スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今大会はチームワークの重要性を確認した」長谷部誠=サッカー日本代表

主将の長谷部「このチームで戦えてよかった」
2010.6.30 02:12

scc1006300214000-n1.jpg

 サッカーW杯・南アフリカ大会決勝トーナメント1回戦(29日、プレトリア)日本代表はパラグアイにPK戦で敗れ、初のW杯8強入りはならなかった。ゲームキャプテンを務めた長谷部は「このチームメイトと、スタッフと皆でワールドカップが闘えてよかった。今日は勝てなかったけど、気持ちは見せられた。チームがだんだん良くなっていったし、チームワークが素晴らしかった」と決勝トーナメントに進出したことを素直に称えた。

 敗戦についても「気持ちは見せられたと思う。最後のPKは運のようなもの」とやり切った表情で語った。

 また、GK川島は「自分が一本でも止めて勝てればよかったんですけど、悔しいです」と5本すべてを決められたPK戦を悔しがった。



「「今大会はチームワークの重要性を確認した」長谷部誠=サッカー日本代表」
スポーツナビ 6月30日(水)7時46分配信

 サッカー日本代表は29日、2010年ワールドカップ・南アフリカ大会、決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦に臨み、0?0の末に突入したPK戦で敗れた。日本の初のベスト8進出はならなかった。
 以下は、試合後の長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)のコメント。

「自分たちが全力でやった結果が、こういうことなので、それを受け入れなければいけないと思うし、全部出し切ったと思います。PKは時の運ですし、誰が悪いとかじゃなくて、120分でゲームに決着をつけられなかった自分たちの責任だと思います。相手も堅い守備をしてきたけど、こっちもしっかりとしのげていたし、お互いにそういうところはあったんじゃないか。最後の得点のところが足りなかったのかなと思います。パラグアイとはあまり差を感じなかったですし、そんなにやられている感じもしなかった。だから、余計悔しいのはありますね。相手どうこうというよりは、次のステージで戦いたかったという気持ちはあります。
(大会を振り返って)準備期間でうまくいかなかったところは間違いなくありましたし、そこから監督が踏ん切りをつけるというか、違う形でやるという決断をしてくれて、そこでチームが良い方向にいったんじゃないかと思います。このチームの強みはチームワーク。出ている選手だけじゃなくて、出ていない選手のサポートが本当に素晴らしかった。今大会は、こういう短期決戦でのチームワークの重要性を確認しましたね。今大会は今日だけを見れば得点が課題だったかもしれないけど、試合を重ねるごとに攻撃の方も良くなっていったし、手応えはあります。ただ、世界と戦うときには個人のレベルをもっと上げないと厳しいなとは思います。
 キャプテンらしいことは、僕は本当に何もしていなくて、(川口)能活さん、ナラさん(楢崎正剛)、(中澤)佑二さんがチームを引っ張ってくれた。プレッシャーも何もなくやれました。僕は今でも佑二さんがキャプテンだと思っているし、一時的に預かっているだけという気持ちです」



「長谷部誠「このメンバー、スタッフともっともっと試合がしたかった」/日本代表」
ISM 6月30日(水)7時24分配信

 2010年W杯は現地時間29日(以下現地時間)に決勝トーナメント1回戦の試合が行なわれ、パラグアイ対日本は延長戦を終えても0対0となり、PK戦の末にパラグアイが勝利した。以下、長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)のコメント。

長谷部
「自分たちが全力でやった結果なので、それを受け入れないといけない。全部出し切ったと思う。

(足りなかったものは?)120分で決着を付けられなかったこと。PKは時の運。誰が悪いとかじゃなく、そこまでに決着をつけられなかった自分たちの責任だと思う。相手は非常に守備が堅く、自分たちもまた、守備がしっかりしていた。お互い戦っていたが、最後の得点が足りなかった。

(拮抗した試合だったが?)パラグアイとはあまり差を感じなかったし、やられている感じもしなかった。だから余計悔しい部分はある。相手どうこうよりも、次のステージに行って戦いたかったという気持ちはある。

(大会前はふがいない戦いが続いていたが、そこからここまで来れた要因は?)準備期間でうまくいかなかったというのは間違いなくあるし、そこから監督が踏ん切りをつけて違う形でやる決断をしてくれて、それでチームがいい方向に行った。このチームの強みはチームワーク。出ている選手だけじゃなくて、出ていない選手のサポートは本当にすばらしかったし、こういう短期決戦におけるチームワークの重要性を今大会は感じさせられた。
(W杯を戦う上で足りない部分は?)今日だけを見れば得点が課題だけど、試合を重ねるごとに攻撃もよくなっていったし、手応えはあった。ただ、まだ世界と戦う上では個人のレベルを上げないと厳しいかなと感じた。

