スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一転、長谷部がニュルンベルク入り!



一転、長谷部がニュルンベルク入り!

309615_heroa.jpg

引用元:http://kicker-jp.blogspot.de/2013/08/blog-post_2795.html


長谷部誠を巡る攻防は、金曜日に急展開を見せた。日本代表MFは、一転してニュルンベルクへと移籍する。最近ニュルンベルクは、同選手の獲得へ向けて意欲的に動いていたものの、ヴォルフスブルク側は長谷部を放出を拒否。しかし金曜日にニュルンベルクのマーティン・バーダーSDは、地元紙ニュルンベルガー・ツァイトゥング紙に対して、ヴォルフスブルクと合意に至った事を明かしている。

今年の夏、ベテランMFティモシー・シモンズが、母国のブルッヘへと移籍した。シモンズは、最近数年間でニュルンベルクに安定をもたらす存在として活躍した選手であり、チームのまとめ役としても重要な存在となっていた。しかしそんなシモンズの移籍にもニュルンベルクは、周知の予想に反し、動きをみせる事はなかった。

それは、当初のニュルンベルクが抱いていた計画は、既存の選手でシモンズの抜けた穴を埋めるというものだったからだ。しかし最初の公式戦を終えたバーダーSDとヴィージンガー監督は、この方針の転換を決断。そこで早くから目をつけたのが、ヴォルフスブルクの長谷部誠だった。

しかしヴォルフスブルクのアロフスSDの厳しい対応を見せるー、この日までは。

今回の獲得にあたりニュルンベルクは、ヴォルフスブルクに対して約250万ユーロを奮発。長谷部は日曜日にニュルンベルクを訪れ、月曜日にメディカルチェックを受けた後に、3年契約へサインする。

今夏にヴォルフスブルクは、バイエルンからルイス・グスタボを獲得しボランチを補強した。一方で長谷部は今シーズン、ここまでベンチに甘んじる日々が続いており、来年のW杯を視野に入れる日本代表主将としては、決して望ましい状況とはいえなかっただろう。

ニュルンベルクのマルティン・バーダーSDは、ニュルンベルガー・ツァイトゥング紙に対し「誠はブンデスの事を知っているし、完璧なドイツ語を話す。そして日本代表の主将として、欠かす事のできない人格の持ち主だ。」と喜びをみせると「彼は直ぐに、我々の助けとなってくれる事だろう。」と語った。

2008年に浦和レッドダイヤモンズからヴォルフスブルクへと移籍した長谷部は、ここまでブンデス通算134試合に出場、5得点、15アシストを記録。また日本代表としては、ここまで通算71試合に出場している。


スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部、ニュルンベルクへの移籍が確実 独紙



本職のボランチ出場増求め…長谷部は清武ら所属ニュルンベルク移籍へ

20130831-01124434-gekisaka-000-1-view.jpg

http://web.gekisaka.jp/402068_124434_fl


ボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠が、MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクに移籍することが分かった。地元紙の『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』に対し、ニュルンベルクのマーティン・バーダーSDが合意に至ったことを明かしている。

 長谷部は08年1月に浦和からボルフスブルクに移籍。翌シーズンにブンデスリーガ制覇を果たすなど、順調にステップを踏んだ。だが近年は本職のボランチではないポジションを任されることも多く、出場機会の減少は日本代表にとっても懸念材料となっていた。ニュルンベルクでは本職のボランチでの出場機会増が望まれる。

 報道によると、移籍金は約250万ユーロ(約3億2500万円)で3年契約が結ばれる予定。日曜日にニュルンベルク入りし、月曜日にメディカルチェックを経て契約を結ぶ予定となっている。




長谷部「悩んだが、試合に出たい」
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20130831-1181768.html


ウォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(29)がニュルンベルク移籍で両クラブが合意したと地元紙ニュルンベルガー・ツァイトゥングが報じた。ニュルンベルクのバーダー強化部長が30日、同紙に明らかにした。

 長谷部はウォルフスブルガー・ナハリヒテン(電子版)に「ウォルフスブルクでは定位置争いが激しい。悩んだが、試合に出たいし、ニュルンベルクなら最も好きな守備的MFで出られる」と語った。




長谷部、ニュルンベルクへの移籍が確実 独紙

6df49_260_275908_hp.jpg

http://www.sanspo.com/soccer/news/20130831/bun13083107180000-n1.html


 サッカーのドイツ1部リーグ、ウォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(29)が同リーグのニュルンベルクに移籍することが確実となった。ニュルンベルクのバーダー強化部長が30日、地元紙ニュルンベルガー・ツァイトゥングに両クラブが移籍で合意に至ったことを明らかにした。

