スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田JAPAN再招集、被災地でスクール

岡田JAPAN再招集、被災地でスクール
ニッカンスポーツ

 岡田ジャパンが、被災地に大集結する。98年フランス、10年南アフリカと、W杯2大会で指揮を執った日本代表の岡田武史前監督(54)が、当時の代表メンバーを再招集し、26日から3日間、被災地でサッカースクールなどを開くことが17日、分かった。Jリーグはシーズン中のため、南ア組はシャルケDF内田篤人ら欧州組が参加する。現在、日本協会が訪問地選定作業などに入っており、20日に詳細が正式決定する。

 世界最高の舞台で日の丸を背負った面々が、被災地に大集合する。岡田前日本代表監督が、自ら指揮を執った98年フランスと10年南アの日本代表選手に声を掛け、26日から3日間、東日本大震災による被災地で、サッカースクールなどを開く。同氏は個人でも複数回被災地を訪問しており、欧州のほとんどのリーグが終了した今のタイミングで、大々的なイベントを計画した。

 発端は、日本協会からの提案だった。1カ月前に小倉純二会長から「サッカーファミリーとして、被災地の子どもたちを勇気づけてほしい」と、日本代表OB会などに依頼がきた。それを聞いた岡田氏が「じゃあ僕が声を掛けます」と、自ら弟子たちを誘い、フランス組のFW城彰二氏、MF名波浩氏らに加えて、カターニアFW森本貴幸、ウォルフスブルクMF長谷部誠、リールスGK川島永嗣、シャルケDF内田篤人ら現役の豪華メンバーが賛同した。他にも歴代日本代表OBや、なでしこジャパンOGらも参加する。

 現在は、日本協会が窓口になり、被災地と調整を続けている。関係者によると「必要な物品や、我々が現地でやってほしいこと、訪問する場所など、現地と打ち合わせをしている。今週中には正式に決まります」という。20日までにまとめ、同日に東京・文京区のJFAハウスで最終打ち合わせをして活動内容などの詳細を決める。26日から1日3会場を回るなどのハードスケジュールで、なるべく多くの子どもたちと触れ合う予定だ。

 岡田氏は、自国開催以外では初の決勝トーナメントに進出した南アW杯終了後「日本中のみなさんの後押しがあったから、ベスト16に進むことができた。これからは少しずつでも返していきたい」と話していた。代表OBのある選手は「岡田さんに声を掛けられて断れる選手はいないし、被災地を思う気持ちはみんな一緒だから。今までは選手がそれぞれやってたけれど、みんなでやればもっと大きな力になると思う」と話した。

 W杯では、日本中を沸かせた新旧岡田ジャパンが、今度は被災地から日本全国に復興をアピールしていく。

 [2011年5月18日9時31分 紙面から]



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

ma;co様

一人一人が小さくても
影響力ある彼らが行動する事によって人の歩を促せば
きっとみんなが纏まって大きな一歩になると思います。

ma;co様もお体に気をつけて、頑張ってくださいね。

No title

素晴らしい記事です!被災地にいる私たちにとっては勇気を与えてもらえる記事でした。
長谷部選手にも少しはゆっくりしてもらいたいですが、こうしたイベントに精力的に参加してくれるところが素晴らしいと思います♪

詳細などわかりましたらブログUPよろしくお願いします!

kokoro様

プレーを見る限り、長谷部さんは楽しそうでしたよ。
いつものリーグ戦では重圧が大きいですからね
逆にノビノビしてた気がします。

でも間違いなく、お疲れですよね。
このオフに一人温泉、確かに行って欲しいです・・・。

No title

このような状況の時 スポーツの力 発信力って 凄いものがありますね。
見ているだけで 気分が上向き ニコニコ出来ます。
羨ましいです。


ただ長谷部君 疲れていませんか?
少し 温泉にでも行って 心身 休めて欲しいです。
長谷部君いつも 元気を下さり 有難う。

黒猫さん 有難うございます。
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。