スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷部「世界では勝てない」辛勝続きに課題

長谷部「世界では勝てない」辛勝続きに課題

G20110131000155760_thum.jpg

アジア杯 決勝 日本1―0オーストラリア (1月29日 カタール・ドーハ)
サッカー

 アジア杯制覇にも、MF長谷部誠が浮かれることはなかった。オーストラリア戦では攻守に献身的なプレーを見せて勝利に貢献。主将として若いチームをまとめて優勝の立役者となったが「アジアレベルではもっと圧倒的な力を見せて勝たないと、世界では勝てない。もっと個人のレベルを上げる必要がある。若い選手は大会を通して成長したし、続けてほしいと思う」と気を引き締め直した。

 優勝セレモニーでは優勝カップの掲げ方が分からず「代わりに誰かやって」とお願いしたが、受け入れられず。照れ笑いを浮かべながらぎごちなく大役を務めた。試合の約5時間後にはドーハ空港からドイツに向けて出発。「アジア杯よりドイツの方がレベルは高い。そこでレギュラーとして試合に出てたくさんのものを得たい」とさらなる飛躍を誓った。 【試合結果 アジア杯 】



初戦ドローで危機感 長谷部「若い選手がお客様感覚 それを変えたかった」

アジア杯 決勝 日本1―0オーストラリア (1月29日 カタール・ドーハ)
サッカー

 【進化!!ザックジャパン】終盤の同点劇、劇的な逆転勝ち、死闘の末のPK戦決着、そして鮮やかな優勝決定ボレー弾。日本代表はドラマチックな戦いの連続で2大会ぶりにアジア杯を制した。日本中に感動を呼んだ快進撃の舞台裏で何が起きていたのか。

 優勝の瞬間、ピッチには先発、控え関係なく喜びを分かち合う光景があった。激動の大会を制することができたのは、チームの一体感があったからにほかならない。得点のたびに真っ先にベンチを飛び出して大喜びしていたのが今大会フィールド選手で唯一出場機会がなかった森脇だったことが、すべてを物語っていた。

 厳しいスタートがチームを1つにした。格下相手に1―1の引き分けに終わった1次リーグ初戦ヨルダン戦翌日の10日午後。本田圭の提案を受けた長谷部主将が音頭を取り、宿泊するドーハ市内のホテルの一室で選手だけのミーティングが開催された。

 長谷部は「若い選手がお客様感覚だったので、それを変えたかった。全員の意識を優勝に向けるというか。若い選手もみんなそう思ってほしいと伝えた」と意図を明かした。

 この約30分の話し合いをきっかけに、ベテランと若手の垣根が取り払われていった。ドーハ入り直後はW杯出場組、北京五輪世代などに分かれて自然とグループができていたが、ミーティング後は長谷部が積極的に若手の輪に入っていくなどムードが一転。食事の際の席も固定されなくなった。日本協会関係者は「代表合宿中の食事は何となく席が決まっていることが多いが、今回は違った。珍しいですね」と証言する。

 “おめでたラッシュ”もチームの雰囲気を明るくした。18日の長谷部を皮切りに25日に今野、28日に遠藤が誕生日を迎え、21日に岡崎に第2子、28日に永田に第1子が誕生した。1次リーグ突破翌日の18日夜には長谷部の誕生日会を兼ねた決起集会が日本料理店で開催され、選手、監督、コーチ、スタッフ全員が参加。グイードGKコーチが美しい歌声を披露すれば、森脇は一発芸で爆笑を誘った。約1カ月に及ぶ遠征を経て、ザックジャパンにはクラブのような一丸ムードが生まれていた。

[ 2011年1月31日 08:17 ]