(ゲームキャプテンとしての重圧は感じていたか?)キャプテンとしては本当に何もしていない。(川口)能活さん、(中澤)佑二さん、いろんな選手が引っ張ってくれた。僕自身は何もやっていないので、プレッシャーもなかった。僕は今でもまだ佑二さんがゲームキャプテンだと思っていて、キャプテンマークを一時的に預かっただけだと思っている。

(W杯でつかんだものは?)守備で規律をしっかり保てば、世界でも簡単にはやられないと感じた。それからチームとして戦うこと。それが日本の強みだと思う。

(これでW杯が終わったが?)さみしい気持ちはある。このメンバー、スタッフともっともっと試合がしたかった」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

長谷部誠「疲労はなく、ベストの状態で臨める」/日本代表

「長谷部誠「疲労はなく、ベストの状態で臨める」/日本代表」
ISM 6月29日(火)3時34分配信

 現地時間28日、日本代表は2010年W杯・決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦に向けた前日練習を行なった。以下、練習後のMF長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)のコメント。

長谷部
「とても幸せに感じている。こういうチャンスはなかなかない。気合いが入るし、やってやろうという気持ちでいる。決勝トーナメントに行ったということで一回ほっとしたところはあるかもしれないが、明日の試合に向けて、デンマーク戦ではいい形で戦えていたし、気分的にもいい状態で臨めると思う。疲労もなく、ベストの状態で臨める。

 (パラグアイが引いてくる可能性もあるが?)僕らは相手が引いて守るとは思っていない。今までの試合を見ても、前からプレッシャーをかけてくる。向こうが守って、俺たちがポゼッションしてという形にはならないと思う。相手が前からプレッシャーをかけてくるので、その圧力に負けないようにしたい。前に出てくれば裏のスペースも空く。南米特有の球際の強さもあるし、そのあたりで負けないようにしたい。

 (負ける気がしないと言っていたが?)今までやってきた相手と違う部分がある。高い位置からプレッシャーをかけれらてミスが出ると、危ないシーンも出てくる。同じグループに南米はいなかったので、また違う戦いになると思う。

 (日本でのムードが悲観から楽観に傾いているようだが、チームに与える影響は?)特にない。準備期間であまりうまくいかなかったので、みんながダメだと思うのは普通だと思っていたし、グループリーグを突破して期待するのは分かるけど、僕らができることは限られている。急にうまくはならない。グループでやってきたことをそのまま出すことしかできない。期待してもらうのは嬉しいけど、そんなに大きな期待をされても困るかな(笑)」



「「今までやってきた相手と違う部分はある」長谷部誠=サッカー日本代表」
スポーツナビ 6月29日(火)6時36分配信

 サッカー日本代表は28日、ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦を翌日に控え、試合が行われるプレトリアで最終調整を行った。日本は勝てばW杯で初のベスト8に進出する。
 以下は、練習後の長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)のコメント。

「やっぱりこういうチャンスはなかなかないんで、気合が入ります。やってやろうという気持ちです。とりあえず、決勝トーナメントにいったということでほっとした部分もあると思うんですけど、明日の試合に向けて、この間のデンマーク戦でいい形でできたんで、気分的にもいい状態で臨めると思います。ベストの状態で臨めると思います。
 相手が引いて守るとは僕らは思っていない。前からプレッシャーをかけてくると思っているし、今までの試合を見てもそういう形でやっている。相手が引いて守って僕らがポゼッションする形にはならないと思います。南米特有の球際の強さとかもあるし、そのへんはまずは負けないようにしないといけない。今までやってきた相手と違う部分はある。僕たちは南米と同じブロックではなかったんで、またちょっと違う戦い方になるのかなと思います。
(日本では悲観ムードから楽観ムードになっているようだが)僕らは事前の準備期間であまりうまくいかなかったし、日本のみんながダメだろうと思うのは普通だと思っていたし、ここでグループを突破して期待されるのは分かるんですけど、僕らはいきなりうまくなるわけじゃない。グループリーグでやっていたことをそのまま、自分たちの力を出すことしかないですね」



「MF長谷部、連続“僚友斬り”に気合」
デイリースポーツ 6月29日(火)9時31分配信

 「W杯・1回戦、パラグアイ-日本」(29日、プレトリア)
 MF長谷部は2戦連続の“僚友斬り”を目指す。1次リーグ最終戦では同じウォルフスブルクのMFカーレンベルグの母国デンマークを撃破。パラグアイにも僚友MFサンタナがおり「彼は多分、最初から出ないと思う。デンマークでも同僚に勝ってるんで次も勝ちたい」。パラグアイとは08年6月の親善試合以来の対決。「あのときはBチーム。ここで勝てば、また新たな歴史を作れる。気合が入ります」とガチンコ対決を制して新たな一歩を刻む。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

