スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部「結果残す」ハンブルガー戦で先発へ

長谷部「結果残す」ハンブルガー戦で先発へ
スポニチアネックス 2月12日(土)7時1分配信

 12日のホーム・ハンブルガーSV戦へ向け、ボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠が10日、シュート練習などで約1時間汗を流した。

 9日に各地で国際Aマッチが行われたこともあって、キッカー誌はボランチでの先発を予想。7日にマクラーレン監督が解任され、リトバルスキー・コーチが昇格したが「選手として非常に責任を感じるし、悔しい」とした上で新指揮官については「ポジションチェンジをしてもいいし、結構自由な感じ。個人的にもチャンスだし、結果を残さないと」と話し、猛アピールする構えだ。(ボルフスブルク・三村祐輔通信員)



□■□

週中に国際Aマッチがあって
ヴォルフスからも各国代表選手として何人か参加してるため
長谷部さんに出場のチャンスが回ってきますよ?と言う話です。



監督が変わってから、2部練が2日連続であったり
基礎練が増えたり(まあ練習時間そのものが増えてるからね)

監督が変わるとまず、その監督のスタンスを伝えるための練習をしますが

今回はシーズン途中しかももう終盤に近い時期
圧倒的に時間が足りないわけです。


だからこその内部昇格でリティに監督をしてもらってる訳で


しかも実は

マクラーレン監督の通訳兼任だったわけだから
リティと選手との距離はとっても近い。


ただ

マスコミが言う「元Jリーグのうんたら?」とかは
長谷部さんの追い風にならないと思ってます。

だって実力がモノをいう世界なのに
そんな義理人情を通せる甘い世界じゃないわけで。。。


でもリティになることが前監督より追い風になると断言できるのは

日本語とドイツ語、両方でコミュニケーションが取れるから。

マクラーレン監督とは直接英語とリティ通訳のドイツ語
リティとは直接ドイツ語と直接日本語

直接話して直接指示を受けられて直接意思を伝えられるのは

多分想像以上に大きい。

しかも
へーネスGMがドイツ語習得者優遇を声高に叫んでますから
ちょっとよっぽどなのかなあと思ってたりします。


現状、とにかくチームを作り直すための時間が全然無い状況で
選手には監督の主義理想戦術戦略を理解し実行して貰わないといけないから

意思疎通は最重要項目

そして監督の戦略を理解し忠実に実行できる力が重要



そこで長谷部さんですが

監督の戦略理解戦術実行力は、日本代表でもお墨付きの実力です。

なのでリティ監督は追い風なのかなと。

まずは今日のHSV戦。
位置的に見ると確実に守備優先ですが

長谷部さんなら打開出来ると信じてます。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。