スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部、川島ら欧州組がなでしこ祝福

長谷部、川島ら欧州組がなでしこ祝福
引用元:ニッカンスポーツ 2011年7月12日7時57分

 なでしこジャパンの快挙を男子の日本代表メンバーがブログで祝福した。会場で応援したウォルフスブルクMF長谷部誠(27)は疑問の残る判定にも抗議せず、倒れた相手に手を差し伸べる姿に「フェアプレーで勝つ。これほど素晴らしい事はない」と感動を伝え、リールスGK川島永嗣(28)は「新しい歴史を作るって本当に大きなことだし、最高の挑戦」とメッセージを送った。VVVのDF吉田麻也(22)は「世界のみなさん、日本の女性は我慢強いのです」と120分間戦い抜いた選手たちを誇りに感じた様子だった。



【Sports Watch】長谷部、W杯敗戦直後のロッカールームを語る
引用元:Sports Watch 2011年07月12日08時30分

10日、テレビ東京のドキュメンタリー番組「ソロモン流」では、サッカー日本代表キャプテン・長谷部誠の特集が放送された。

番組カメラは、レスター・シティFCに所属する阿部勇樹と夕食を共にする場面にも密着。いつしか二人の会話は、昨年6月、南アフリカで開催されたW杯・パラグアイ戦後の話になった。

「W杯(試合後)の時は、正直俺は泣いてた。観てくれているサポーターの方もいたじゃん。感情出してる人もいたじゃん。長谷(はせ)自身はあの瞬間、どう思っていたのかなっていうのは訊きたかった」という阿部に、長谷部は「僕は実際、あの時は泣いてなかったんですけど、泣けないっていうのは弱さでもあると思うんですよ。泣くっていうのは強さでもあると思うんですよ。だから、僕は泣ける人が本当にうらやましかった。感情を表に出せるっていう」と答えつつ、「ある意味、逆にやりきった感があって、終わったんだみたいな。そういうのがあって、ちょっとホッとした部分も正直あったかもしれない」と本音を吐露した。

さらに、敗戦直後のロッカールームの話題になると、長谷部は「何もできなかったですね。あの時はね。阿部ちゃんとかは、ロッカーでさ、駒ちゃん(駒野)の横にずっと座っててあげたじゃん。俺はそういうのを見て、俺が座るのも全然違うなと思ったし、俺は何も言えなかったですね。まあ、俺がやったのは食事会の幹事くらい。終わって、みんなで集まってね。3つのテーブルに分かれて、まとまり感なかったけどね」と苦笑い。

それを聞いた阿部は「良かったよ、あれは」とフォローし、「たまには弱さを見せてもいいんじゃないかと思うから。まあ、今までの長谷通り、代表でも頑張ってほしい」とエールを送った。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。