムで、18日にオーストラリア代表とヤンマースタジアム長居でそれぞれ対戦する。

関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。