スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりスタメン出場の可能性も…長谷部が遠征メンバー入り果たす

いきなりスタメン出場の可能性も…長谷部が遠征メンバー入り果たす
引用元:ゲキサカ 10月27日(土)13時0分

hl_20121027172801.jpg

 ブンデスリーガは27日、第9節を各地で行う。日本代表MF長谷部誠の所属するボルフスブルクは敵地でデュッセルドルフと対戦する。ボルフスブルクは25日にフェリックス・マガト監督を解任。リザーブチームを指揮していたギュンター・コストナーコーチが暫定的に指揮を執ることとなるが、26日に発表された遠征メンバーには長谷部も名を連ねている。

 今季の長谷部はマガト前監督の構想外となっていたため、ここまで全試合でベンチ外が続いていた。だが9月22日のG・フェルト戦以来、5戦ぶりの遠征メンバーへの選出。『ビルト』はスタメンの可能性も報じており、コストナー暫定監督も期待を寄せているようだ。果たして最下位に沈むチームの起爆剤となることは出来るか。キックオフは日本時間22時30分となっている。



マガト監督退任のヴォルフスで長谷部が遠征メンバー入り…今季初出場なるか
引用元:SOCCER KING 10月27日(土)9時56分

 日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは、27日に行われるブンデスリーガ第9節のフォルトナ・デュッセルドルフとのアウェー戦に臨む遠征メンバー19名をクラブの公式HPで発表した。

 26日に発表された遠征メンバーには、開幕から8試合連続でベンチ外となっている長谷部も招集。今シーズンのリーグ戦で初出場する可能性が出てきている。

 ヴォルフスブルクはリーグ戦第8節を終え、1勝2分け5敗の勝ち点5で最下位に低迷。25日にはフェリックス・マガト監督の退任を発表していた。



長谷部が遠征メンバー入り、指揮官交代でチャンス到来か 後任はV・マルヴァイク氏?
引用元:ISM 10月27日(土)11時1分

 現地時間25日(以下現地時間)にフェリックス・マガト前監督との契約解除を発表したヴォルフスブルク。チームは27日にブンデスリーガ第9節でデュッセルドルフと対戦するが、マガト前監督のもとでは構想外となっていたMF長谷部誠が遠征メンバーに名を連ねた。

 チームに厳しい規律とトレーニングを課すことから「鬼軍曹」の異名をとるマガト前監督は、2008-09シーズンにヴォルフスブルクをクラブ史上初のブンデスリーガ制覇に導いた。その後、シャルケ(ドイツ)での指揮を経て、昨年3月に降格危機に瀕していたヴォルフスブルクの指揮官に復帰。見事にチームを残留に導いたが、今季は開幕から結果を出せず、8試合を終えて最下位に沈んでいたことを受け、契約解除が発表された。

 長谷部はマガト前監督のもと、昨季はコンスタントに出場機会を得たものの、オフに移籍を希望したことから構想外となったとみられ、ベンチ入りすら叶わない状況が続いていた。

 しかし、リザーブチームで指揮をとってきたロレンツ・ギュンター・ケストナー暫定監督は26日、デュッセルドルフ戦の遠征メンバー19人に長谷部を含めた。同選手は今季初出場を果たす可能性もあり、状況が好転するかもしれない。

 なお地元メディアは新監督候補に、前オランダ代表指揮官のベルト・ファン・マルヴァイク氏の名を挙げている。同氏は、元日本代表MF小野伸二が所属していた当時のフェイエノールト(オランダ)指揮官で、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝経験がある。



長谷部所属のヴォルフス新監督はオランダ前指揮官か「可能性のあるクラブ」
引用元:SOCCER KING 10月27日(土)12時48分

 日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは、25日にフェリックス・マガト監督の退任を発表した。未定となっている後任監督だが、前オランダ代表監督のベルト・ファン・マルヴァイク氏が候補に浮上している。

