スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルフス危機、主力離脱で残留に暗雲

ウォルフス危機、主力離脱で残留に暗雲
ニッカンスポーツ

 残留をかけた14日最終節ホッフェンハイム戦を前に日本代表MF長谷部誠(27)の所属するウォルフスブルクがピンチに陥っている。10日付独ビルト紙によると、9日の練習で司令塔ジエゴが筋肉の張りを、FWヘルメスが目まいを訴えた。マガト監督はジエゴをトレーナーの元に送り、ヘルメスは帰宅させた。最終戦に間に合うかは不明だという。マガト監督は9日の練習後、1-2で敗れた前節カイザースラウテルン戦のビデオを選手に見せた。鬼軍曹で知られる同監督は「まるで親善試合であるかのようにダラダラと…」といまだに怒っているという。(中野吉之伴通信員)

 [2011年5月11日9時59分 紙面から]



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

名人様

最終節までくれば五体満足の選手はなかなかいないですよね。
たった1試合でも選手にかかる負担は大きいと思います。
今はとにかく、選手を信じます( `・ω・´)

ジエゴとヘルメスが負傷で離脱ですか…まぁ、サッカーに怪我はつきものなので仕方がないですね。次の一戦は必ず勝ちたい試合ですけど、日本には『手負いの獣』って言葉があります。きっと大丈夫ですよ!
カテゴリ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。