スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最下位に沈むヴォルフス指揮官に辞任の意思なし

長谷部の苦悩は続く? 最下位ボルフスブルクのマガト監督に辞意なし
引用元:ゲキサカ 10月22日(月)14時4分

hl_20121023115938.jpg

 ボルフスブルクは20日に行われたブンデスリーガ第8節のフライブルク戦で0-2と敗れ、最下位に低迷している。開幕戦ではシュツットガルトに勝利したが、その後は勝ち星がなく、勝ち点5のチームは現在4連敗中だ。

 チームを率いているフェリックス・マガト監督は、ファンの不満は理解しているが、自身の立場には不安がないとFIFA.comの公式HPで語っている。

「このような状況では、批判を受け入れなければいけない。もちろんファンの不満は理解できるし、それは正しい反応だ。このような状況では誰も幸せになれないだろう。それらを受け入れて、同じことを繰り返さないように、より良いプレーをしなければいけない。今できることは、次の試合に向かい、最下位を抜けることだ」

 ホームでの敗戦を終え、早くも今季5敗目を喫したが、マガトは自身が解任されることはないと確信しているようだ。「チームのディレクターが、私を支え続けてくれていることを感じている。このような結果、このような日を終えた後でも、そこに疑いはないよ」と語った。

 マガト監督によって、リーグ戦で8試合連続ベンチ外となっているMF長谷部誠の苦悩も続くことになりそうだ。



最下位に沈むヴォルフス指揮官に辞任の意思なし「会長からの信頼を感じる」
引用元:SOCCER KING 10月22日(月)12時40分

 日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは、開幕戦以来勝利がなく、現在4連敗中で最下位に沈んでいる。

 ヴォルフスブルクは20日に行われたブンデスリーガ第8節でフライブルクとホームで対戦したが、0-2で完敗。スタンドのサポーターからは、フェリックス・マガト監督の解任コールが鳴り止まなかった。ドイツ紙『キッカー』は、試合後のマガト監督のコメントを伝えている。

 マガト監督は、「会長や役員会からの信頼を感じている。確かにいい試合ではなかった。サポーターの心情は理解できる。全力を尽くす」とコメントし、サポーターへの配慮は見せたものの、辞任する意思はないようだ。
関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。