 同紙によると、身体検査に合格すれば、2016年夏までの3年契約を結ぶ見込み。バーダー強化部長は「ブンデスリーガを知っており、ドイツ語能力は完璧。日本代表の主将として人格者としても知られる選手。即戦力」と語った。専門誌キッカー(電子版)は移籍金約250万ユーロ(約3億2500万円)で「ニュルンベルクにとっては高額」と伝えた。ニュルンベルクは日本代表MF清武弘嗣とMF金崎夢生が所属している。

 長谷部は08年1月にJ1浦和からウォルフスブルクに移籍し、2季目にリーグ初優勝に貢献した。今季は出場機会に恵まれず、移籍を希望していると報じられていた。(共同)


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部ニュルンベルクへ完全移籍 地元紙報じる



長谷部のニュルンベルク移籍が濃厚に

6df49_260_275908_hp.jpg

http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2013/08/31/4225555/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%8C%E6%BF%83%E5%8E%9A%E3%81%AB


1日に現地入りか

日本代表MF長谷部誠が、ヴォルフスブルクからニュルンベルクへ移籍することが濃厚になった。ドイツ『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』に対し、ニュルンベルクのマルティン・バーダーSD(スポーツディレクター)がクラブ間合意を認めている。

この報道によると、長谷部は1日に現地入りし、2日にニュルンベルクのメディカルチェックを受ける。ここで問題がなければ、3年契約にサインをすることになるようだ。

長谷部の移籍金については、『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』が200万〜300万ユーロ、『ビルト』が200万ユーロと報じている。

長谷部が2008年から過ごすヴォルフスブルクを離れる日が近いようだ。




長谷部がニュルン移籍か…移籍金約3億円の3年契約で合意と独紙報道

hasebe1-500x332.jpg

http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20130831/131960.html


ドイツ紙『Nurnberger Zeitung』は30日、ヴォルフスブルク所属の日本代表MF長谷部誠が、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクへ移籍することで合意に達していると報じた。

 同紙は、長谷部の移籍交渉が一時は決裂したが、30日の午後に事態が反転し、ニュルンベルクのマーティン・ベイダーSD(スポーツ・ディレクター)が、ヴォルフスブルクと合意したことを認めたと伝えた。また、9月1日に現地入りし、2日にメディカルチェックを予定で、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)から300万ユーロ(約3億9000万円)の間になり、3年契約を結ぶだろうと報じている。

 長谷部は2002年に浦和レッズに入団。2008年1月にヴォルフスブルクへ移籍し、2008-09シーズンにはクラブ史上初となるブンデスリーガ優勝に貢献した。その後も主力としてプレーし、昨シーズンは序盤に8試合連続ベンチ外という苦しい状況にもなったが、最終的にリーグ戦23試合に出場し、2得点を挙げている。今シーズンは、開幕戦を出場停止で欠場し、出場機会はリーグ戦3試合を終え、途中出場1試合と恵まれていない。




長谷部ニュルンベルクへ完全移籍 地元紙報じる
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20130831-OHT1T00058.htm


 【ニュルンベルク30日】ドイツ1部リーグのヴォルフスブルクに所属する日本代表MF長谷部誠(29)が、3年契約の完全移籍でニュルンベルクと合意したと地元紙が報じた。それによると、ニュルンベルクの幹部が事実を認めたという。移籍金は250万~300万ユーロ(3億2409万~3億8891万円)とみられる。同クラブには、日本代表MF清武弘嗣(23)が所属。今夏の移籍市場締め切り期限の9月2日までにボランチを探しており、長谷部にオファーを出していた。長谷部は08年に浦和からヴォルフスブルクに移籍し、09年シーズンのリーグ制覇に貢献していた。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

9月の2試合に臨むザックジャパン。 序列が崩れた2つのポジションに迫る。



9月の2試合に臨むザックジャパン。序列が崩れた2つのポジションに迫る。
引用元:http://number.bunshun.jp/articles/-/663387


9月6日のグアテマラ戦と10日のガーナ戦に臨む日本代表23名が発表された。

 7月の東アジアカップからの生き残り組は、森重真人、青山敏弘、山口螢、工藤壮人、柿谷曜一朗、齋藤学、大迫勇也の7名。8月のウルグアイ戦のメンバーだった豊田陽平、駒野友一、高橋秀人が落選し、酒井宏樹、齋藤、大迫が入った。海外組と国内組の割合も、6月のコンフェデ杯の時は6対4で海外組が多かったが、今回はほぼ同数になっている。

 これは一見、勢力図の変化と見られがちだが、そう単純なことではない。W杯予選を突破したレギュラー組を軸とするヒエラルキーに基本的に大きな変化はない。海外組を重視する傾向にも変化はない。

 では、なぜこれだけの国内組が招集されたのか?

