スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部先制!本田決勝PK!/アジア杯

長谷部先制!本田決勝PK!/アジア杯

o-sc-110113-0310-ns.jpg

<アジア杯:日本2?1シリア>◇14日◇1次リーグ◇B組◇カタール

 立ち上がりから日本がボール保持で上回り、シリア陣内に攻め込んだ。前半11分、DF内田篤人(22)の右サイドからのクロスをFW前田遼一(29)がフリーでヘディングシュートを放ったが左に外した。同35分、MF本田圭佑(24)の右サイドの突破からチャンスをつくり、最後はMF長谷部誠(26)のシュートで日本が先制した。シリアはセカンドボールを激しく奪い、たてへのスピードで反撃したが無得点。前半は日本が1?0のリードで折り返した。

 後半31分、シリアが同点に追いついた。GK川島永嗣(27)がペナルティーエリア内で相手を倒してPKを与え、レッドカードを受けて退場。PKをシリアFWハティブに決められた。日本は同37分、FW岡崎慎司(24)がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。これを本田が決めて勝ち越した。結局、このまま日本が逃げ切り、2?1で勝利。勝ち点を4に伸ばした。

 [2011年1月14日3時15分]



長谷部、先制点も喜びなし
Goal.com 1月14日(金)11時0分配信

2?1でシリア代表に勝利し、アジアカップ今大会、さらにアルベルト・ザッケローニ監督の公式大会初白星を飾った日本代表。先制点を決めたのは、キャプテンのMF長谷部誠だった。

35分、内田篤人からのロングパスを受けた本田圭佑が仕掛け、ボールを受けた香川真司がゴールに迫りながらシュート。こばれたところを松井大輔がダイレクトでつないで、最後は長谷部が右足で冷静にコースを突いた。ゴールを決めるとアップしている控え選手たちの下へ向かい、手荒い祝福を受けた。

一方、後悔するプレーもあった。ヨルダンにPKを与えるきっかけとなってしまった、川島永嗣へのバックパスだ。そちらの方が長谷部には重く、「永嗣には悪いことをした。もっと強いパスを出せばよかった」と試合後はゴールの喜びなどなかった。

この試合、PKは2度あった。もう一つは、日本の決勝点である。途中出場の岡崎慎司がペナルティーエリアでシュートの態勢に入ろうとしたところで、相手の足が引っかかった。

殊勲の背番号9だが、「ターンしてシュートするイメージでした。最初は耐えたんですけど、こけたらファウルになっていました」と苦笑い。この日も豊富な運動量でチャンスを生み出し、スーパーサブの役割をきっちりとこなした。

最終更新:1月14日(金)11時0分



主将・長谷部「内容上げないと苦しい」/アジア杯

20110114-00000505-sanspo-000-5-thumb.jpg

 サッカーアジア杯(13日=日本時間14日、日本2?1シリア、カタール・ドーハ)B組第2戦は日本が2?1でシリアを下し、今大会初勝利。通算成績を1勝1分として、勝ち点を4に伸ばした。

 先制ゴールを決めた主将の長谷部誠(26)=ウォルフスブルク=は「今日良かったのは勝ち点3を取れたことだけ。ゲーム内容はすべてにおいて、このままではアジアカップを獲れない」と厳しい評価。PKを献上するなど苦戦となり「後半は完全に受け身になった。(PKも)引いていればああいうことになってしまう」と振り返った。

 次戦に向けて「1位通過を狙うが、ゲーム内容も上げないと苦しい」とチームを叱咤(しった)した。



長谷部、勝利も試合内容には不満
SOCCER KING 1月14日(金)4時29分配信

20110114-00000302-soccerk-000-0-thumb.jpg

何とか勝利を手にしたものの、長谷部は試合内容に不満を述べている [写真]=足立雅史
 13日に行われたアジアカップ1次リーグで、日本がシリアに2?1で勝利を収めた。

 しかし、試合終了後のキャプテン長谷部誠の顔に笑顔はなく、「今日良かったのは勝ち点3を取れただけ」と厳しい表情でコメントしている。

「先制点を取れてよい流れでゲームを運べると思っていたが、後半は受け身になってしまい、失点を招いてしまった」

「PKに関してはレフリングのこともあるけど、やはり引いてしまうとああいったことが起こってしまう。若いチームだからというだけで片付けるのではなく、自分たち上の世代がしっかり引っ張っていかないと」

「このままでは大会で優勝することはできない。ゲーム内容をもっと上げていかないと、決勝トーナメントに進んでも厳しいと思う」



長谷部誠「勝ち点3はよかった。それ以外はまだまだ」/日本代表
ISM 1月14日(金)6時36分配信

 日本代表は現地時間13日、AFCアジアカップ2011カタール・グループB第2節でシリアと対戦し、退場者を出しながらも本田圭佑のPK弾で勝ち越し、辛くも2対1で勝利を収めた。以下、試合後のMF長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)のコメント。

