スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本代表】ザックJAPAN始動?合宿で見えてきたものとは?

【日本代表】ザックJAPAN始動?合宿で見えてきたものとは?
スポルティーバ 10月6日(水)16時45分配信

 10月4日、ザッケロ?ニ新監督体制による日本代表がスタ?トした。

 ピッチは、新チ?ム立ち上げの時に漂う、独特の緊張感に包まれている。スタッフの数も多く、ピッチ上では当然だがイタリア語が飛びかう。だが、選手から大きな声が上がることもなく、静かに淡々とメニュ?が消化されていく。ちょうど、5カ月弱前、南アフリカW杯に向けて、ここ(さいたま市内の合宿地)で日本代表が合宿をしていたのだが、その時とは明らかに異なる雰囲気が流れている。

「でも、これまでの代表と、雰囲気に大きな変化は今のところないですよ」

 練習後、前代表のキャプテンである長谷部誠は、柔和な表情で、そう言った。

 中村憲剛も様子見だと感じている。

「まだ、始まったばかりなので、監督がどういうサッカ?をやるのか、そういうのは、まだ見えてこない。ディフェンスのこともDF陣だけで、中盤の僕らは何もやっていないですからね。とりあえずは、練習メニュ?が厳格にあって、ぼくらは与えられたメニュ?をこなしていく感じ。チ?ムの方向性とか監督の意図というものは、そのうち見えてきて、だんだんそれに慣れてくると思う」

 だが、ザックは、独自のカラ?を徐々に出しつつある。食事メニュ?には、これまでなかったピザやブルスケッタなどイタリア料理が並んだ。合宿中は基本的に外出禁止になるなど、締めるところは締めている。また、練習も初日から時間を割いて細かな守備戦術の練習を行ない、2日目の午後は早くも非公開練習にした。サ?キットトレ?ニングでは、全力でやることを要求し、選手を追い込んだ。そうした中で見えつつあるのは、「繊細さと厳格さ」だ。イタリア人の監督に限らず、日本人でも戦術的に細かく指示する監督はいるが、より細かく、厳格なイメ?ジだ。

 ザックが言うゾ?ンで目前の相手に対応し、勝負するディフェンスはイタリアでは当たり前なやり方だ。ただ、その戦術のベ?スは、センタ?バックが1対1の対応に負けないことを原則としている。イタリアのセンタ?バックが強いのは、そういう理由からだ。

 だが、さらにセ?フティに守るには動きの質が求められる。「ポジショニングについては、細かく、厳しかった」と、今野泰幸は言ったが、そうしなければ攻守の準備ができず、攻か守へ、守から攻へ、素早く転換できない。それゆえ口酸っぱくポジショニングの重要性について繰り返したのだろう。 

 長谷部は言う。

「まだ、守備しかやっていないですけど、練習のやり方は今までと全然違う。アプロ?チの仕方も戦術を叩き込ませるという感じで、けっこう細かいし、厳しいですね」

 それでも今のところザックからは、トルシエのような狂気のような言動で、選手をコントロ?ルしようという動きは見えない。オシムのように、激しく身振り手振りで指示する仕草も見えない。静かな佇まいでピッチに立ち、初めて間近で見る選手をつぶさにチェックしている感じだ。

「静かですけど、監督の視線は熱いですよ。もともと、イタリア人は熱い人しかいないんじゃないかっていうぐらいですから……。でも、勝ちたいと思うから、そういう熱さが生まれてくるんだと思います」

 イタリアでプレイする長友佑都は、そう分析している。

 今は、まだザックの熱も沸騰するまでに至ってはいない。冷静に落ち着いて練習メニュ?を消化しており、チ?ムは緊張感のあるいいム?ドになっている。

 だが、チ?ム作りの動きは止まらない。

 システムは、すでに紅白戦などで4?3?3をテストしている。これから最終ラインからFWを含めた守備の確認、さらに攻撃の組立に着手していくだろう。守備戦術の指導時における細かさや厳格さから考えると、攻撃についても基本的なポジショニング等々について細かく指示が出されるはずだ。ただ、神出鬼没で自由に動き回るタイプの関口訓充を選出したように、ボックス内やバイタルエリアでは、選手の特徴を最大限に生かし、さほど制約を設けないはずだ。それは、ACミラン時代、ビアホフやボバン、ジョ?ジ・ウェアら彼らの個を生かした奔放な攻撃を構築したことからも想像できる。  

 岡崎慎司は、言う。

「まだ、みんな集まってすぐだし、攻撃は何もしてないですけど、前の選手については、けっこう自由にやらせてくれそうな感じがします。そこで自分がどう使われるのか。僕は外国人監督が初めてなんで、FWとして、どんな攻撃をするのか、楽しみですね」

 合宿は、粛々と進行している。非公開という見えないカ?テンの向こうで、ザックは選手たちに何を伝授しているのか――。

「繊細さと厳格さと大胆さ」

 今のところ練習から見えるザックの風景は、お互いの腹を探るような奇妙な静けさと攻守におけるこの戦術的指向である。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。