スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部が攻撃で存在感「韓国大したことない」

長谷部が攻撃で存在感「韓国大したことない」

スポニチアネックス 10月13日(水)7時2分配信

20101013-00000025-spn-000-1-thumb.jpg

 【日本0―0韓国】攻守の要、日本代表MF長谷部が攻撃で存在感を見せた。厳しいボールの奪い合いに見えた中盤だが「韓国は球際が強くなかった。欧州に比べると大したことない」と振り返る。「簡単に回せた」と言う通り、再三、前線に顔を出した。

 特に後半はチャンスを量産。21分にドリブルでゴール前まで持ち込み、32分には左の松井へのパスで決定機をつくる。同35分は本田の折り返しを自らシュート。アルゼンチン戦で得点につながるミドルシュートを放ったが、この日も攻撃面で貴重な役割を果たした。

 だが、満足はしない。「最後の得点のところがよくない。きょうのゲームなら勝たないといけなかった」。W杯前の5月、0―2と惨敗した後に中沢に代わって主将に任命された。苦境の中で重責を果たしたチームリーダーにとって、韓国戦は勝ちたかった試合だった。

 ブンデスリーガ開幕直前に右足を負傷し、9月の日本代表戦2試合も欠場した。だが復帰後は、3連敗中だったボルフスブルクが3勝1分け。攻守に労を惜しまぬ運動量が、ドイツでもザックジャパンでも不可欠であるのは間違いない。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。