スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表の新ユニフォーム発表…選手、サポーターをつなぐ「結束の一本線」

日本代表の新ユニフォーム発表…選手、サポーターをつなぐ「結束の一本線」
引用元:SOCCER KING 2011年12月26日15時45分

163df_854_15507_ext_05_0-m.jpg

 日本サッカー協会は26日、さいたまスーパーアリーナでサッカー日本代表「結束式」を行い、2012年から着用される各カテゴリーの日本代表新ユニフォームを発表した。

「Japan is all in」「日本結束。」のコンセプトを元に作られた新ユニフォームには、真ん中に一本線が入っており、あらゆる逆境に屈することなく前進するため、選手やサポーター全ての人々の結束を表現。選手が着るユニフォームの襟には、「all win for Japan」というサポーターへのメッセージが刻まれており、サポーターが着用するレプリカには、「all support for Japan」という選手へのメッセージが刻まれている。

 一本線の色は、各カテゴリーで異なり、サムライブルー(男子日本代表)は赤、なでしこジャパン(女子日本代表)はピンク、フットサル日本代表はエレクトニックイエローとなっている。

 発表会には、香川真司や長谷部誠、鮫島彩、原田浩平など、新ユニフォームを身にまとった各カテゴリーの日本代表選手18人が登場。長谷部は、「応援してくれる人々、選手みんながひとつになって団結していけるように頑張りたい」と話し、発表会に参加したなでしこジャパンの佐々木則夫監督は、「(新ユニフォームは)素晴らしいの一言。選手だけでなくサポーターみんなと結束したい」とコメントした。

 発表会後半には、日本代表の応援時に使用されるジャイアントジャージとともに、選手とサポーターたちが記念撮影。その後は選手たちが子どもたちにサッカー教室を行うなど、早くも日本サッカーの結束を示している。

 新ユニフォームは、2012年の試合から着用される予定。



サッカー日本代表“新ユニフォーム”がお披露目 コンセプトは「結束」
引用元:オリコン 2011年12月26日15時18分

92b00_760_20111226_151930_large_9313-m.jpg

サッカー日本代表の新オフィシャルユニフォームがお披露目 ※写真は(前列左から)香川真司、長谷部誠、内田篤人 (後列左から)中村憲剛、前田遼一、槙野智章各選手 (C)ORICON DD inc.
 2014年開催のブラジルW杯出場を目指すサッカー日本代表の『結束式』が26日、さいたまスーパーアリーナで開催され、新オフィシャルユニフォームがお披露目された。縦に“結束”を表す一本線が刻まれた勝負服に袖を通したキャプテンの長谷部誠選手(ドイツ・ヴォルフスブルク)は「チーム1つになって、団結、結束したユニフォーム。2012年、日本中が1つとなっていきたい」と気を引き締めた。さらに、なでしこジャパン、フットサル日本代表の新ユニフォームも発表された。

 SAMURAI BLUEことザックジャパンがユニフォームを一新し、ブラジルを目指す。約2年ぶりのモデルチェンジとなった新ユニフォームのコンセプトは「結束」。ディープブルーを基調に、「あらゆる逆境に屈しない」「前進していく」という意味を込めた1本線のラインが入っており、サッカー男子日本代表は赤、なでしこはピンク、フットサルはエレクトリックイエローのカラーで「結束」を表現している。

 選手が着るユニフォームの襟元には「all win for japan(全ては日本の勝利のために)」が、サポーター用のユニフォームには「all support for japan(全ては日本のサポートのために)」というメッセージがそれぞれ記される。新ユニフォームは2012年より着用予定。

 ドイツのドルトムントで活躍する香川真司選手は「赤の縦線が結束を表すということで、僕らも結束して頑張りたい」と2012年の抱負を語り、内田篤人選手(ドイツ・シャルケ)は「汗も吸いやすくて軽い素材。いいプレーをアシストしてくれる」と胸を張った。また、女子W杯優勝を牽引したなでしこジャパンの佐々木則夫監督は「素晴らしいに尽きる。サポーターやみんなと結束して闘って、結束のピンク色で金を目指したい」とロンドン五輪での活躍を誓った。

 『結束式』にはそのほか、日本サッカー協会の小倉純二会長をはじめ、ザックジャパンから西川周作選手、ハーフナー・マイク選手、中村憲剛選手、前田遼一選手、槙野智章選手、吉田麻也選手、山本海人選手が出席。なでしこJAPANからは安藤梢選手、宇津木瑠美選手、熊谷紗希選手、鮫島彩選手、永里優季選手、フットサル日本代表からは川原永光選手、北原亘選手、原田浩平選手が登壇した。



ブラジルW杯時、最強の日本代表メンバーとは?

引用元:Sports Watch 2011年12月26日10時30分

テレビ東京「FOOT×BRAIN」(24日放送分)では、「日本代表×2011考察」として、サッカー解説者で元日本代表の小倉隆史氏、前園真聖氏、福田正博氏、秋田豊氏の4名が代表の2011年を振り返り、討論を行った。

すると、その後半では「2014年最強の日本代表」と題し、各解説者が考えるブラジルW杯時(2014年)における理想のスターティングメンバーを以下の通りに発表していった。

■福田正博氏

FW 森本貴幸
MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
     遠藤保仁 長谷部誠
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 酒井宏樹
GK 川島永嗣

「大きく変わっているところは、右DFの酒井。今シーズン成長した選手だと思うんですけど、高さもあるので彼に成長して貰いたい。(2014年は)ベスト4までいきますね。これなら。あとは運ですね。ザッケローニが運を持っているかです」

■秋田豊氏

FW 杉本健勇
MF 岡崎慎司 香川真司 本田圭佑
     柴崎岳 長谷部誠
DF 長友佑都 田中マルクス闘莉王 吉田麻也 酒井宏樹
GK 川島永嗣

「(杉本は)大きくて185cmくらいあって、技術あって、身体も太いんですよ。凄いですよ。日本でやるレベルじゃない。そういう選手がいるんですよ、セレッソには。(2014年は)ベスト8ですね。いけると思いますね」

■小倉隆史氏

FW 大迫勇也(永井謙佑)
MF 宇佐美貴史 香川真司 清武弘嗣
     本田圭佑 長谷部誠
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 酒井宏樹
GK 川島永嗣

「(本田を下げましたね?)要はボランチ・ボランチした中盤じゃないんですよ。前に関わっていって、なんでかっていうと、彼のよさって強さじゃないですか?(本田と)ちょっとこの話したことあるんですけど、“いやです、僕。FWいきたいくらいです”っていいましたから、僕が監督やったら辞めるっていうと思うんですけど。崩壊です(笑)。本当にうまくまわったら、怖いなー、決勝いっちゃうのか」

■前園真聖氏

FW ?
MF 清武弘嗣 香川真司 本田圭佑
     遠藤保仁 長谷部誠
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 酒井宏樹
GK 川島永時

「やっぱり中盤にいい選手がいるわけですよ。香川、本田、清武だったり。宮市ももしかしたら入ってくると思うし。現時点でFWが誰か一人っていったら、いない。(FWが誰か出てきたとしたら、2014年W杯は?)決勝トーナメントですね。そっから上にいくには、こっからロンドン含めて、宮市だったり組織を個で突破するような。組織だけでは勝てない」

このように発表&説明した元日本代表解説者メンバー達だったが、3年後のブラジルW杯に向けた2012年のキーワードを訊かれると、それぞれが「トライ」(福田氏)、「選手層を厚くする」(秋田氏)、「3-4-3」(小倉氏)、「ロンドン五輪世代の成長」(前園氏)と答えた。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。