スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部ヴォルフスのリティ新監督、指示に背いたMFジエゴを謹慎処分に

長谷部ヴォルフスのリティ新監督、指示に背いたMFジエゴを謹慎処分に
ISM 2月9日(水)11時53分配信

 長谷部誠が所属するヴォルフスブルク(ドイツ)のピエール・リトバルスキー新監督は現地時間8日(以下現地時間)、5日のブンデスリーガ・ハノーファー戦でチームの指示を無視したMFジエゴを次戦に出場させない意向であることを明らかにした。ロイター通信が報じている。

 ヴォルフスブルクはハノーファー戦の終盤にPKを獲得。チームではFWパトリック・ヘルメスがキッカーを務めるよう指示されていたものの、本来キッカーではないジエゴがPKを蹴り、クロスバーに当ててしまう。絶好の得点チャンスを逃すとともに、チームも0対1の敗戦を喫していた。

 スティーヴ・マクラーレン前監督の解任を受け、7日にアシスタントコーチから昇格したリトバルスキー新監督は「ジエゴは出場しない。この前の試合(ハノーファー戦)で起こったことを受けて、次の試合で彼は謹慎処分になる」とコメント。ジエゴを12日に行なわれるハンブルガーSVとの一戦に出場させないことを明かした。

 その一方でリトバルスキー監督は「12日の試合が終われば、すべて水に流すことになる。彼はチームの助けになれることを、もう一度証明できる」と語り、その後の試合ではチャンスを与える意向も示している。

最終更新:2月9日(水)11時53分



長谷部の新ボス候補にラングニック
Goal.com 2月9日(水)15時15分配信

ドイツ『ビルト』の報道によると、元ホッフェンハイムのラルフ・ラングニック監督が、ヴォルフスブルクの新監督候補に挙げられているようだ。日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは、成績不振によりスティーブ・マクラーレン監督の解任を決めていた。

52歳のラングニック監督は、2011年1月にホッフェンハイム指揮官を辞任してからフリーとなっている。ホッフェンハイムを率いる前は、ハノーファー、シャルケ、シュトゥットガルトを率いていた。

なおヴォルフスブルクの新監督候補に挙げられているのはラングニック監督だけではない。元アヤックスのマルティン・ヨル監督、レッドブル・ザルツブルクのフーブ・スティーブンス監督の名前も挙げられている。

最終更新:2月9日(水)15時15分



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。