スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部、先発フル出場でヴォルフス勝利…細貝のアウクスはドロー

長谷部、先発フル出場でヴォルフス勝利…細貝のアウクスはドロー
引用元:SOCCER KING 2011年12月18日(日)2時40分配信

 ブンデスリーガ第17節が17日に行われ、ヴォルフスブルクはシュトゥットガルトと対戦した。ヴォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠は先発出場。一方、シュトゥットガルトの岡崎慎司はベンチからのスタートとなった。

 試合は74分、セバスティアン・ポルターが決めてヴォルフスブルクが先制に成功。この1点を守り切り、ヴォルフスブルクが1-0で勝ち点3を手にした。長谷部はフル出場で勝利に貢献。岡崎は出場機会を得られなかった。

 また、アウクスブルクはハンブルガーSVと対戦し、細貝萌は先発出場。細貝はフル出場しチームに貢献したものの、試合は1-1の引き分けに終わっている。



長谷部先発復帰のボルフスが4戦ぶり勝利、シュツットガルトは岡崎2戦連続出番なく連敗

引用元:ゲキサカ 2011年12月18日(日)3時4分配信

 ブンデスリーガは17日、第17節を行い、MF長谷部誠の所属するボルフスブルクはホームでFW岡崎慎司の所属するシュツットガルトと対戦し、1-0で競り勝った。出場停止明けの長谷部はダブルボランチの一角で2試合ぶりに先発。岡崎は前節のバイエルン戦(1-2)に続いてベンチスタートとなり、2試合連続で出番がなかった。

 前半から攻勢を強めたのはホームのボルフスブルクだった。前半39分、中盤でセカンドボールを拾った長谷部が前線に絶妙な浮き球のパス。MFク・ジャチョルが反応し、PA内に走り込むが、右足アウトサイドで狙ったシュートは枠を外れた。同42分にはセットプレーからゴール前のこぼれ球をDFルスがシュート。GKが弾いたボールにDFマドルンクが詰めたが、シュートはわずかにゴール右に外れた。

 立て続けに決定機をつくるが、最後の決め手を欠き、0-0のまま後半に折り返す。ボルフスブルクに待望の先制点が生まれたのは後半29分だった。DFシェーファーが左サイドを駆け上がり、MFデヤガとのワンツーからゴールライン際まで切れ込むと、折り返しを途中出場のFWポルターが右足で流し込んだ。

 結局、これが決勝点となり、ボルフスブルクが1-0で逃げ切り勝ち。4試合ぶりの勝ち点3を手にし、年内最終戦を締めくくった。一方のシュツットガルトは2連敗で4試合白星なし(1分3敗)となり、前半戦を6勝4分7敗で終えた。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。