スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27節 ブンデスリーガ ミムラユウスケコラム/スポーツナビ

第27節 ブンデスリーガ ミムラユウスケコラム/スポーツナビ

■1部残留争いは勝ち点1を分け合う

201103210002-spnavi_2011032100004_thumb.jpg

 1部残留を争うシュツットガルトとボルフスブルクの一戦が20日に行われ、日本人対決が実現した。2シーズン前にチームを初優勝に導いたマガトを新監督に迎えたボルフスブルクの長谷部は、「4-3-2-1」の左ボランチとして6試合連続でスタメン出場を果たしたが、ハーフタイムに退いた。一方の岡崎は「4-2-3-1」の左MFとして先発し、フル出場を果たした。岡崎は前半の途中から前半終了時まで右サイドにポジションを移したため、長谷部とマッチアップするシーンも見られた。

 試合は前半40分、岡崎と長谷部が競り合ってこぼれたボールが、シュツットガルトの選手の元へ。そのクリアに対して長谷部が体を張ってブロックすると、ボールはゴール前に。これをグラフィッチが押し込んで、アウエーのボルフスブルクが先制した。

 後半になると、同点を目指すシュツットガルトが前掛かりになる。ボルフスブルクは何度もカウンターのチャンスを得たが決められずにいると、ロスタイムにシュツットガルトのセンターバック、ニーダーマイヤーがゴールを決めて同点に追いつく。結局、両者が勝ち点1を分け合うことに。シュツットガルトは15位と残留圏内をキープしたが、ボルフスブルクは17位と自動降格圏に沈んだままとなった。

 長谷部は中盤の底でボールを引き出し、1対1の競り合いで激しい当たりを見せるなど、まずまずのプレーを見せたが、マガト監督の求める守備の役割との相違があったようだ。岡崎はチーム加入後、初めてシュートを1本も打てずに終わったが、パス成功率は100%を記録。攻撃の組み立てやチャンスメークに奮闘した。
■「何が悪かったのか聞きたい」

<長谷部のコメント>

――試合の2日前にマガト監督が就任し、試合に向けての準備はどうだった?

 今日試合に出た選手は(2シーズン前まで)マガト監督と一緒にやってきた選手が多かったし、監督からは「時間が少ないから難しいけど、基本的な走ることとか1対1とかいうところはしっかりやれ」と言われた。

――前半の途中に監督から直接指示を受けていましたが、どのようなことを?

 監督がずっと「(ベンチのところに)来い」と言っていたので、どこがダメなのかを聞いて……。そしたら(トップ下の)シセロをもっと中でプレーさせて、(僕は)サイドバックに(プレッシャーをかけに)いけと言われた。結局、交代させられたということは、監督にとっては納得のいくプレーをしてなかったのかなと。(次の試合に向けては)何が悪かったのか聞きたい。

――岡崎選手については?

 彼は激しい当たりでもしっかりボールをキープできますし、非常に嫌な相手でした。彼にはやられないようにと考えてやっていました。

――日本で行われるチャリティーマッチについては?

 行動を起こすことが大事だと思うし、この試合をやると決めてくれた協会にも感謝している。僕らができることは全力でプレーすることだけなんで、やるからには本気で、見ている人の心を動かすようなプレーをしたいです。

<ドイツメディアの評価>

・『キッカー』誌(スポーツ専門誌)4点

・『ビルト』紙(全国紙)4点



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。