スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部、中盤制圧!絶妙クロス/アジア杯

長谷部、中盤制圧!絶妙クロス/アジア杯
2011.1.10 05:01

scc1101100503004-n1.jpg

 サッカー・アジア杯第3日(9日、日本1?1ヨルダン、カタール・ドーハ)MF長谷部はボランチでフル出場。中盤を制圧し、後半ロスタイムには質の高い左クロスでDF吉田の同点ヘッドを導き出した。「こういう厳しい戦いになるとは思っていました。ボールは持ててはいたが、そこからどういう展開で崩すか。もっと意思統一していかないと厳しいと思った」と、次戦以降の課題を見据えた。



長谷部誠「いつか入ると思っていたが」=サッカー日本代表
スポーツナビ 1月10日(月)4時13分配信

 サッカー日本代表は9日、カタールで行われているアジアカップの初戦となるヨルダン戦に臨み、終了間際の吉田麻也のゴールで1?1と引き分けた。
 以下は、試合後の長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)のコメント。

「試合の入り方は悪くなかった。ウチが(ボールを)支配していてシュートで終わった場面もあった。あれだけジャブを打っていればいつか入ると思っていたが、ボールが入ってから考える時間が長かったと思う。ダイレクトにつながるとリズムが出てチャンスになる。そういうのを後半やりたかったけどできなかった。みんな体が重くなった。練習でもよく走っていたし、そんな感じはなかったけど。
 先制点を取られたのはゲームプラン的に最悪だった。追いつけたけど。決定機を作ってもあと一歩。そこで決まってくれれば良かった。(ミドルシュートをもっと打った方がいいのでは?)それもあるけど、パスがつながるんで、丁寧にやろうとした。先制されて苦しくなったけど、崩せる自信はあった。(ボレーで合わせたシーンは)個人的にはあと半歩くらい速いタイミングで反応していたら入ったと思う。低い位置から出ていくっていうのはいいけど、今日みたいに僕が最初から前に行ってしまうと(展開が)詰まっちゃうかなというのをやっていて思いました」



長谷部「もっと意思統一」/アジア杯

P20110109hasebegaku-ns.jpg

<アジア杯:日本1?1ヨルダン>◇9日◇1次リーグ◇B組◇カタール

 主将のMF長谷部誠(26)が起死回生の同点アシストを決めた。1点を追う後半ロスタイムに、MF香川からのショートコーナーを受けてクロス。DF吉田にピンポイントで合わせて引き分けに持ち込んだ。逃げ切りをはかる相手は自陣に人数をかけ守備に徹していた。長谷部は「ボールは持てていたけど引いた相手をどう崩すか、もっと意思統一しないと」と険しい表情で話した。

 [2011年1月10日1時26分]



長谷部:「ボールを持って、考えてしまった」
Goal.com
2011年01月10日03時15分

ヨルダンと引き分けたアジアカップ初戦で、日本代表のキャプテンはワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に引き続きMF長谷部誠が務めた。1?1という悔しい第一歩となったが、キャプテンは気丈に前を向いた。中盤の底で汗をかき、前線にも頻繁に顔を出した。ゴールへの意識も高く、25分には相手がクリアしたCKをゴール正面で豪快にダイレクトボレー。強烈な一撃は、しっかりとゴールの枠をとらえた。63分には、岡崎慎司が左から上げたボールに飛び込む。ジャンプしながら右足でとらえたボールは、惜しくもゴールわずか右にそれた。キャプテンマークを巻いた長谷部は「試合の入り方は悪くなかった」と話した。ただし、確かにボール保持率で大きく上回ったものの、「ボールを持って、考えてしまう時間があった。僕個人もそうだった」と、効果的な攻めができなかったことを認めた。あまり時間を置かずに、第2戦がやってくる。前向きな背番号17は「内容は悪いわけではないので、こういうのを続けていくしかない」と、13日のシリア戦に気持ちを切り替えた。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。