スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルフスブルク長谷部は慈善試合開催歓迎

ザック日本、NZとチャリティー試合開催
サンケイスポーツ 3月17日(木)7時52分配信

20110317-00000023-sanspo-000-7-thumb.jpg

被災者を勇気づけるために、サムライ・ブルーが立ち上がる(写真:サンケイスポーツ)
 日本サッカー協会は16日、東日本大震災の影響で、今月に予定した日本代表の国際親善2試合のうち、キリンチャレンジ杯のモンテネグロ戦(25日、静岡)を中止すると発表した。29日はチャレンジ杯ではなく、復興支援チャリティーマッチ(慈善試合)として会場を東京・国立競技場から大阪・長居陸上競技場に移して開催する。相手は当初予定のニュージーランドで最終調整中。試合にはMF長谷部誠(27)=ウォルフスブルク=ら欧州組も駆けつける見込みだ。

 日本サッカー協会の小倉純二会長、原博実技術委員長がこの日、会見を開き、異例の早さでの慈善試合開催を発表した。

 「仮に被災地の方々に見ていただけなくても、被災者を助けるきっかけになると思う。義援金とかに賛成してくれることもあると思う。どういう可能性があるか熟慮に熟慮を重ねました」

 小倉会長が開催の意義を説明した。日本協会は震災発生後の13日に2試合とも開催する方針を示していたが、計画停電の実施などを考慮し、最終的に静岡と東京での開催は断念した。

 その上で内外から賛否を呼びつつも、被災者を勇気づけ、収益金を義援金として寄付する慈善試合としての開催を決めた。対戦相手は予定通りニュージーランドで調整しており、17日にも返答がある見通し。両国はともに大きな震災被害に遭ったばかりで、義援金を分配する案も出ている。

 余震や原発の問題で相手側が渡航を自粛する可能性もある。ただ、その場合も同会長は「チャリティーマッチはやります」と明言。国際Aマッチではなくなるが、国内の選抜チームを構成するなどして開催にこぎ着ける強い決意を示した。

 17日に発表予定の日本代表メンバーには、すでに招集打診の文書を送っている最大12人の欧州組も入る見通し。主将の長谷部は協会を通じて「日本の国として大きなピンチを迎えている今、少しでも恩返しをしたい。日本に戻ってプレーしたい」と出場を確約した。DF長友、内田、MF本田圭らも勢ぞろいする方向。日本のベストメンバーでの一戦は、世界への復興アピールにもなるはずだ。

 「団結力や規律、他人を尊重する心など、日本人の美徳を間近で見てきた。このような困難な状況に置かれても、日本は必ず立ち直ると確信している。代表チームとして、サッカー界として、一致団結して全力を尽くしていきたい」

 イタリアに帰国中のザッケローニ監督も強い決意を示し、近日中の再来日を約束した。日本の危機に、サムライ・ブルーが勇躍、立ち上がる。



ウォルフスブルク長谷部は慈善試合開催歓迎

 サッカー日本代表主将のMF長谷部誠(27)=ウォルフスブルク=は16日、29日に開催される慈善試合を歓迎した。「W杯もアジア杯も、チームが一致団結して大きな力を発揮することができた。日本国中の皆さんが応援してくれたからこそ、発揮できたと思っています。大きなピンチを迎えている今、少しでもその時の恩返しをしたいという気持ちでいっぱいです」と、仲間の気持ちを代弁するようにコメントした。

 「僕たちができることはサッカーをプレーすることだけなので、プレーをすることを通じて、微力ながら日本の皆さんに勇気を与えたい」。サッカーを通して復興への思いを伝える。



長谷部が慈善試合への参加を熱望 「アジアカップ優勝の恩返しを」
ISM 3月17日(木)12時37分配信

 東北地方太平洋沖地震の影響により、今月末に開催を予定していた国際親善試合2試合を中止した日本代表。主将を務めるMF長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)は、親善試合の代わりに行なわれることが決まったチャリティーマッチについて、被災地域の復興支援のために参加する意思を表明した。ロイター通信が報じている。

 JFA(日本サッカー協会)は16日、東北地方太平洋沖地震の被害の甚大さ、電力をはじめとするライフラインの不安、交通網の混乱、スタジアム来場者の安全確保などを考慮した結果、モンテネグロ戦(25日/静岡)とニュージーランド戦(29日/東京)の2試合を中止することを発表。代わりに29日に長居スタジアム(大阪)でチャリティーマッチを行ない、対戦相手としてニュージーランドを候補に調整していることも明かした。

 日本代表のキャプテンを務める長谷部は、今回の慈善試合について「日本は現在、とても厳しい時期を過ごしている。僕ら選手は少しでも、アジアカップ優勝時に応援してくれたことへの恩返しをしたい」とコメント。この試合にドイツから駆け付ける意思を明らかにした。

 また、JFAの小倉純二会長も、『共同通信』社の取材に対し「(アルベルト・)ザッケローニ監督をはじめ、日本代表の選手たちは、被災された方々の助けになりたいと言ってくれている」とコメント。さらに、「彼らもまた、日本と同じように大地震の被害に苦しんでいる」として、前月に同じく大規模な地震が起きたニュージーランドを対戦相手に希望していることを明らかにしている。



