スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア杯 主将長谷部「自分たちのサッカーを」

<サッカー>アジア杯 主将長谷部「自分たちのサッカーを」
毎日新聞 1月29日(土)10時36分配信

 今大会、退場による数的不利やPK戦など苦しい試合を乗り越えてきた日本代表。チームをまとめてきた主将の長谷部(ウォルフスブルク)は「しっかり組み立てて攻撃的に臨む自分たちのサッカーをして勝ちたい」と決勝を見据えた。

 昨夏のワールドカップ(W杯)直前、当時の岡田監督からゲーム主将に指名された長谷部は、新たな指揮官からも信頼を得る。ザッケローニ監督は「彼は精神面、技術面、すべての面で重要な存在だ。以前からキャプテンだったからでなく、このチームでは彼がキャプテンだと考えている」と評価する。

 練習では常に先頭を走る。「今までは年上の、経験ある人がいればやってくれていたけれど、そこは自分の責任」と説明する長谷部だが、あくまで自然体だ。

 準々決勝のカタール戦で退場となり、落ち込むDF吉田(VVVフェンロ)には「お前のせいで、みんな倍走らなくちゃいけなかった」と冗談めかして励ました。練習の合間には若い選手と笑顔で戯れる光景も見受けられる。長谷部は「他の選手が(何でも)言いやすい雰囲気を作ろうと思っている」と言う。

 厳しい一面もある。合宿序盤、「若い選手はお客さんみたいだった。自分たちが戦うんだという部分が感じられなかった」と苦言を呈し、チームに活を入れた。

 4度目のアジア王者まであと1勝。長谷部は言う。「選手だけじゃなく、スタッフも一つになって、みんなで喜んで終わりたい。ここまで来たら総力戦。11人じゃなく、全員で」【江連能弘】



長谷部と細貝、恩師・豪オジェック監督に挑む
読売新聞 1月29日(土)17時49分配信

 日本代表の長谷部(ウォルフスブルク)と細貝(アウクスブルク)の両MFにとって、アジア杯決勝は「師弟対決」となる。

 かつて浦和で指揮を執った豪州・オジェック監督との対戦に、長谷部は「日本のサッカーが変わったということを見せたい」と話した。

 オジェック監督は1995?96年と2007?08年途中の2度、浦和の監督を務めた。アジアチャンピオンズリーグを制覇した07年の主力が長谷部で、控えに細貝もいた。オジェック監督は28日、「長谷部はすごく進歩したし、若かった細貝も代表選手になってうれしい」と語った。

 ドイツ移籍後も親交のある長谷部は「豪州のしっかり守って速攻というスタイルは、浦和時代と同じ。尊敬しているが、あすは敵なので関係ない」。控えスタートとなりそうな細貝も「クラブワールドカップで使ってくれたので、感謝している」と成長した姿を見せるつもりだ。

最終更新:1月29日(土)17時49分



長谷部“恩返し”「成長した姿を見せたい」
スポニチアネックス 1月29日(土)7時2分配信

20110129-00000028-spn-000-0-thumb.jpg

 ◇アジア杯決勝 日本―オーストラリア(2011年1月29日 カタール・ドーハ)

 MF長谷部誠は緊張感の中でもユーモアを忘れなかった。

 前日会見に指揮官とともに出席。海外メディアから22年W杯カタール大会について聞かれ「(38歳になる)22年も選手として帰ってきたい」と話して周囲を笑わせた。浦和時代の恩師でもある敵将オジェック監督については「今も尊敬している。でもあすは敵だし、それは関係ない。日本が成長した姿を見せたい」ときっぱりと言い切った。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。