慌ただしく日本へ、欧州へ アジア杯V選手らが移動

 サッカーの日本代表はアジア・カップを制した喜びに浸る時間も少なく、慌ただしく次の活躍の場へと向かった。決勝のオーストラリア戦でボレーシュートを決めたFW李(広島)らはザッケローニ監督とともに31日、成田空港に到着。主将のMF長谷部(ウォルフスブルク)ら8人の欧州組は所属クラブに合流するため、ドーハから直接欧州各地に戻った。
 大会最優秀選手に輝いたMF本田圭(CSKAモスクワ)はチームに合流するため、トルコに移動。シュツットガルト移籍が決まったFW岡崎はドイツ入りし、DF長友(チェゼーナ)はイタリアに向かった。
 MF遠藤(G大阪)ら4人は31日、関西空港に到着した。準決勝の韓国戦で右足小指付け根を骨折したMF香川(ドルトムント)は29日に帰国し、30日に東京都内の病院で手術を受けた。

[ 共同通信 2011年1月31日 17:07 ]



主将・長谷部、チームまとめた/アジア杯
2011.1.31 05:02

 サッカー・アジア杯決勝(日本1?0オーストラリア、現時時間29日、カタール・ドーハ)主将として平均年齢約25歳の若いチームをまとめたMF長谷部は、「試合ごとにヒーローが代わった。あまり出られない選手が結果を残した」と誇らしげだった。南アW杯でもキャプテンマークを巻き、日本の中心となった27歳。それでも、「もっとレベルアップの必要性を感じる。世界で勝てる保証はない」と表情を引き締めた。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ヴォルフスブルクも祝福「長谷部はアジア王者」

長谷部誠「アジアカップの優勝は頂上じゃない」/日本代表
ISM 1月30日(日)10時0分配信

 日本代表は現地時間29日、AFCアジアカップ2011カタール・決勝でオーストラリアと対戦し、途中出場のFW李忠成が値千金の決勝ゴールを挙げ、延長戦の末に1対0で勝利。2大会ぶり同大会史上最多となる4度目の優勝を果たした。以下、試合後のMF長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)のコメント。

●長谷部誠コメント

「試合ごとにヒーローが変わる。試合にあまり出られなかった選手も結果を残した。こういう大会ではそういうのがある。相手が落ちてくるというよりも、相手のサッカーは放り込んでヘディングで競って、こぼれ球を拾うというものだったので、向こうとしてはそんなに体力を使わないサッカーだった。自分たちがボールを回して走らせることを考えていたが、自分たちの方が体力的にキツくて決していいサッカーはできなかった」

Q:李(忠成)が決めたが? 
「あそこでよく決めてくれた。チュンソン(李)もあまり試合に出ていなかったけど、そういう選手が決めて総力戦で勝てたことが嬉しい」

Q:岩政(大樹)が出てから安定したが? 
「岩政さんをあそこに当てるのはいい策だと思った。結果的にゼロで抑えられた。ヘディングが強いので、こぼれ球をボランチが拾わないといけないと思って DFに近いところでプレーした。(これまでも)先制されても追い付いて逆転してきた。先に失点しないに越したことはないけど。今日はゼロで抑えられたのはよかった」

Q:昨日、アジアレベルではダメだと話していたが? 
「フィジカルの部分、競り合いで負けていた。もっとレベルアップしないといけない。アジアカップで優勝したからといって世界で勝てる保証はない。そこはみんなも分かっている」

Q:守備の狙いは? 
「一対一を作らせない。守備ではサンドして、攻撃ではもっと連動性があってもよかった。ボール回しが遅かった。どこかで変化をつけないといけない。自分のなかでももっと動かないといけない。世界の選手は守備をしながら前にも出ていく。いいところに顔を出さないと世界で勝てないと思っている」

Q:優勝できた要因は? 
「集まったときに若い選手が“お客さん感覚”だったので、そこをみんなで変えていこうと話した。ただ、まだ甘い部分もたくさんあるが、今大会で間違いなく成長した。ここで止めずに続けてほしい。アジアカップの優勝は頂上じゃない。クラブに帰って高い意識でやってほしい」