 ユーロ2012でグループリーグ全敗に終わり、6月にオランダ代表監督を辞任したファン・マルヴァイク氏は、「再びクラブを率いる野心とエネルギーを持っている」とオランダ誌『Voetbal International』のインタビューで語り、ヴォルフスブルクについても「可能性のあるクラブで今夏も多くの選手と契約したね」と興味を明かした。

 マガト監督が退任したことで、後任監督として報道されていることについては、「具体的なことは何も決まっていないんだ。ヴォルフスブルクとは話し合いを持っていないよ。ただ、私の名前が後任候補として報じられていることは知っているよ」と語るにとどまっている。

 ヴォルフスブルクは今シーズン、ブンデスリーガ第8節を終えて1勝2分け5敗の勝ち点5で最下位に低迷している。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部所属のヴォルフスがマガト監督の退任発表…今季はリーグ最下位に低迷

長谷部所属のヴォルフスがマガト監督の退任発表…今季はリーグ最下位に低迷
引用元:SOCCER KING 10月26日(金)2時43分

121026_01.jpg

 日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは25日、フェリックス・マガト監督が退任したとクラブの公式HPで発表した。

 クラブとマガト監督は、両者合意の上で契約を解除。後任は未定で、コーチのギュンター・コストナー氏が暫定的に指揮を執ることになっている。

 ヴォルフスブルクは、ブンデスリーガ第8節を終えて1勝2分け5敗の勝ち点5で最下位に低迷。長谷部も開幕から8試合連続でベンチ外となっていた。



ヴォルフスブルク、マガトが退任 長谷部にチャンス?
引用元:Goal.com 10月25日(木)23時30分

121026_02.jpg

ヴォルフスブルクは25日、フェリックス・マガト監督(59)の退任を発表した。これにより、日本代表MF長谷部誠の状況に変化があるかもしれない。

今シーズンのヴォルフスブルクは、開幕から調子を上げることができていない。特にここ4試合は深刻で、無得点で4連敗となっている。20日のフライブルク戦を落としたことで、ついに最下位に転落した。

ヴォルフスブルクはマガト監督への感謝を表明すると同時に、「できるだけ早く順位を上げることが焦点」とし、早期復調を目標に掲げている。

新監督決定までヴォルフスブルクは、コーチのギュンター・コストナー氏が暫定監督を務めることも発表した。

長谷部は今シーズンのヴォルフスブルクで出番がなかった。マガト監督の構想を外れていた同選手にとって、指揮官の解任はプラスに働くかもしれない。




長谷部にチャンス? ボルフスブルクがマガト監督を解任
引用元:ゲキサカ 10月25日(木)20時30分

121026_03.jpg

 ブンデスリーガのボルフスブルクは25日、同クラブを率いていたフェリックス・マガト監督を解任した。複数のドイツメディアが報じている。後任は発表されておらず、ギュンター・コストナーコーチが暫定的に指揮を執る。

 ボルフスブルクは第5節のバイエルン戦を0-4で落としてから、第8節のフライブルク戦(0-2)までリーグ戦で4連敗を喫しており、開幕から1勝2分5敗で最下位に沈んでいた。

 日本代表MF長谷部誠は、開幕戦から出場機会を与えられていなかったが、指揮官の交代により、流れが変わるかもしれない。



長谷部は試練の日々から脱出できるか?マガト監督解任
引用元:サーチナ 10月26日(金)7時4分

 25日、ブンデスリーガ、長谷部誠の所属するヴォルフスブルクはマガト監督を解任したと複数のドイツメディアが伝えた。ヴォルフスブルクは現在勝ち点わずか5でリーグ最下位。成績不振から解任された模様だ。日本代表キャプテンの長谷部は今オフの移籍が適わずマガト監督から干された形で今シーズンは開幕からベンチにも入れない状態が続いていた。指揮官の交代で長谷部にチャンスは訪れるだろうか?


