スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部所属のウォルフスブルク4連敗

長谷部フル出場も「結果が出ないと駄目」
2011.2.20 17:43

scb1102200153001-n1.jpg

 サッカーのドイツ1部リーグでFW矢野貴章が所属するフライブルクは19日、ホームでMF長谷部誠のウォルフスブルクと対戦し、2?1で勝った。長谷部はフル出場し、矢野は後半に途中出場。DF槙野智章のケルンはアウェーでホッフェンハイムと対戦し、1?1で引き分け。槙野はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

 フライブルクに敗れたウォルフスブルクの長谷部は「内容は良くなっているけれど、結果が出ないと駄目」と降格争いから抜け出せない現状に厳しい表情だった。

 前監督の解任後、指揮を執るリトバルスキー・コーチの下でも、守備的MFとして攻守の鍵を握る。チームの4連敗に「勝利という結果が欲しい」と、90分間集中力が続かないチームにもどかしそうだった。

 矢野は取材陣の前に姿を現さなかった。(共同)



長谷部所属のウォルフスブルク4連敗
サンケイスポーツ 2月21日(月)10時23分配信

 ブンデスリーガで19日、日本代表MF長谷部誠の所属するウォルフスブルクとFW矢野貴章のフライブルクが対戦。敵地の長谷部はボランチでフル出場、矢野は後半33分から4試合ぶりに途中出場した。試合はウォルフスブルクが先制も、1?2で逆転負け。4連敗で残留争いから抜け出せず、長谷部は「まだ11試合ある。今から降格、降格と意識しすぎると、みんな思いきったプレーができなくなる」と話した。



長谷部2戦連続フル出場も惜敗/ブンデス

<ブンデスリーガ:フライブルク2?1ウォルフスブルク>◇19日◇フライブルク

 ウォルフスブルクMF長谷部誠(27)は、中盤の底でボールをキープし、左右にパスを散らして攻撃を組み立てた。前半途中までは試合の流れをつかんだが、チームは後半まで勢いを保てなかった。「試合内容は良くなってきているが、結果が出ないと意味がない」と悔しさをかみしめた。リトバルスキー監督に交代後、2戦連続のフル出場。「信頼に応えたい。勝利という結果が欲しい」と話した。

 [2011年2月21日11時11分 紙面から]



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。