スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー長谷部誠 スポーツ報知の「ヴォルフス放出」報道は誤報も迫る正念場

サッカー長谷部誠 スポーツ報知の「ヴォルフス放出」報道は誤報も迫る正念場
引用元:日刊サイゾー 2012年01月25日16時10分

サッカー長谷部誠 スポーツ報知の「ヴォルフス放出」報道は誤報も迫る正念場
 24日、スポーツ報知がサッカー日本代表主将のMF長谷部誠が所属する独ヴォルフスブルクの放出リストに挙がっていると報じたが、どうやらこれは誤報だったようだ。この報道はドイツのサッカー専門誌「キッカー」の掲載記事を基に報知が報じたものだったが、報知の記者が同誌の記事を誤訳したことが誤報の原因だったという。

「サッカーライターの木崎伸也氏が指摘しているのですが、『キッカー』誌の記事は長谷部のポジションであるダブルボランチのレギュラー争いについて書かれたもので、長谷部がライバルの後塵を拝しているというのが正しい内容だったようです。そこを報知の記者が誤訳してしまい、主観がまじった誤報に至ってしまったということでしょう。木崎氏の指摘を知ってか知らずか、報知も記事を削除しているので誤報なのは間違いない」(サッカー誌編集者)

 とりあえず長谷部の早期放出はなさそうだが、あながち報知の記事もデマカセではないのだという。前出のサッカー誌編集者は、次のように指摘する。

「長谷部はボランチだけでなくサイドバックなど複数のポジションをこなせるユーティリティプレーヤーなのですが、現在は他の選手の台頭もあってか必ずしもヴォルフスブルクの主力ではありません。最近では試合に出場するどころか、ベンチ入りさえままならないときもありますからね。長谷部はまだ契約期間を多く残しているので、チームも移籍金を取れるうちに放出する可能性もありますし、何よりも本人がこの状態が続くなら出場機会を求めて移籍志願するかもしれません。いずれにせよ、長谷部にとっては今が正念場でしょう」

 昨シーズン、日本代表のW杯ベスト16進出を受けて、多くの日本人選手が独ブンデスリーガに移籍し高評価を得てきた。だが、今シーズンはFW矢野貴章がフライブルクを解雇され、ケルンのDF槙野智章も出場機会を得られず苦しいときを過ごしている。また、昨季はシャルケの主力だったDF内田篤人にしても今季は不動のレギュラーとは言い難い状況。唯一、気を吐いているのはドルトムントのMF香川真司ぐらいだが、その彼にしてもリーグ前半戦は昨季ほどのインパクトは残せなかった。

 「過去、欧州に移籍した日本人選手を振り返ってみてもまったく活躍できないか、当初は活躍できても次第に尻すぼみになっていった感は否めません」と前出・サッカー誌編集者が話すように、"2年目のジンクス"を越えられないのが、今も昔も多くの"欧州組"の課題でもある。その意味でも、欧州組の先駆者的存在で安定した実力を示してきた長谷部の動向が注目されるが、「報知の誤報が転じてスクープに」などということにならないよう祈りたいものだ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

ミンク様

緊急度では下がりましたが、ボランチ争いで後退してるのは事実ですからね。
まあ、ただ本人も「競争は大歓迎」と言っている以上
周り以上に判っていらっしゃると思います。

オリンピックが終われば、五輪組がいよいよ本格的にA代表へ組み込まれます。
そうなるとまた、新たなメンバーがやってきて
今年超大学級と謳われた山村さんやヤットさんの次期後継者と注目の扇原さんも
いよいよA代表に呼ばれると思いますので
ハジ君もそうでうが、ライバルがまた増えますね。
ファンとしては応援も頑張らないといけないですね(⌒▽⌒)

黒猫さんへ
ひとまずホッとしましたが… ホッとしてる場合ではないみたいですね 危機的状況なのは本人が一番わかっているでしょうから、今後も見守っていきたいと思います 代表でのポジションも 萌君が虎視眈々と狙ってますしね
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。