スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部が観戦 古巣にエール「前を向いて…」

低迷する浦和、サポーター離れも加速
引用元:産経新聞 6月18日(土)19時48分配信

20110618-00000552-san-000-0-thumb.jpg

スタンドから試合を観戦するボルフスブルグの長谷部誠=18日、埼玉スタジアム(撮影・大橋純人)(写真:産経新聞)
 4年前のアジア王者がもがいている。浦和は4月の仙台戦以降8試合勝ちがなく、前節を終えてJ2降格圏の16位と低迷。特に連敗を「3」で止めた5月のC大阪戦以降はJ1記録に並ぶ5戦連続引き分けと、勝利に一歩届かないもどかしい試合を続けている。かつて選手として在籍し、今季就任したペトロビッチ監督は「縦への意識」を訴えて攻撃の再構築を図っているが、前節までのチーム得点「10」はJ1で4番目に少なく、物足りなさは解消されていない。

 低調な戦いぶりにサポーター離れも加速。昨季ホームの1試合平均が3万9941人と5年ぶりに4万人を割り込んだ入場者数は今季、平均3万6千人台とさらに落ち込む。この日も雨天とはいえ、スタンド上階は空席が目立ち、相手の清水に在籍する元浦和の小野、高原、永井に対するブーイングも以前ほどの大音量とはならなかった。

 同じく浦和に在籍していた日本代表主将・長谷部(ウォルフスブルク)も観戦に訪れた3試合ぶりのホームゲーム。指揮官は「勝つことでチームに自信がつき、さらに上を目指せる状況になる」と力強く選手を送り出したが、チーム最多の4得点を挙げているU-22代表の原口を五輪予選で欠く攻撃陣は迫力不足。逆に前半24分、清水のボスナーに豪快なミドルシュートで先制を許した。栄光を取り戻す道のりは、まだ困難が続きそうだ。



長谷部が観戦 古巣にエール「前を向いて…」
引用元:スポニチアネックス 2011年6月18日 22:02

J1第16節 浦和1-3清水 (6月18日 埼玉)

 浦和OBで日本代表の長谷部誠(ウォルフスブルク)が古巣の試合を観戦した。チームが9試合連続で白星から遠ざかっているだけにコメントしづらそうだったが「選手が一生懸命やっているのは分かる。前を向いて(努力を)続けてほしい」と話した。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。