●長谷部誠コメント

「勝ち点3を取れたことはよかったけど、それ以外はまだまだ。個人的にPKにつながるバックパスをはっきりさせておけばよかった。永嗣(川島)には悪かったと思っている」

Q:あれはオフサイドではなかった? 
「オフサイドですけどね。主審は永嗣が蹴ったボールを味方が触ったと言っていたけど、明らかに相手が触っていたから、僕は相手が触ったと審判に言った。『僕はあなたのために言っている。いろんな人が見ているからしっかりしたレフェリングをしてくれ』と言った。みんなが全員で言うとレフェリーも興奮してしまうので、1人で言うべきだと思ったし、ああいうところでは冷静に言った。それがつながったかどうかわからないけど、そのあと僕らにもPKを与えてくれたし、ああいう風に(レフェリーに)対応することは大事だと思う」

Q:課題は? 
「前半いい形でリードして、後半にまた自分たちのサッカーをやろうと言っていたのに、全員受け身になってしまった。そういう形になってしまうことはあるけど、ボールを回そうと思えば回せたわけだし、自分を含めてまだまだ経験が少ない。今までだと僕よりも(年齢が)上の経験のある選手がやってくれていたことを僕らがもっとやっていかないといけない。こういうゲームを落ち着かせるとか、そういうところは僕らに責任があると思う」

Q:この試合でねらっていたことは? 
「相手のDFラインと中盤のラインにスペースがあったので、(本田)圭佑とか(香川)真司とか松井さんとかボールを前を向いて受ければチャンスになるので、そこは意図的にねらっていた」

Q:先制点はいい形で決めたが? 
「僕は決めるだけだった。ウッチー(内田)や圭佑、真司や松井さんがつないでくれたので、チームで取った点だと思う。僕は本当に入れるだけだった。あそこにいたらちょうどいいボールが来た」

最終更新:1月14日(金)6時36分



長谷部誠「僕らのPKも正直PKじゃない」=サッカー日本代表
スポーツナビ 1月14日(金)6時49分配信

 サッカー日本代表は13日(現地時間)、カタールで行われているアジアカップの第2戦となるシリア戦に臨み、長谷部誠、本田圭佑の得点で2?1で勝利した。
 以下は、試合後の長谷部(ボルフスブルク/ドイツ)のコメント。

「前半は行けるところは行けたけど、(後半は)相手が前に来たのもあるし、球際も激しく来た。それでももうちょっと自分たちが自信持ってプレーすれば全然ボールを回せると思うし、そういうところで結構簡単にボールを失ったりっていうのが多かったかなと思います。
 完全アウエーの中でレフェリングもそう(アウエー寄りに)なると分かっていたけど、前半は結構普通に吹いてくれたかなってのはありました。でも、後半ちょっと盛り上がってくるとそういう(相手に有利な)感じはあった。こういう雰囲気の中でももっと冷静に自分たちが自分たちのプレーをすることが(大事)。
(先制点に関しては)僕が決めるだけだったんですけど、ほかの選手たちがウッチー(内田)とか(本田)圭佑とか(香川)真司とか松井さんがつないでくれたんで、チームで取った感じはあります。普通にあそこにいたらちょうどいいところにボールが来ました。
 スピード感を出してやっていくのが今回のテーマだったんで、前半は多少出せたところはあったけど、やっぱり決めなきゃなって感じです。
(個人的なパフォーマンスは)今日はちょっと引き気味にプレーしたけどもっと走らないとダメですね。もうちょっとコンディション的に上がってくると思います。低い位置でプレーしてもそこからゴール前に入っていくとかそういうところですね。僕もそうだけど、後ろからの選手が得点に絡んでいかないと厳しいかなってのは感じます。
(課題は)もっと攻撃に絡みたいですね。あとは守備のところで体張らないといけないし。
(相手のPKにかかわったところのバックパスのシーンは悔やまれる?)本当に(川島)永嗣に悪いことしたなと思います。もっとはっきり強いバックパスだったら、コースはあったし。責任は感じます。
 今日は結構レフェリングに振り回された感はあります。僕らのPKも正直PKじゃないと思うし。もうちょっと試合運びをうまくやりたいです」



長谷部「本当に怒りたかった」/アジア杯
2011.1.14 08:35

 サッカーアジア杯(13日=日本時間14日、日本2?1シリア、カタール・ドーハ)1?0の後半25分だった。日本ゴールへ向かったキックに対し、副審はすぐに旗でオフサイドを示した。そのボールを追ったGK川島がペナルティーエリア内で相手選手を倒した。

 蹴ったのがシリア選手ならオフサイドで、今野ならバックパス。日本選手は「完全なオフサイド」と口をそろえた。しかし、主審は長谷部に説明したように「バックパス」と判定し、川島は一発退場。長谷部は主審に対して「本当に怒りたかった」と振り返った。

 圧倒的なシリア側の応援に包まれたスタジアムで、その後は10人での戦いを強いられた。ザッケローニ監督は「10人になってからも11人であるかのようにプレーしてくれた」と、逆境をはね返したチームの底力を褒めた。(共同)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。