スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳長谷部 まだまだ元気!若手との競争を歓迎


30歳長谷部 まだまだ元気!若手との競争を歓迎
引用元:スポニチアネックス 11月11日(火)7時1分配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/11/11/kiji/K20141111009262820.html

G20141111009263630_thum.jpg


◇日本代表合宿初日(2014年11月10日)

 フランクフルトの日本代表MF長谷部が若手との競争を歓迎した。

 9月に招集されながら左膝痛のため試合前に離脱。10月はメンバーから外れており「国際Aマッチデーにクラブに残るのは欧州に行って初めてだった。寂しい気持ちもあった。代表という場所は刺激のあるところ」と再確認した。起用が予想されるインサイドハーフ、ボランチには柴崎や田口らも選出。ザックジャパンで主将を務めた30歳は「まだまだ若い選手には負けられない。いい競争をしたい」と前向きだった。



長谷部、代表復帰に改めて価値を痛感「すごく刺激がある」。アジア杯に向けては「若手には負けてられない」
引用元:フットボールチャンネル 11月11日(火)6時0分配信
http://www.footballchannel.jp/2014/11/11/post55311/

20140613_hasebe2_getty-560x372.jpg

日本代表は10日、豊田市内でホンジュラス戦(14日)に向けた合宿を開始した。

 MF長谷部誠(フランクフルト)は、アギーレ体制初陣の9月にも招集されたものの、負傷によって離脱。10月には選外となったため「ほぼ初めてのようなものなので新鮮」と気持ちを新たにした。

 ザッケローニ体制ではポゼッションを重視したスタイルだったが、アギーレ監督は守備での強さを含めて戦う気持ちを求めている。そのような新チームのコンセプトについては「代表という場は常に勝たなければいけないところ。厳しさは選手自身でも作っていかないといけない部分」と共感した。

 10月には、岡田武史監督の下で代表に定着して以降初とも言える負傷以外での選外となったことには「クラブに残る選手は10人くらいになってしまうんで、寂しい気持ちにはなった」と心境を吐露。

 そのため「代表はすごく刺激がある。そして1回でも選外になると、改めて感じるものはあった」と代表チームの価値を痛感した様子だった。

 そして、来年1月のアジア杯に向けて「まだまだ若い選手には負けてられないなってのもあるし、そこはいい競争をしたい」と意欲を見せた。

 一方で、『若い選手に譲るつもり』と語っていたキャプテンマークについては「監督が決めることだけど、気持ちは変わらない」と述べた。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。