 それはザッケローニが、この2試合を国内組最後のテストと位置付けているからだ。

 10月の親善試合は海外でアウェーの試合である。そこで9月の2試合で、結果を出した国内組を最終的にレギュラー組と融合させ、アウェーで屈強な外国人を相手に戦えるかどうか。チームにフィットできるかどうかを試すのだろう。

 ただ、どこのポジションに重点を置いているかは、容易に推察できる。


 ひとつは、ボランチである。

 今回、これまでのボランチの控えだった細貝萌、高橋が落選している。代わりに生き残ったのが青山と山口だ。細貝と高橋は守備に強いタイプで青山と山口は攻守に強みを持つ。以前とはタイプが異なるだけに、ザックの趣向の変化が見てとれるし、彼らに対する強い期待も感じられる。

 もうひとつは、センターフォワードだ。

 今回、コンフェデ組の前田遼一とハーフナー・マイクが落選し、柿谷と大迫が入った。注目された豊田の落選は、ウルグアイ戦で周囲とかみ合わず「チームに、どうフィットするか」というザックの査定ポイントでの評価が低かったからだろう。柿谷はウルグアイ戦で及第点を得て生き残ったが、大迫も同じテストが課せられることになる。


また、レギュラー組が所属クラブで試合にコンスタントに出場出来ていない状況を憂慮していることも分かる。

 香川真司、長谷部誠、吉田麻也らはチームでレギュラー落ちを味わうなど、非常に厳しい状況に置かれており、今後の見通しも不明だ。

「チームでレギュラーとして試合に出ること」を選手に課しているザックにとって、一部の主力が置かれている状況を黙って見過ごすわけにはいかない。そこで、東アジアカップで思った以上に戦えた国内組を起用し、彼らに刺激を与える狙いがある。

 つまり、今回の“東アジア組”の大量招集は、刺激とテストが主であって、ザックの頭の中にはレギュラーを変えるという意思はほとんどないのではないだろうか。いじるとしても、バックアップの選手の顔ぶれを変えようという程度だ。

 それは、これまでのザックの選手起用方法からも分かる。

 コンフェデ杯でも3試合ほとんどメンバーを変えなかったし、東アジアカップでも信頼が厚かったのは初戦の中国戦と3戦目の韓国戦に出たメンバーだ。

 基本的に控えは控え、レギュラーとの間には大きな壁があるのだ。

 ただ、その壁を超える可能性はゼロではない。


 清武弘嗣は当初こそ控えだったが、結果を出し続けたことでレギュラーの座を獲得していった。

 コンフェデ杯でのブラジル戦以降、スタメンの機会をこそ失ってはいるが、チャンスを与えられた時、結果という大きなインパクトを残せれば、序列を崩すことは十分可能なのだということを証明した。

 W杯予選やコンフェデ杯には無縁だったが、手の届くところに代表の椅子が見えてきたせいか、東アジア組の士気は高い。

 それだけに期待も高まる。


山口は、東アジアカップ直後こそ「まだ代表は早いかも」と言っていたが、ウルグアイ戦後は「まずは毎回、代表に呼ばれることが大事。それを続けていればチャンスは必ずやってくる。その時にチーム戦術をやりつつ、いかに自分の良さを出せるか、だと思っている」と、生き残りに意欲を見せるようになってきた。

 柿谷も「最初は迷いというか、考えながらやっていた。次はもっとよくなる」と、手応えを感じている。

 彼らは、マンネリ感、停滞感のある代表に「刺激」というカンフル剤を打ち込み、序列に変化を起こすことができるだろうか。

 そうして、何名の東アジア組が10月の欧州遠征の切符を手にすることができるだろうか。

「融合」というより「内戦」の厳しさが漂う2試合になりそうだ。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部・遠藤を超えるために――。9月の連戦でボランチの山口と青山に求められること



長谷部・遠藤を超えるために――。9月の連戦でボランチの山口と青山に求められること

20130830-00000001-footballc-000-1-view.jpg

引用元:http://www.footballchannel.jp/2013/08/30/post8408/


■細貝、高橋が外れたボランチ

 9月6日のグアテマラ戦と10日のガーナ戦に向け、23人のメンバーが発表されたが、ボランチの候補は遠藤保仁、長谷部誠、青山敏弘、山口螢の4人。ヘルタ・ベルリンで活躍する細貝萌、ここまで続けて招集されていた高橋秀人が外れた。

