スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッケローニ監督「フィジカルコンディションの向上が重要」/日本代表

ザッケローニ監督「フィジカルコンディションの向上が重要」/日本代表
ISM 1月12日(水)19時35分配信

scc1101122021009-n1.jpg

 現地時間13日(以下現地時間)にAFCアジアカップ2011カタール・グループB第2節のシリア戦を迎える日本代表。以下は、試合前日のアルベルト・ザッケローニ監督と主将のMF長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)のコメント。

●アルベルト・ザッケローニ監督コメント

「また厳しい戦いが待っている。シリアはサウジアラビアに勝利したことで、サウジ戦で見せたような組織力の高さ、モチベーションの高さを見せてくる。グループで唯一勝ち点3を取っていることで、メンタルの状態もいいと思う。非常に難しいゲームになると思っている。我々はヨルダン戦から修正しなければいけないところがいくつかある。守備の整備であったり、フィジカルコンディションをきっちりと整えたいと思っている」

Q:一通り初戦が終わってアジアの試合を全部見たと思うが、改めてアジアのレベルの印象と、そのなかの日本のポジションは?
「日本のアジアでのポジションは重要な位置を占めていると思っている。アジアは地理的にとても面積が大きく、多くの異なったチームがある。中東だったり、東アジアだったり、いろんなタイプのサッカーをしてくる。我々のグループには中東の3カ国がいるが、彼らは非常にタフで、諦めない気持ちで戦ってくるという印象を持っている。この大会、オーストラリア対インド戦以外は全て見ているが、どのチームも拮抗している。一つのエピソードが試合を左右していると思っている。ヨルダン戦に関しては、17本のシュートを打ちながら引き分けたということで、やはりチャンスはきっちり決めていかないといけないと思っている。この大会ではいい戦いをして成長するという目標は持ち続けている」

Q:ヨルダン戦では引いてきた相手に苦戦し、シュートを多く打っても、セットプレーからの1点だけだった。このような状況は過去の色々な監督も経験しているが、シリア戦では戦術的な打開策を見せてくれるのか?
「個人的には解決できない問題はないと思っている。この前のようなスペースを与えないチームに対してはプレースピードを上げていくことが大切になってくる。プレースピードを上げるには、フィジカルコンディションの向上が重要だ。ヨルダン戦に出た多くの選手は約1カ月も試合から遠ざかっていて、その間にフレンドリーマッチもやらない状況での試合だったので、そのあたりが解決すればよくなると思っている」

Q:シリア戦に負けたらアジアカップ敗退が濃厚で精神的に追い込まれている状況だが、ザッケローニ監督はこれまでに同じような状況を多く経験してきたと思う。選手にどういうリアクションを期待し、どういった声をかけるのか?
「アジアカップは短い期間の大会で、私の経験から言うとチャンピオンズリーグに似ている。こういう大会は全ての試合が大切になってくる。ゲームへのアプローチはあくまで冷静に、感情的にならないこと。なので、ヨルダン戦の結果、パフォーマンスも冷静に分析して、冷静に伝えるだけだと思っている」

Q:大会前にフレンドリーマッチを1回もしなかったことについては? フィジカルコンディションはカタールと日本の気候の差に影響を受けているか?
「フレンドリーマッチは日程を考えて組まなかった。フィジカルコンディションは気候に影響されていない。試合から遠ざかっている選手もいれば、直前までやっていて疲れている選手もいることが影響している」

Q:組織のバランスが必要だと言っていたが、選手やポジションを入れ替える可能性はあるか?
「変更する気持ちは持っていない。試合前に選手にバランスと勇気を持って戦ってくれと言ったが、選手はピッチで表現してくれた。足りなかったのはプレースピードだと思っている。プレースピードは持っているものなので、それを出してくれればいいと思っている。なので変更する考えは持っていない」

Q:アジアのレベルは均衡していると思うが、次のW杯、その次のW杯でアジアが優勝するような好成績を残す可能性はあると思うか?
「日本に着いたときからアジアは成長していると繰り返し言ってきている。アジアのサッカーは向上心を持っているので、アジアが結果を出したところで驚きはない」

Q:香川がトップ下を希望していて、実際に彼がトップ下に入った方が機能していたが、本田圭とのポジションを入れ替える可能性はあるのか?
「変更しないとは言ったが、大きく変更はしないという意味で捉えてほしい」

Q:ヨルダン戦で本田圭がベンチに寄らずそのままロッカールームに引き上げていたが、チームの規律を大事にする監督としてはどのように考えているのか?
「気付きもしなかった。試合に集中していたので。何が問題なのか分からない。我々が抱えている問題で解決しなければいけないのは、フィジカルコンディション。他のチームがフレンドリーマッチをしているなかで、うちだけやっていないし、そこの問題を解決することが重要だ。アジアカップで日本代表の歴史が終わるわけではないし、若い選手を連れてきたこともあるので、色々な決断があると思う」


●長谷部誠コメント

「シリアは勢いに乗ってくると思うので、まずはしっかりとした気持ちを持って、球際の戦いの部分でもっと気持ちをこめて、頭のなかは冷静に。ヨルダン戦で崩し切れなかったところをうまくやれるように練習してきたので、それを出したい。自分たちがやろうとしているサッカーをやれば勝てると思う」

最終更新:1月12日(水)19時35分



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。