スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表・長谷部の初著書、ビジネス書部門で『もしドラ』抑え首位

サッカー日本代表・長谷部の初著書、ビジネス書部門で『もしドラ』抑え首位

85774_201104060153954001302085499a.jpg

 サッカー日本代表MF・長谷部誠が書いた初の自己啓発書『心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣』(幻冬舎/3月17日発売)が、今週 4/11付オリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で3位に急浮上、初のTOP3入りを果たした。自己啓発部門、スポーツ関連部門(2週連続)、ビジネス部門の3部門を制覇。ビジネス書部門は、2010/3/22付より55週に渡り『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)が首位を独走してきたが、遂にトップの座を明け渡した。

 先週4/4付の総合部門で54位から19位へ上昇し、今週に入って週間3.4万部(累積5.1万部)を売り上げ総合3位に。先月29日に大阪・長居スタジアムで行われた東日本大震災の復興支援を目的とした日本代表とJリーグ選抜の慈善試合で、被災地、そして日本中を勇気づけた1戦も追い風となり、自己啓発書部門でも、今年1/24付から11週連続で首位の曾野綾子『老いの才覚』(ベストセラーズ)を抑え1位となった。

 同書は、これまでのサッカー経験を踏まえ、試合に勝利するための56の習慣をまとめた自身初の自己啓発書。長谷部独自のメンタル哲学『心を整える』という概念で、誰もが実践できるメンタル術を56のエピソードとともに紹介している。なお、同書の印税全額は、ユニセフ(国連児童基金)を通し東日本大震災に見舞われている被災地へ寄付されることが決定している。

 そのほか、総合部門で今週に入って100位圏外から58位へと急上昇したのが、週間0.7万部(累積1.4万部)を売上げた『震災時帰宅支援マップ 首都圏版』(昭文社)。昨年8月に発売されたものだが、震災後に需要が急増。今回のような震災が起こった場合の「徒歩帰宅」を想定し、帰宅支援ルート図を収録。さらに、都心からの移動距離や歩行時の危険箇所、水飲み場・ベンチなどの休憩場所、東京都選定の支援施設や、支援体制がとられるガソリンスタンド、コンビニなども紹介している。

 なお、昭文社も同書の売上の一部を、東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通して寄付することを発表。サッカー、野球のスポーツ界から、国内外を問わず寄せられる芸能人たちの義援金、街頭の募金活動、そして書籍の印税寄付など、支援の輪は震災から4週間を経過した今も、まだまだ広がり続けている。



「心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣」



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。