 今回解任されたマガト監督はドイツでは軍隊式とも呼ばれる猛練習を課す監督として知られている。選手には規律を果てしなく求め、軋轢も生むが厳しさから結果も出す、いわば毀誉褒貶相半ばする監督と言える。バイエルン、シャルケなどで成功を収める一方で、成績が落ちだすと選手やフロントとの対立が激しく表面化していくのはその強圧的な姿勢と無縁ではないだろう。長谷部は昨シーズン移籍を公言しマガト監督の信頼を失い、干された形で今季はベンチ外が続いていた。

 長谷部のポジションであるボランチはここまで8試合で5人の選手が起用されている。そのうち信頼に足るといえば元ドイツ代表のシェーファーだろうか?しかし彼はSBが本職。他の4名も絶対的なボランチというわけではなく、失点15で得点はわずか2点というチーム状況で、ブンデスで実績を積んできた長谷部がベンチにすら置かれないというのは普通に不自然だ。

 フォルクスワーゲンという強力なスポンサーを持ち資金力のあるヴォルフスブルクで監督兼ディレクターという絶対者マガトの意向に逆らえば、こうなることは実は目に見えてはいた。だがサイドなど本来のポジションで使われないことに不満を持つ長谷部は移籍を願い出るという賭けに出た形だ。残念ながら結果、移籍に失敗し出場機会を失ってしまったが、マガト監督解任で大きく風向きは変わる可能性が出てきている。長谷部は辛抱の時を経て再び活躍機会を得ることが出来るだろうか?最終予選の詰めに来た日本代表にとってもこれは重要な位置を占めるだろう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部所属のヴォルフスブルクが緊急会議…リーグ最下位転落が原因か

長谷部所属のヴォルフスブルクが緊急会議…リーグ最下位転落が原因か
引用元:SOCCER KING 10月25日(木)17時45分

 ブンデスリーガは現在第8節を消化し、日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは勝ち点5の最下位に沈んでいる。この結果を受けクラブの上層部が緊急会議を開くようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じている。

 20日にフライブルクに敗戦し最下位に転落した後、ザンツ相談役会会長が緊急会議を開くと明言。これに対しフェリックス・マガト監督は「会議のことなんて知らないね」と語ったという。

 一方、選手側も会議を持ったようで、チェコ代表MFヤン・ポラークは「いくつかの事柄について話し合ったんだよ」と詳しい内容については発言を避けた。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

【日本代表】長谷部誠「南アW杯以降、成長の度合いが選手個々で違い過ぎる」

【日本代表】長谷部誠「南アW杯以降、成長の度合いが選手個々で違い過ぎる」
引用:webスポルティーバ 10月23日(火)11時52分

hasebe20japan.jpg


ブラジルW杯まで597日
『ザックジャパンの完成度』
連載◆第9回:長谷部誠

 欧州遠征のフランス戦を前にして、長谷部誠には悲壮感が漂っていた。

「今シーズン、クラブではまったく試合をしていないので不安はあるけど、代表に来たらチームで試合に出ていないことなど、何の言い訳にもならない。ピッチに立ったらやるしかないんです」

 2010年南アフリカW杯から日本代表キャプテンとして不動の地位を築いてきた長谷部だが、彼は今、非常に厳しい立場にある。所属クラブのヴォルフスブルクでは、開幕からの全試合でベンチ外という状態が続き、その影響からザックジャパンでもやや精彩を欠くプレイが目立っている。実際、9月の親善試合のUAE戦ではミスを連発し、前半だけで細貝萌と交代させられた。

 あれから1カ月、状況が好転しない中、フランスと対峙した長谷部は何かしらの手応えを得たのだろうか。

「フランス戦は、個人的にはさっぱりでした。何もなく終わってしまった。体が動く、動かないとかいうよりも、試合勘がないと言われても仕方ないほど、パスの強弱だったり、展開する力だったり、そういう部分の感覚がズレているな、と感じました」

 本人が言うのだから、その感覚のズレは相当なものなのだろう。確かにフランス戦ではミスが多く、無難にさばくシーンが目立った。持ち味である、前を向き、突破していくプレイはほとんど見られなかった。

「それは、自分も感じていました。特に前半は相手の勢いもあったけれども、セーフティーにプレイしようとしていた。自分の良さは、ワンタッチ目で自分の前にボールを置いて、そこからどんどん前に出て行くプレイなんですが、(今は)それができていない。それが現状なので、自分はまだまだ、ということです」

