スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部誠選手 インドネシア被災地で小学生とサッカーで交流=ユニセフ


長谷部誠選手 インドネシア被災地で小学生とサッカーで交流=ユニセフ
引用元:グローバルニュースアジア 2014年12月25日 11時34分 配信
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=1317&&country=10&&p=2

10_131714194721051.jpg

2014年12月25日、スマトラ沖大地震・津波から明日で10年。サッカー日本代表の長谷部誠選手は、最も被害の大きかったインドネシアの被災地バンダ・アチェを、22・23日訪れ、ユニセフの活動について視察した。

 長谷部誠選手は地元のヌルル・フダ幼稚園(アチェ・ブサール)を訪れ、南三陸町の「あさひ幼稚園」の子どもたちから託された「一緒に頑張ろうね」などと書かれた寄せ書きと文房具を子どもたちにプレゼントした。就学率が100パーセント近いインドネシアだが、学業について行けずに同じ学年を繰り返す子どもも少なくない。就学前の準備として、また、子どもたちの社会性や精神的な発達を促す場所として幼稚園の役割が注目されている。

 小学校で、子どもたちと一緒にサッカーを行ない、長谷部誠選手が華麗なボールさばきを見せると、子どもたちの間からは大きな歓声が上がった。

 2日間の訪問を終えた長谷部誠選手は、「とても短い期間でしたが、たくさんの場所を訪れ、多くのことを学ぶことができました」「耐震性の高い建物や津波避難ビルなど、10年経ったバンダ・アチェには、万が一への備えが、まさに目に見える形で準備されていることが実感できます」「でも、そういった(ハードの)面だけでなく、今日小学校で見た避難訓練のようなことも含めて、万が一の時にどういった対応をすべきかという訓練が、繰り返し繰り返し行われるといったことも、とても大切なんじゃないかと」「さらに印象深かったのは、あれだけ真剣に防災や復興のことを考えている若者たちがこの国にいるということ。震災の経験や教訓は、次の世代に引き継がれなければならないし。そういったことが、防災を考える上でとても大切なことなんじゃないかと。日本の方々にも、インドネシアには、彼らのような若者がいることを伝えていきたいです」 と話した。

 ユニセフは、バンダ・アチェで、マグニチュード8クラスの地震にも耐えられる耐震設計の小学校345校の再建を支援。教員の研修などにも力を入れ、建物(ハード)だけではなく、万が一の時の対処法などソフト面での支援を行っている。


スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部&乾所属のフランクフルト、抜群の得点力も好不調の波が課題


長谷部&乾所属のフランクフルト、抜群の得点力も好不調の波が課題
引用元:ISM 12月25日(木)14時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141225-00000017-ism-socc

20141225-00000017-ism-000-1-view.jpg

ドイツ・ブンデスリーガは現地時間24日(以下現地時間)、日本語版の公式HPで長谷部誠と乾貴士が所属するフランクフルトの今季前半戦の総括を紹介した。攻撃面でポジティブなデータを残しているが、好不調の波が激しいと安定感のなさを課題とした。

 今季からトーマス・シャーフ監督を迎えたフランクフルトは、ブンデス前半戦を終えて勝ち点23(6勝5分け6敗)の9位。ブンデス公式HPでは、MFアレクサンダー・マイヤーがリーグトップの13得点を挙げているほか、チームが後半に決めた得点数(22)、絶好機でゴールを決める確率(68%)がともにトップであることを紹介し、2位の総得点34点を記録した攻撃力を評価した。

 一方で、リーグワースト4位の34失点を喫した守備には改善の余地があると指摘。また、第7節終了時に5位につけていたものの、その後4連敗を喫するなど好不調の波が激しいことを課題に挙げた。

 今季加入した長谷部は全17試合に先発出場し、攻守にわたって安定感のあるプレーでチームに貢献。14試合に先発した乾は、序盤戦はゴールが遠かったが、第12節に待望の今季初得点をマークすると、第14節では2得点に絡む活躍でベストイレブンにも選出されるなど、徐々に調子を上げてきた。

 フランクフルトの次戦は来年1月31日、アウェイで最下位フライブルクと対戦する。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ブンデスリーガ14-15前半期全18クラブのデータが発表

bilanz_hinrunde_alle_neu.jpg

ブンデスリーガ公式サイトに今季における全18クラブについて
データ化したPDFがダウンロードできるようになっています。

赤が攻撃について、グレーが守備についてになります。

下記リンクに飛び、画像下の部分にダウンロードボタンがありますので
そこからPDFデータで落とせます。
(わかりやすいとはあんまり言えない・・・)