最終更新:1月30日(日)10時0分



ヴォルフスブルクも祝福「長谷部はアジア王者」
SOCCER KING 1月30日(日)11時41分配信

20110130-00000309-soccerk-000-0-thumb.jpg

 日本代表のキャプテンとしてアジアカップ制覇に大きく貢献したMF長谷部誠だが、所属クラブのヴォルフスブルクも若き日本の活躍を祝福。「長谷部誠はアジアチャンピオン」の見出しでドイツのファンたちに報告している。

 長谷部は南アフリカ・ワールドカップから引き続きキャプテンを務めた大会で全試合に先発出場。グループリーグのシリア戦では先制ゴールを奪い、準々決勝のカタール戦では決勝点をアシストした。精神的支柱としての役割だけでなく、得点に直結するプレーで日本を優勝に導く原動力となった。

 しかし、今シーズン、故障で出遅れた長谷部は、ヴォルフスブルクにおいて確固たるレギュラーを確保できていない。試合後のインタビューでは、「優勝したが、これはアジアレベル。世界と戦うには個々の能力を上げていかないと」と語っていただけに、ドイツの地で再び信頼を取り戻し、世界と戦うためにレベルアップを図りたいところだ。



長谷部 チーム支えた安定感…ピンチも冷静に対応

アジア杯決勝 日本1?0オーストラリア (1月29日 カタール・ドーハ)

 MF長谷部誠が安定した守備でチームを支えた。

 前半、オーストラリアに再三ゴール前にロングパスを入れられリズムがつかめない中、中盤でピンチの芽をつぶした。攻撃参加した内田のカバリングにも回るなど冷静な対応が光った。後半開始直後にはFWキューウェルのシュートを体を張って防ぎ、同44分にもDFカーニーの強烈なシュートを足で止めた。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

長谷部「日本の底力みせられた」/アジア杯

長谷部「日本の底力みせられた」/アジア杯
2011.1.30 03:33

scc1101300334005-n1.jpg

 サッカー・アジア杯決勝(29日=日本時間30日、カタール・ドーハ)日本は延長後半4分に李忠成が豪快な左足ゴールを決め、1?0で豪州を下して2大会ぶりの優勝を果たした。通算4度目の優勝は史上最多。日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は就任後初の公式大会で、若いチームを見事に優勝へと導いた。

 日本代表の主将としてチームをまとめた長谷部誠は「体力的にも厳しくいいサッカーも出来なかったが、勝ったことに意味がある」と勝利に満足顔。「今大会は毎試合ヒーローが違い、日本の底力をみせられた」と層の厚さに胸を張った。



長谷部主将がチームけん引/アジア杯

P2011012903342_hasebe-ns.jpg

<アジア杯:日本1?0オーストラリア>◇決勝◇29日◇カタール

 主将としてチームをけん引したMF長谷部誠(27)が、両手で高々と優勝カップを掲げた。ロングボールを容赦なく放り込んでくる相手。DF陣が競ったこぼれ球を、120分間必死に追い続けた。ザッケローニ体制の主将を任された27歳。今大会、どんな逆境に立たされても皆を鼓舞し、チームの核としてキャプテンシーを発揮した。

 [2011年1月30日3時17分]



将の長谷部「勝ったことに意味がある」/アジア杯
サンケイスポーツ 1月30日(日)3時33分配信

 サッカー・アジア杯決勝(29日=日本時間30日、カタール・ドーハ)日本は延長後半4分に李忠成が豪快な左足ゴールを決め、1?0で豪州を下して2大会ぶりの優勝を果たした。通算4度目の優勝は史上最多。日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は就任後初の公式大会で、若いチームを見事に優勝へと導いた。

 日本代表の主将としてチームをまとめた長谷部誠は「体力的にも厳しくいいサッカーも出来なかったが、勝ったことに意味がある」と勝利に満足顔。「今大会は毎試合ヒーローが違い、日本の底力をみせられた」と層の厚さに胸を張った。



□■□

日本代表のみなさん!アジアカップ優勝おめでとうございます!



