スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部ユニセフCMに出演「光を与えたい」

長谷部、ユニセフCMに出演で支援の輪広げる

20100927-OHT9I00225.jpg

 ◆ドイツ ブンデス・リーガ第6節 ヴォルフスブルク2―1フライブルク(26日、ヴォルフスブルク) 日本代表MF長谷部誠(26)=ヴォルフスブルク=が、日本ユニセフ協会のテレビCMに出演することが27日、発表された。任意の金額を毎月自動振替で募金する「マンスリー・サポート・プログラム」参加を呼びかける。07年から同プログラムを利用し、世界の子供たちを支援していることから起用が決定。支援の輪拡大を呼びかけることになる。

 長谷部は26日、同代表FW矢野貴章(26)が所属するフライブルクと対戦し、2―1で勝った。長谷部の戦列復帰をきっかけにチームは3連勝。「自分が出た出ないに関係なく、勝ち癖はつけていかないと」と謙そんしながらも「3勝3敗に戻れたんで、これから上がっていきたい」と喜んだ。

 矢野との対決は前半の45分間のみ。「2人とも先発で出てて楽しかった。彼は体が強いから競り合いに負けてなかったし、貴章がいた時は怖かった」とドイツ歴4年目の“先輩”は後輩の適性に高評価を与えた。

 世界の子供たちだけでなく、ヴォルフスブルクにとっても長谷部の献身的なプレーは大きな助けとなっている。

 ◆矢野初先発 ○…「発表されるまでわからなかった」という矢野がサプライズ初先発。シュート2本を放つなど存在感をアピールしたが、相手タックルで太もも内側を負傷したため、前半のみのプレーとなった。長谷部との日本人対決は「とても楽しみにしていた。だからこそ、もうちょっと最後までプレーしたかった」と途中交代を残念がっていた。



長谷部ユニセフCMに出演「光を与えたい」
スポニチアネックス 9月28日(火)7時1分配信

 ボルフスブルクの日本代表MF長谷部が、ユニセフ(国連児童基金)のマンスリーサポート・プログラムのCMに出演する。CMは29日からCSチャンネルなどで放送され、長谷部はCMを通じて世界の子供たちへの支援を呼びかける。

 長谷部は「僕は恵まれた環境に生まれ、たくさんの人たちにサポートしてもらえ、夢をかなえることもできました。今度は僕が子供たちを支え彼らに光を与えたいと思いました」とコメントした。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。