Hinrundenbilanzen der Bundesliga-Clubs
引用元:Bundesliga 22.12.2014 - 15:41 Uhr 配信
http://www.bundesliga.de/de/liga/news/2014/infografik--hinrundenbilanzen-der-bundesliga-clubs.php

Köln - bundesliga.de präsentiert im Rahmen des großen Hinrunden-Checks die Leistungen aller 18 Bundesliga-Clubs in der innovativen Hinrunden-Netzgrafik:


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部 日本代表“整える”前代未聞の事態に選手会合呼びかけ


長谷部、緊急アギーレ選手会議やる!「一つの方向へ向いていきたい」
引用元:スポーツ報知 12月25日(木)7時4分配信
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20141224-OHT1T50220.html

20141224-OHT1I50041-1.jpg

日本代表MF長谷部誠(30)=フランクフルト=が24日、アギーレ監督の八百長疑惑を受け、緊急選手ミーティングを開く考えを示した。慈善活動をしていたインドネシアから帰国。日本協会から、アジア杯に向けた代表合宿が始まる29日に現状を説明するとの連絡を受けたことに対し「話し合いをして一つの方向に向いていかないといけないのは間違いない。僕も代表経験では上の方なので、みんなと話し合ってからやっていきたい」と選手同士で膝を突き合わせ、団結力を高める考えを明かした。

 八百長疑惑報道には「信じられなかった」と困惑。アジア杯は指揮官不在の恐れがある中、「僕も報道でしか分からない部分が多い。説明を受ける前にあまり話をすることはない」と個人的な意見は避けたが「とにかくアジア杯に集中するために話し合う。いい準備をしたい」と前を向いた。



長谷部 日本代表“整える”前代未聞の事態に選手会合呼びかけ
引用元:スポニチアネックス 12月25日(木)7時1分配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/12/25/kiji/K20141225009516710.html

20141225-00000044-spnannex-000-0-view.jpg

日本代表MF長谷部誠(30=フランクフルト)が選手ミーティングを開き、来年1月のアジア杯(オーストラリア)へ向けてチームの結束を図る。20日にフランクフルトでの年内の日程を終え、インドネシアでの慈善活動を経て24日に帰国。日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)が八百長疑惑で告発され周囲が騒がしい中、選手間で話し合い一丸となって連覇へ臨む態勢を整えることを訴えた。

 アギーレ監督の八百長疑惑に日本サッカー界が揺れる中、アジア杯連覇のために“主将”が立ち上がる。長谷部は到着した成田空港で取材に応じ「全てをアジア杯に集中するために話し合いをして、一つの方向を向いていかなければ。代表では(年齢が)上の方なので、みんなと話してやっていきたい」と選手ミーティングを開きリーダーシップを取っていく考えを明かした。

 今大会の主将は決まっていないが、メンバー23人では4番目に年長。11月の親善試合では本田、遠藤とともに主将に指名されている。ザックジャパンでも大役を担い、前回のアジア杯で優勝に導いた。今回に向けても「連覇が懸かっていますし、優勝すればコンフェデ杯にも出られる。しっかり、いい準備をしていきたい」と意気込む。前代未聞の事態の中で、連覇のために自分の果たすべき役割は理解している。

 指揮官がスペイン検察庁から告発されたことは報道などで知った。「これまでの合宿で、アギーレさんの人間性にいい感触を持っていたので(告発は)信じられない思いです」と困惑。近日中にもバレンシア裁判所に告発が受理される可能性があり、進退問題にも発展しかねない状況だが「報道でしか分からない部分もある。協会が(代表合宿で)集合したときに詳しく説明してくれるので」と冷静に対処し、目の前の戦いに集中する。

 今年は右膝を2度手術。W杯には間に合ったが1勝もできず1次リーグで敗退した。昨季まで所属したニュルンベルクも2部降格の憂き目に遭った。それでも、今季は加入したフランクフルトで開幕から全17試合に先発。「今はいい感覚を取り戻せている」とフィジカル面は万全だ。あとは選手同士の話し合いでチームをまとめ上げ、メンタル面を充実させていく。



揺れるアギーレJ…主将・長谷部、緊急選手ミーティング開催決意!
引用元:サンケイスポーツ 12月25日(木)5時0分配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20141225/jpn14122505010001-n1.html