日本代表、ニュージーランド代表とチャリティー試合へ
スポーツ報知
2011年03月17日08時05分

 日本サッカー協会は16日、東日本大震災の影響により日本代表の親善試合・モンテネグロ戦(25日・エコパ)を中止すると発表。29日に予定されていたニュージーランド戦(国立)は大阪・長居スタジアムで震災復興のチャリティー試合として行うことを決めた。ニュージーランドとは最終交渉中で17日に正式決定する。代表選手の発表も早ければ17日に行われ、長友佑都(24)=インテル=ら海外組も勢ぞろいする予定だ。

 ザック・ジャパンが震災復興のシンボルになる。イタリアに帰国中のアルベルト・ザッケローニ監督(57)は日本協会を通じて「この試合を被災者の皆様を支援していく最初の活動としていきたい。被災された皆様にはあらためて心からお見舞いの気持ちをお伝えし、少しでも勇気づけることができればと思っている」とコメントを寄せた。

 開催予定だった静岡と東京は余震や停電が続き、日常生活にも支障が生じていることから、影響がほとんどない大阪・長居スタジアムで開催する。日本協会の小倉純二会長(72)はこの日、ニュージーランド大使と会談。互いに震災の被害国として合同で支援を行うという趣旨に理解を得られた。もし、対戦が不可能になった場合は「国内でチームを作って代表と対戦する」(小倉会長)という。

 チャリティーとはいえ重要な強化となる国際Aマッチのためベストメンバーで臨む。すでに長友ら欧州でプレーする12人に招集レターを送付。代表主将の長谷部誠(27)=ヴォルフスブルク=は「プレーをすることで微力ながら日本の皆さんに勇気を与えたいと思います」とコメントした。

 ザッケローニ監督も近日中に来日し26日から関西で合宿を行う予定。収益金は両国の被災地に寄付し、会場では募金箱も設置する。優勝したアジア杯で日本中に感動を与えた代表戦士が、今度はプレーで被災者に勇気を贈る。

 ◆日本代表戦の過去の中止 03年3月下旬、米国遠征でウルグアイ戦、米国戦を予定もイラク戦争突入により断念し、同28日に国立でウルグアイ戦のみ開催。協会関係者によると、国内での中止は「記憶にない」という。



フランス紙がチャリティーマッチ開催に動く日本サッカー界の団結力を称賛
SOCCER KING
2011年03月17日13時00分

フランス紙がチャリティーマッチ開催に動く日本サッカー界の団結力を称賛
 16日付のフランス紙『レキップ』は、「団結する日本サッカー」の見出しで、日本サッカー協会が29日にチャリティーマッチを開催する可能性を掲載。「大地震が発生し、日本は次々と大惨事に見舞われている。しかし、日本社会はお互いに助け合い、団結力を見せている。日本サッカー界はその一例だ」とし、大災害の中、日本サッカー界が団結し被災地の力になろうとしていることを伝えている。

 同紙は、親善試合として開催予定となっていた25 日のモンテネグロ戦と29日のニュージーランド戦は中止になったが、ニュージーランド戦は大阪でチャリティーマッチとして開催される可能性があることを示唆。現在、日本サッカー協会がニュージーランド側とコンタクトを取っていることや、もしニュージーランドとの対戦が実現しない場合は国内の選抜チームと試合をする可能性を伝えている。

 また、「このチャリティーマッチが、被災した人々にとって復興のための力になれば」というアルベルト・ザッケローニ監督のコメントや、日本代表キャプテンであるヴォルフスブルクMFの長谷部誠が、チャリティーマッチへの参加を表明していることも併せて掲載している。



人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
関連記事

コメント

非公開コメント

kokoro様

全ての行動に賛辞を贈られることは、残念ながら難しいです。
だからと言って何もしない理由にはなりません。

日本代表のJリーグのこの行動は
必ず誰かの力になると思いますし、信じてます。

その選手の行動をサポーターが支えて
大きな力にぜひ変えたいですね!

junchang様

開催決定しましたね!
サッカーファンとして本当に嬉しい限りです!

日本代表はもちろん、Jリーグで頑張ってる選手にも
ぜひ勇姿を見せて欲しいです。
現地での観戦は難しいですが。。。遠い地からでも応援します!

No title

おっしゃるとおりですね。

こんな時 助け合う心 我慢する心 

長谷部君達の 気持ちが チャリティーマッチを通して

皆に訴えることができる様な気がします。

長谷部君頑張れ。頑張れ。

ヴォルフスブルグ頑張れ。

被災地に

私たちは雨でもかまいませんから 良いお天気の1日を。

No title

チャリティーマッチ開催是非実現して欲しいですね!
なによりザッケローニ監督が試合開催を強く望んでいたことに感銘を受けました!

被災地の皆さんに直接的なアピールは難しいですがチャリティーが目的なのですから日本代表というメジャーな存在が率先してあるべき姿を見せてくれれば・・・・

もっと助け合いの精神が浸透していくような気がします・・・・。
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。