 おそらくザッケローニ監督の目にも、そう映ったのだろう。長谷部はイラク戦同様、後半17分に細貝と交代した。

 長谷部個人に限らず、チームも前半は何もできなかった。代表キャプテンとして、チーム自体の戦いぶりはどう見ているのだろうか。

「(フランスの)前半のプレイが、世界のトップだと普通にやってくるレベルだと思うので、そういう時間帯に自分たちのサッカーがどれだけできるのかが重要だった。でも、挑んだけれども、跳ね返された。相手の力にやられましたね。相手の潰しが非常に早かったし、1対1の局面ではほとんど負けていた。セカンドボールもすべて相手に拾われていた。なんか、アジアでの戦いぶりとは立場が逆転したような試合でした。後半は良くなったとはいえ、公式戦になれば、前半のような戦いをフランスも90分間通してやってくる。そうしたら、今回と同じようにはいかない。そういう意味では、個人としも、チームとしても、大きな差があるな、と思いました」

 フランスは後半、選手交代によってバランスを崩した。それが、日本が盛り返す要因になったのは確かだろう。しかし、少し前の日本であれば、その隙さえも突けなかったに違いない。左サイドで長友佑都、香川真司、乾貴士らの絡みから何度かチャンスを作り、後半43分にはカウンターから香川がゴール。フランスを見事に下したが、長谷部の口からは厳しい評価が続いた。

「得点シーンは、相手のセットプレイからですからね。ああいう形で決まるのは、かなり稀(まれ)なこと。もし自分たちがカウンターを狙うのであれば、もう少し高い位置でボールを奪って攻めるほうが現実的だと思います。いずれにしても、ポゼッションにしろ、カウンターにしろ、高い位置で戦うことが必要。監督も試合後、立ち上がりで『ラインが下がってしまった』と指摘していた。そこで、勇気を持って押し上げて、前で弾かれてもセカンボールをきっちり拾う覚悟を持って戦わないと、自分たちの持ち味は出せないと思います」

 試合に勝ったこと自体はよしとしつつも、長谷部は相手のプレッシャーが厳しかった前半に、何もできなかったことが不満だったのだ。

 だが、続くブラジル戦は違った。フランス戦の教訓が生かされたのだろう、選手たちは相手を恐れずに前に出て行った。

「ブラジル相手でもボ-ルを回せたし、チャンスを作れたことは大きかった。ただ、前にボールは運べたけど、ペナルティーボックス内では簡単に勝負させてくれなかった。そこは堅いな、と思いましたね。フィジカル的な点を除けば、ブラジルはフランスより、サッカーの質も、レベルも高かった。特にフランスとの違いを感じたのは、中盤の選手がボールを持って長い距離を走れること。カカやラミレスとかも自分でボールを運べて、しかもひとり、ふたりとかわして前に行ける。それを、自分たちはほとんど止められなかった。本当はそういう役割を自分がやらなければいけないのに、と痛感させられました」

 ザッケローニ監督が就任以降、日本はアジアではトップクラスであることを証明し続けてきた。W杯最終予選でも首位を独走しているが、世界における日本の立ち位置は見えていなかった。それだけに、今回の欧州遠征はその目安をはかる絶好の機会であり、その期待値は高かった。しかし結果は、フランスには勝ったものの、内容が振るわず、ブラジル戦は0-4という思わぬ完敗を喫した。その現実は、さすがにショックだったのではないだろうか。

「いや、正直ショックはありません。(2009年9月に)オランダとやったとき(0-3と完敗)のほうが、手も足も出ないな、という感じでした。この2戦はそういう感覚はなかったですから。でもそれは、オランダとか世界のトップクラスに追いついたということではなく、トップクラスとの距離が少し縮まったというだけ。その距離を、ブラジルW杯までにどれだけ埋められるのか。それを考えると、かなり焦りはありますが、その距離感を今回つかめたのは、大きな収穫だったかなと思います」