 細貝に関してはウルグアイ戦を前に、新天地のヘルタでしっかりベースを作りたい旨を協会スカッフに伝えており、その延長と見ることもできるが、国内組の高橋は「今回は特にJで活躍している選手を選びたい」とザッケローニ監督が語るだけに、10月、そして11月もおそらく欧州遠征になることを考えると、厳しい立場になったことは確かだ。

 青山と山口はウルグアイ戦から引き続きの選出で、東アジアカップから続くザッケローニ監督の期待の高さを表すが、問題は彼らが2試合でどれだけ出場チャンスを得られるかだ。イタリア人指揮官はフレッシュな選手を選んだ場合によく「手元に置いて見てみたい」という言葉を口にするが、この2人に関してはそういう状況は終えている。

 代表に定着することはもちろん、これまで細貝や高橋が果たせなかった、遠藤と長谷部のポジションを狙うためのトライをしていく戦いが求められる。もし、それが出来ないならば細貝と高橋に加え、扇原貴宏、柴崎岳、米本拓司といった若い別の候補に取って代わられても文句は言えないだろう。

■長谷部への“過保護な扱い”

 ただ、ここで気になるのが、ボランチの起用法に関するザッケローニ監督の言葉だ。

「常連とどのように絡めるのか。A代表でどういうことができるのか見極めたい。そこのメンバーのコンディションを見て使っていくかどうか決めないといけない。たとえば長谷部は、所属チームで出場機会が多いわけではないので、ここで使わないといけないなと思っている」

 山口や青山が出場するにしても、基本的には長谷部か遠藤とのセットで起用される見通しが強い。そして長谷部は長めの出場が予想されるのだ。正直、特定の選手に対して“過保護な扱い”と言えなくもないが、キャプテンでもある長谷部はそれだけ中心的な選手という評価なのだろう。

 そうした事情を踏まえて山口と青山の資質を見極める時、大事なポイントになるのは遠藤と長谷部の足りない部分を彼らがどこまで補えるか、あるいは彼らに無い持ち味を発揮することで、チームにプラス効果をもたらせるかだ。

 山口は大きく分けると長谷部と同じ役割を担うと想定できるが、本人も自覚する通り、守備の機動力と厳しさが期待されるところ。実際、ウルグアイ戦でも試合の終盤とはいえ、DFラインの手前をしっかり埋め、相手の5、6点目が入りそうだった守備を中盤の底から引き締めた。

 一方で、本来彼が持っている縦の飛び出し、直接的にゴールを目指すプレーはMVPを獲得した東アジアカップも含めて、あまり出せていない。ウルグアイ戦は遠藤を前に押し出す役割でもあったため、攻守のバランスは難しかったが、その試合前には「守備をしかりこなしながらも、攻撃面で持ち味を出していきたい」と語っていただけに、攻撃で自分らしさを出していきたい。

■なぜボランチの活性化が必要なのか?

 青山はザッケローニ監督が好むタイプのプレーメーカーと考えられる。パスが正確な上に速く、縦に良いスペースがあれば多少のリスクはあっても通そうとする。

 遠藤にも似た視野の広さを持ちながら、より縦志向が強いのだ。また厳しい時間帯にあっても、ボールを持てばしっかり縦につなぎながら動き直し、自分たちのリズムに持ち込むことができる。それは本田圭佑がウルグアイ戦の後にあげていた課題と一致する。

 東アジアカップでは周囲との連係不足からか、パスをカットされる場面や守備のポジショニングの甘さが目立ったことも事実。山口と比べても、より代表での経験と慣れが必要かもしれない。

 ただ、彼自身も「(柿谷の決勝点をアシストした)あれだけだった」と認める韓国戦から多くを学んだはずで、主力の中に混じって冷静に自分の持ち味を出していくことが主力への道につながる。

 “主力+新戦力”という組み合わせは1つのロジックとして正しいが、現状を考えればその常識すら外して競争してほしいぐらいだ。前回のコラムでも書いた通り、遠藤と長谷部を候補から外せということではない。

 しかし、ザッケローニ監督が“チームの心臓”と表現するポジションとして、彼らが絶対的な働きをできているわけではなく、消耗の激しいポジションでもある。

 DFやFWで様々なテストをしていくことも必要だが、まさに“チームの心臓”となるポジションを活性化する意味でも、今回の2試合では山口と青山にしっかりチャンスを与え、そこで指揮官の望むパフォーマンスを出せないようなら、別の選手を試していく。そのぐらいの姿勢を示してもらいたい。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2013/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。