長谷部さんが優勝カップを掲げた瞬間は本当に嬉しくて嬉しくて

泣きました


このアジアカップでその立ち居振る舞いとキャプテンシーで
益々注目されて人気者になった長谷部さんですが

きっと本人も、そりゃ嬉しいし楽しいし遣り甲斐があると思うけど

絶対プレッシャーになった部分もあったはずで


W杯で
みんなが手のひら返して厳しい事やありもしない事を書かれたりして
辛くて苦しい時を知ってるからこそ

今回は、今回こそはと
秘めたる強い思いがあったことだと思います


長谷部さんをずっと応援できて本当に良かったです

そしてこれからもずっと応援してます



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

アジア杯 主将長谷部「自分たちのサッカーを」

<サッカー>アジア杯 主将長谷部「自分たちのサッカーを」
毎日新聞 1月29日(土)10時36分配信

 今大会、退場による数的不利やPK戦など苦しい試合を乗り越えてきた日本代表。チームをまとめてきた主将の長谷部(ウォルフスブルク)は「しっかり組み立てて攻撃的に臨む自分たちのサッカーをして勝ちたい」と決勝を見据えた。

 昨夏のワールドカップ(W杯)直前、当時の岡田監督からゲーム主将に指名された長谷部は、新たな指揮官からも信頼を得る。ザッケローニ監督は「彼は精神面、技術面、すべての面で重要な存在だ。以前からキャプテンだったからでなく、このチームでは彼がキャプテンだと考えている」と評価する。

 練習では常に先頭を走る。「今までは年上の、経験ある人がいればやってくれていたけれど、そこは自分の責任」と説明する長谷部だが、あくまで自然体だ。

 準々決勝のカタール戦で退場となり、落ち込むDF吉田(VVVフェンロ)には「お前のせいで、みんな倍走らなくちゃいけなかった」と冗談めかして励ました。練習の合間には若い選手と笑顔で戯れる光景も見受けられる。長谷部は「他の選手が(何でも)言いやすい雰囲気を作ろうと思っている」と言う。

 厳しい一面もある。合宿序盤、「若い選手はお客さんみたいだった。自分たちが戦うんだという部分が感じられなかった」と苦言を呈し、チームに活を入れた。

 4度目のアジア王者まであと1勝。長谷部は言う。「選手だけじゃなく、スタッフも一つになって、みんなで喜んで終わりたい。ここまで来たら総力戦。11人じゃなく、全員で」【江連能弘】



長谷部と細貝、恩師・豪オジェック監督に挑む
読売新聞 1月29日(土)17時49分配信

 日本代表の長谷部(ウォルフスブルク)と細貝(アウクスブルク)の両MFにとって、アジア杯決勝は「師弟対決」となる。

 かつて浦和で指揮を執った豪州・オジェック監督との対戦に、長谷部は「日本のサッカーが変わったということを見せたい」と話した。

 オジェック監督は1995?96年と2007?08年途中の2度、浦和の監督を務めた。アジアチャンピオンズリーグを制覇した07年の主力が長谷部で、控えに細貝もいた。オジェック監督は28日、「長谷部はすごく進歩したし、若かった細貝も代表選手になってうれしい」と語った。

 ドイツ移籍後も親交のある長谷部は「豪州のしっかり守って速攻というスタイルは、浦和時代と同じ。尊敬しているが、あすは敵なので関係ない」。控えスタートとなりそうな細貝も「クラブワールドカップで使ってくれたので、感謝している」と成長した姿を見せるつもりだ。

最終更新:1月29日(土)17時49分



長谷部“恩返し”「成長した姿を見せたい」
スポニチアネックス 1月29日(土)7時2分配信

20110129-00000028-spn-000-0-thumb.jpg

 ◇アジア杯決勝 日本―オーストラリア(2011年1月29日 カタール・ドーハ)

 MF長谷部誠は緊張感の中でもユーモアを忘れなかった。

 前日会見に指揮官とともに出席。海外メディアから22年W杯カタール大会について聞かれ「(38歳になる)22年も選手として帰ってきたい」と話して周囲を笑わせた。浦和時代の恩師でもある敵将オジェック監督については「今も尊敬している。でもあすは敵だし、それは関係ない。日本が成長した姿を見せたい」ときっぱりと言い切った。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

