スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表の長谷部 誠選手ら、海外で活躍する選手たちが宮城県内の避難所を訪問

長谷部、岡崎らが宮城の小学生と交流、長友らのメッセージも…
引用元:スポニチアネックス 2011年5月28日 19:22

G20110528000912060_thum.jpg

 東日本大震災で被災した子どもたちを励まそうと、サッカーの日本代表の長谷部誠(ウォルフスブルク)ら欧州でプレーする9人が28日、宮城県を訪れ、サイン会やサッカーなどで交流した。震災発生後、さまざまな形で被災地への支援を呼び掛けた海外組のサッカー選手が一斉に被災地入りするのは初めて。

 長谷部が「欧州各国リーグのシーズンオフを利用して被災地で活動したい」と提案。川島永嗣(リールス)岡崎慎司(シュツットガルト)内田篤人(シャルケ)らが参加した。

 名取市でサイン会を行った後、二手に分かれて仙台市若林区と岩沼市の小学校を訪問。小学生計約200人とそれぞれ2時間、サッカーや鬼ごっこなどで一緒に体を動かした。参加できなかった本田圭佑(CSKAモスクワ)長友佑都(インテル・ミラノ)らのメッセージが書かれたカードも配られた。

 終了後、長谷部は「実際に行ってみて被害の大きさを実感したが、子どもたちの笑顔が救いだった」とコメント。兵庫県宝塚市出身の岡崎選手は「今思えば阪神大震災のときはいろんな人に支えられていた。今度は自分が支える番だ」と話した。



長谷部、内田らが被災地の子供たちとサッカー
引用元:デイリースポーツ 5月28日(土)18時28分配信

 日本プロサッカー選手会は28日、東日本大震災で被災した宮城県の小学校などで支援活動を実施。発案者で日本代表主将の長谷部誠(ウォルフスブルク)、内田篤人(シャルケ)ら海外組9人が、子供たちと鬼ごっこやミニサッカーでふれ合った。
 現地は津波のつめあとが残る状況だったが、子供たちは日本のトップ選手たちを目の当たりにして、大興奮。ミニゲームでは日本屈指のドリブラー家長から力を合わせてボールを奪った。「すごいプレスでした(苦笑)」と、家長。活動を終えた長谷部は「来て良かったのかと言われれば、自己満足でしかないのかもしれない。でも、子供たちの笑顔を見ると、少しでも感じてもらえることがあったのかなと思う」と、話した。



長谷部、内田らが被災地を訪問「震災を忘れてはならないと実感した」
SOCCER KING 5月28日(土)18時45分配信

20110420-00000307-soccerk-000-0-thumb.jpg

 28日、日本代表MFの長谷部誠やDF内田篤人ら、海外でプレーする9選手が日本プロサッカー選手会(JPFA)が主催する『ふれあいキャラバン“サッカーの力で日本を元気に!』に参加。東日本大震災で被災した宮城県を訪問した。

 活動に参加したのは長谷部(ヴォルフスブルク)、内田(シャルケ)、阿部勇樹(レスター)、川島永嗣(リールセ)、矢野貴章(フライブルク)、岡崎慎司(シュトゥットガルト)、安田理大(フィテッセ)、森本貴幸(カターニア)、家長昭博(マジョルカ)の9人。

 選手たちの希望により、午前中は津波被害の大きかった被災地域を回り、その後、名取市内の避難所でサイン会、握手会を実施。集まった小中学生には選手たちの愛用品がプレゼントされた。

 午後からは二手に分かれて岩沼市立玉浦小学校と仙台市立蒲町小学校をそれぞれ訪問。子どもたちとのふれあい教室ではサッカーや鬼ごっこ、だるまさんが転んだなどを行い、笑顔の溢れる場となった。

 長谷部は今回の活動について、「実際に来てみて思った以上に被災の大きさを実感しました。来て良かったかと問われても、自己満足でしかないのかなという思いがあります。でも子どもたちの笑顔を見ると、何かを感じてもらえたのかなと思いますし、それが救いかなと思います。長いスパンで支援していかなければならないと思いますし、この震災を忘れてはならないと実感しました」と語った。



サッカー日本代表の長谷部 誠選手ら、海外で活躍する選手たちが宮城県内の避難所を訪問
引用元:FNNニュース 05/28 18:38配信 【リンク先に動画有り】

サッカー日本代表の長谷部 誠選手(27)など、海外で活躍する選手たちが被災地を訪れ、サイン会やサッカー教室で、子どもたちと触れ合った。
それぞれリーグ戦を終え、帰国したばかりの海外組が、宮城県・岩沼市の避難所を訪問した。
ウォルフスブルクの長谷部選手は「少しの時間ですけど、皆さんと同じ時間を共有して、少しでも、僕たちも何かを感じていきたいなと思っています」と話した。
サッカー界のスター選手が、そろって子どもたちにサイン。
ブンデスリーガのシャルケに所属する内田篤人選手(23)は、率先してカメラのシャッターを押した。
午後には、サッカー教室を開催。
まだまだ、体を動かす機会が少ない子どもたちにとっては、憧れの選手と過ごす夢のような時間となった。
リールスの川島永嗣選手(28)は「前を向いて、笑顔になっている姿っていうのを実際に見ることができて、逆に自分自身が勇気づけられましたし、実際、現地に来てこういう活動ができてよかったと思います」と話した。
長谷部選手は「自分のできることを継続して、長いスパンで本当にやっていく。それが一番大事かなと実感しました」と話した。



欧州で活躍の選手 被災地訪問
引用元:NHKニュース 5月28日 19時32分配信 【リンク先に動画有り】

ヨーロッパ各国のサッカーリーグでプレーする日本の選手たちが震災の被災地の子どもたちを元気づけようと現地を訪れました。

この取り組みは、ドイツでプレーする長谷部誠選手が呼びかけ、プロ選手たちでつくる日本プロサッカー選手会が行いました。ヨーロッパでのサッカーシーズンを終えて帰国した長谷部選手や川島永嗣選手など9人の選手たちが宮城県内の避難所などを訪れました。このうち小学校で開いたサッカー教室では、集まった子どもたちが憧れの選手たちの手本のキックを間近で見て歓声を上げたり、ミニゲームで一緒にボールを追いかけたりして楽しい時間を過ごしました。長谷部選手は「子どもたちの笑顔を見られて、逆に力をもらいました。自分でできることを長いスパンでやっていきたいと思います」と話していました。日本プロサッカー選手会では、来月以降は国内でプレーする選手を中心に毎月、こうした被災地を支援する活動を続けるということです。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。