20141225-00000501-sanspo-000-6-view.jpg

日本代表MF長谷部誠(30)=フランクフルト=が24日、連覇を目指す来年1月9日開幕のアジア杯(豪州)に向けて成田空港着の日本航空機で帰国。ハビエル・アギーレ監督(56)に八百長疑惑が持ち上がっている状況の中、「一つの方向に向いていかないといけない」と選手ミーティングの緊急開催を決意した。頼れる主将がチームの危機を救う。

 早朝の成田空港。慈善活動で訪れたインドネシアから帰国したMF長谷部が表情を引き締めた。

 「アギーレさんの人間性にすごくいい感触を持っていたので、報道は信じられなかった。今でもそうです」

 日本代表指揮官の八百長騒動に困惑。途中離脱した9月の合宿、主将を任された11月の合宿での印象がスキャンダルと結びつかない。「集合したときに協会が詳しい説明をしてくれる。それまで話せることはないかな」と慎重に言葉を選んだ。

 スペイン検察庁の告発を裁判所が受理すれば、「解任」「休養」など同監督の進退問題に発展する可能性が出てくる。先行きが不透明なまま、連覇を目指すアジア杯に向けた国内合宿は29日に始まる。

 「一つの方向を向かないといけないのは間違いない。アクションというか、僕は(年齢が)上なのでみんなと話してやっていきたい」

 選手ミーティングの緊急開催を決意した。カタールで開かれた前回2011年のアジア杯では、1次リーグ初戦のヨルダン戦(△1-1)の翌日に開催。試合前のロッカールームで騒いでいた若手を叱ったことで緊張感が生まれ、チームを優勝へとまとめ上げた。

 「アジア杯で優勝すれば、(17年)コンフェデレーションズ杯(の出場権)につながる。いい準備をして臨みたい」

 前代未聞の事態に巻き込まれた日本代表。指揮官に疑惑の目が向けられている今、主将のかじ取りが命運を握る。



長谷部、主将の覚悟「アクション起こす」
引用元:ニッケンスポーツ 2014年12月25日7時14分 配信
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20141225-1413218.html

sc-yg141225hasebe-ns-big.jpg

日本代表MF長谷部誠(30=フランクフルト)が24日、成田空港着の航空機で帰国した。日本サッカー界はハビエル・アギーレ監督(56)の八百長疑惑に揺れているが、チーム4番目の年長者として選手をまとめ、アジア杯(来年1月9日開幕)に集中させる決意を示した。

 指揮官の八百長疑惑に困惑の表情を浮かべながら、長谷部はきっぱりと言った。「1つの方向に向いていかなければならない。代表の中でも年齢は上の方。しっかりと話し合いをするとか、選手としてアクションを起こしたい」。11月の2試合はキャプテンマークを託されるなど指揮官からの信頼は厚く、中心選手としての自覚をにじませた。

 アジア杯でも主将の可能性は高いが、「まだキャプテンかどうか分からないし、その立場での話はできないけど」とあくまでも、1人の選手としてまとめ役となる意思を示した。

 9月の代表合宿は試合前に離脱しドイツへ戻り、11月に代表復帰。監督と過ごした時間は多くなかったものの「人間性はいい感触を持っていたので、報道は信じられなかった。今でも信じられない」。経過は報道で知るだけ。日本協会からのメールでは、合宿初日に詳しい説明が行われることが書かれていたという。「まずはその話を聞いてから。聞く前に話せることはないと思う」と慎重に言った。

 騒動の中、29日からの合宿が始まるが、目の前のアジア杯に集中するしかない。



長谷部 アジア杯へ「一つの方向に」
引用元:デイリースポーツ 2014年12月25日 配信
www.daily.co.jp/soccer/2014/12/25/0007610079.shtml

07607999.jpg

日本代表MF長谷部誠(30)=アイントラハト・フランクフルト=は24日、慈善活動で訪れたインドネシアから成田空港着の航空機で帰国した。

 アギーレ監督に八百長関与疑惑が持ち上がっている状況について「一つの方向に向いていかないといけないのは間違いない。僕も代表では(年齢が)上の方なので、みんなと話してやっていきたい」と述べた。

 日本協会からは29日に千葉県内で始まるアジア杯(来年1月、オーストラリア)に向けた合宿に集合した際に状況説明をするとの連絡があったという。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