 南アフリカW杯が終わったあと、長谷部は「これからはもっと個の力を伸ばしていく必要がある」と語っていたが、その点についてはどうなのか。ブラジルという世界屈指の個の力があるチームとの対戦で、日本の個という面での成長は感じられたのだろうか。

「2010年の南アフリカW杯から、日本代表の成長はすごく実感しているし、個も成長していると思います。ただ、個の成長の度合いが(選手によって)違い過ぎるというのはあります。どんどん上のレベルまでいっている選手がいる一方で、僕自身は成長というのはほとんど感じていない。だからこれから先、もっと個を伸ばしていけるようにがんばっていかなければならないと思っています」

 とはいえ、長谷部の所属クラブ内に置ける状況は、欧州遠征後も変わらず、8試合連続でベンチ外となった。ブラジルW杯までわずか1年半しかない中で、自らが成長し、日本代表がW杯で結果を出せるようなチームに完成するのだろうか。

「(本田)圭佑や(長友)佑都は、W杯優勝を公言しているじゃないですか。そこに温度差じゃないけど、難しさを感じているのは確かです。僕は(所属クラブで)試合にも出られていないので……。そうした状況にあって、世界のトップを目指すというのは、現実的なことではないな、と。けれども、監督も『W杯でいい結果を出す』と言っているし、常に試合に出て、いい結果を出している選手は、その目標に向かって進んでいる。そこに、試合に出られていない僕や、他の選手たちも追いつけるようにやっていかないといけない。今から、どれだけ追いつけるか、そこが重要ですね」

 世界との見えなかった距離は明らかになった。だが、それを縮める方法論となる試合に、長谷部は出ることができない。これからも地団駄を踏むような時間が続くだろうが、長谷部はその窮地をどうやって脱していくのだろうか。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

最下位に沈むヴォルフス指揮官に辞任の意思なし

長谷部の苦悩は続く? 最下位ボルフスブルクのマガト監督に辞意なし
引用元:ゲキサカ 10月22日(月)14時4分

hl_20121023115938.jpg

 ボルフスブルクは20日に行われたブンデスリーガ第8節のフライブルク戦で0-2と敗れ、最下位に低迷している。開幕戦ではシュツットガルトに勝利したが、その後は勝ち星がなく、勝ち点5のチームは現在4連敗中だ。

 チームを率いているフェリックス・マガト監督は、ファンの不満は理解しているが、自身の立場には不安がないとFIFA.comの公式HPで語っている。

「このような状況では、批判を受け入れなければいけない。もちろんファンの不満は理解できるし、それは正しい反応だ。このような状況では誰も幸せになれないだろう。それらを受け入れて、同じことを繰り返さないように、より良いプレーをしなければいけない。今できることは、次の試合に向かい、最下位を抜けることだ」

 ホームでの敗戦を終え、早くも今季5敗目を喫したが、マガトは自身が解任されることはないと確信しているようだ。「チームのディレクターが、私を支え続けてくれていることを感じている。このような結果、このような日を終えた後でも、そこに疑いはないよ」と語った。

 マガト監督によって、リーグ戦で8試合連続ベンチ外となっているMF長谷部誠の苦悩も続くことになりそうだ。



最下位に沈むヴォルフス指揮官に辞任の意思なし「会長からの信頼を感じる」
引用元:SOCCER KING 10月22日(月)12時40分

 日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは、開幕戦以来勝利がなく、現在4連敗中で最下位に沈んでいる。

 ヴォルフスブルクは20日に行われたブンデスリーガ第8節でフライブルクとホームで対戦したが、0-2で完敗。スタンドのサポーターからは、フェリックス・マガト監督の解任コールが鳴り止まなかった。ドイツ紙『キッカー』は、試合後のマガト監督のコメントを伝えている。

 マガト監督は、「会長や役員会からの信頼を感じている。確かにいい試合ではなかった。サポーターの心情は理解できる。全力を尽くす」とコメントし、サポーターへの配慮は見せたものの、辞任する意思はないようだ。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。