長谷部誠「日本のサッカーが変わったというところを見せたい」/日本代表

長谷部誠「日本のサッカーが変わったというところを見せたい」/日本代表
ISM 1月28日(金)20時38分配信

 現地時間29日(以下現地時間)にAFCアジアカップ2011カタール・決勝で、日本代表はオーストラリア代表と対戦する。以下は、試合前日のMF長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)のコメント。

●長谷部誠コメント

「決勝まで来れたこと、決勝でオーストラリアと対戦できることは非常に嬉しい。明日は日本らしいサッカーをして勝ちたい」

Q:オーストラリアのオジェック監督は日本のことをよく知っているが、やりずらさを感じるか? 
「オジェック監督とは浦和でいい関係を築けていたし、リスペクトしているが、明日は敵になる。そういうことは関係ない。浦和時代とは日本のサッカーが変わったというところを見せたい」

Q:日本はW杯招致でカタールに負けたが、この大会を勝つことは日本のサッカー界にとってどんな意味があると思うか? 
「カタールでアジアカップを戦ってみて、素晴らしいピッチだと思うし、環境的に素晴らしいところだと思った。2022年、今から11年後に選手として戻ってこられるよう頑張ります(笑)」

最終更新:1月28日(金)20時38分



長谷部、豪州監督に宣戦布告「変わったところ見せたい」
産経新聞 1月28日(金)19時21分配信

20110128-00000620-san-000-2-thumb.jpg

前日会見で質問に答える長谷部誠(左)とアルベルト・ザッケローニ監督=28日、ドーハ・カリファ競技場(大橋純人撮影)(写真:産経新聞)
 豪州を率いるオジェック監督は、長谷部にとって浦和在籍時の指揮官。会見でやりづらさはないかと聞かれると「非常に良好な関係。彼のことはリスペクトしている」と話した上で、「明日は敵。正直関係ない」と宣戦布告。「(オジェック監督が)浦和時代とは、日本のサッカーが変わったというところを見せたい」と視線を上げた。

 豪州・オジェック監督「日本は明らかに強いチームで次世代も台頭している。明日は闘争心をかき立てられる試合になると思う」



長谷部、ケーヒル潰す!/アジア杯
サンケイスポーツ 1月28日(金)7時52分配信

20110128-00000021-sanspo-000-3-thumb.jpg

ウォーミングアップを終え、バランスボールを蹴る長谷部誠(写真:サンケイスポーツ)
 アジア杯日本代表合宿(27日、カタール・ドーハ)韓国戦で両ふくらはぎと両太ももを痛め、別メニュー調整した長谷部は「ケーヒルは当然、ポジション的にマークすることになる。体を張って止めたい」と、日本戦で過去4得点をマークした“ジャパンキラー”封じを宣言。相手のオジェック監督は07?08年にJ1浦和を指揮し、長谷部も指導を受けた。「しっかり守備(を固めて)から速攻が持ち味。そういうサッカー」と、手の内も分かっている。



長谷部がオジェック尊敬も「明日は敵」

P2011012801646_hasebe-ns.jpg

 日本代表主将のMF長谷部誠(27=ウォルフスブルク)が28日、カタール・ドーハ市内で行われた公式会見に出席した。アジア杯決勝オーストラリア戦(日本時間30日午前0時)へ向け「決勝でオーストラリアという素晴らしいチームと対戦できることを、うれしく思います。日本らしいサッカーをして、勝ちたい」と語った。

 相手を率いるのは、浦和時代の07年に指導を受けたオジェック監督。「浦和での関係は良好だったし、リスペクトしているけど、明日は敵。関係ない。浦和時代から成長したところと、日本サッカーが変わったことを見せたい」と意気込んでいた。

 [2011年1月28日21時33分]



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
カテゴリ
カレンダー(月別)
12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。