岡崎がゴール数などで三冠達成…ブンデス前半戦の日本人選手ランク


本田、日本勢3位転落。長谷部が首位、2位は清武。第16・17節終了時オプタ番付
引用元:フットボールチャンネル 12月24日(水)15時10分配信
www.footballchannel.jp/2014/12/24/post62437/

20141224_hasebe_getty.jpg

スポーツデータ会社の『オプタ』が欧州4大リーグ(※スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)の第16節(プレミアリーグとブンデスリーガは第17節)終了時に出したパフォーマンスの統計で、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が総合39位に順位を上げ日本人最高位に立った。

 ブンデスリーガでフランクフルトは9位に後退したが、長谷部は同リーグのみに絞ったランキングでも15位に順位を上げ、さらにMFのみに絞ると9位、フランクフルトではドイツ人MFアレクサンダー・マイアーに次いで2位を保った。

 同リーグ1位(総合4位)は、首位バイエルン・ミュンヘンのオランダ代表FWアリエン・ロッベンが保持。

 一方、日本勢2位にはブンデスリーガ8位に順位を上げたハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣がACミランの同代表MF本田圭佑を抜いて総合81位に浮上。国内リーグに絞ると25位で変動はなかったが、MFに絞ると14位に上がり、ハノーファーではスペイン人FWホセルに次いで2位となった。

 セリエAで7位に後退したACミランの本田は総合102位まで大きく順位を落とし、同リーグでも23位、MFに絞っても11位に順位を下げた。

 本田はACミランでもフランス代表FWジェレミー・メネズ、オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラに次いで4位に後退している。同リーグ1位(総合12位)は、首位ユベントスのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスで変わらず。

 ランキングを日本勢のみに絞ると4位から10位は、ハノーファーのDF酒井宏樹(総合420位)、マインツのFW岡崎慎司、シャルケのDF内田篤人、ヘルタのMF細貝萌、フランクフルトのMF乾貴士、ヘルタのFW原口元気、サウサンプトンのDF吉田麻也の順となった。

 なお、欧州総合トップ2はリーガエスパニョーラの2選手、首位レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと2位バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシで変動しなかった。

※スペインのレアル・マドリーとセビージャは前者のクラブ・ワールドカップ出場により16節が延期となり1節少ない。



岡崎がゴール数などで三冠達成…ブンデス前半戦の日本人選手ランク
引用元:SoccerKing 2014.12.24. 12:34 配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141224/261688.html

ブンデスリーガ日本語版公式HPは23日、ブンデスリーガのクラブに所属する日本人選手全13名の活躍をランキング形式で発表した。マインツに所属する日本代表FW岡崎慎司がゴール数、シュート数、プレー時間の3項目でトップに輝いている。

 同HPでは、前半戦のゴール数、シュート数、パス本数、競り合いの勝率、90分の走行距離、プレー分数の6項目でランキングを発表。ゴール数では今シーズンすでに8得点を挙げている岡崎が断トツの1位を獲得し、シュート数でも33本でトップに立った。プレー分数では、1440分を記録。1434分で2位にランクインした、フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠との接戦を制し、見事三冠を達成した。

 その長谷部はパス本数669本で首位を獲得。競り合いの勝率では、61パーセントでハノーファー所属のDF酒井宏樹が、走行距離では11.9kmでドルトムント所属の日本代表MF香川真司がそれぞれトップに輝いた。

 各項目の順位は以下のとおり。

■前半戦の日本人選手ランキング(上位3名)
<ゴール数>
1位:岡崎慎司(マインツ) 8ゴール
2位:清武弘嗣(ハノーファー) 3ゴール
3位:香川真司(ドルトムント)、乾貴士(フランクフルト)、大迫勇也(ケルン) 1ゴール

<シュート数>
1位:岡崎慎司 33本
2位:乾貴士 28本
3位:清武弘嗣 23本

<パス本数>
1位:長谷部誠(フランクフルト) 669本
2位:酒井宏樹(ハノーファー) 534本
3位:内田篤人(シャルケ) 529本

<競り合いの勝率>
1位:酒井宏樹 61パーセント
2位:内田篤人 55パーセント
3位:長谷部誠 54パーセント

<90分の走行距離>
1位:香川真司 11.9km
2位:酒井高徳(シュトゥットガルト)、大迫勇也 11.8km

<プレー分数>
1位:岡崎慎司 1440分
2位:長谷部誠 1434分
3位:酒井宏樹 1395分


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
カレンダー(月別)
11 ≪│2014/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。