日本代表・本田選手の心霊写真の正体が判明!“謎の手”はアノ人だった

「日本代表・本田選手の心霊写真の正体が判明!“謎の手”はアノ人だった」
2010年06月29日21時12分 / 提供:ロケットニュース24

3bcdb_259_d72894bc5a020b760d6bf4de5a95fbd7-m.jpg

ネット上で騒ぎになっているFIFAワールドカップ(W杯)南アフリカ大会日本代表・本田圭佑選手の心霊写真だが、その正体が判明した。謎の手は、同じく日本代表の長友佑都選手のものだったことが明らかになった。

騒動を巻き起こしたのは、海外サイト『Picapp.com』のW杯日本代表選手・写真集ページに掲載された1枚の写真。肩を組む本田選手と長谷部誠選手の間に、謎の手が写り込んでいるのだ。この写真を見る限り2人のほかには誰も写っておらず、ネット上で「これは恐ろしいッ!これは恐ろしいぞーッ!これは恐ろしいィィーーッ!」と話題になった。

さらには「本田選手の先祖の霊か?」、「守護霊じゃないのか?」、「日本を勝利に導く守り神の手じゃないのか?」などの推測まで飛び交う事態となっていた。

しかし、謎の手は長友選手のものであることが判明した。実は、同サイトに掲載された写真は本田選手と長谷部選手の部分だけを切り取って使用したもの。海外サイト『DAWN.COM』などに掲載されている同じシーンを撮影した写真では、本田選手の左隣で肩を組む長友選手の姿がはっきりと写っている。

心霊写真ではなかったことが分かり、ネットユーザーらも「なんだ」、「心霊写真じゃなかったのか」と安心した様子。謎の手は守護霊ではなく長友選手のものだったが、29日に行われる決勝トーナメント1回戦パラグアイ戦ではぜひとも勝利をおさめてほしいところだ。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

キャプテン長谷部、一番走った11・4キロ

キャプテン長谷部、一番走った11・4キロ
2010.6.26 05:00

 南アフリカW杯1次リーグ第14日(24日、日本3?1デンマーク、ルステンブルク)左腕にキャプテンマークを巻いた背番号17は満面の笑みで仲間と抱き合った。1次リーグ3試合を通じてゲームキャプテンを務めたMF長谷部は「ひとつになって戦った」と充実感を漂わせた。前半13分にはゴール右に抜け出してシュート。終盤には厳しい守備でPKを取られるファウルもあったが、「球際は絶対に負けていなかった」。国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトによると、チームで最も走った距離が長かったのは長谷部の11・4キロだった。「ここまできたら失うものはない」。決勝トーナメントでもピッチを縦横無尽に駆け回る。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

長谷部誠「今日のゲームは攻めたし、たくさんチャンスも作った」/日本代表

「長谷部誠「今日のゲームは攻めたし、たくさんチャンスも作った」/日本代表」
ISM 6月25日(金)9時9分配信

 日本代表は現地時間24日、2010年W杯のグループリーグ最終節でデンマークと対戦し、3対1で勝利。グループEを2位で終え、2大会ぶり2度目の決勝トーナメント進出を果たした。以下、長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)の試合後のコメント。

長谷部 
「前の選手を見るというか、相手に合わせたのが大きいと思う。やっていて、ボランチの位置からFWのところにパスを通されていたので、ちょっとあそこは抑えないといけないと思っていたし、そうするなら3ボランチのような形でやった方がスペースを埋められるので。修正してからは抑えられたと思う。

(立ち上がりはデンマークのペースだったが?)マークの受け渡しとかうまくいっていなかった。結構危ないシーンはあった。

(本田のFKの場面で本田に下がれと指示されていたが?)壁に入ったら、壁よりも後ろに立って欲しいと言われた。あいつの意図はよく分からないけど(笑)。とりあえずそこでGKとボールのコースを消そうかなと思っていた。

(ゴールが決まった瞬間の気持ちは?)得点は3点とも嬉しかった。3点目は岡崎が決めて、今は控えだけどずっとスタメンでやってきていたわけだし、それでなかなか試合に出られないなか、ああやって控えの選手が決めてくれると、チームとしても盛り上がるし、凄くよかった。

(攻めて勝ちたい)今日のゲームは攻めたし、たくさんチャンスも作った。いいゲームができたと思った。

(4?2?3?1は攻めの気持ちから?)相手に合わせただけじゃないかな」



「「完ぺきに近いくらい準備はできていた」長谷部誠=サッカー日本代表」
スポーツナビ 6月25日(金)8時41分配信

 サッカー日本代表は24日、ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会のグループリーグ最終戦となるデンマーク戦に臨み、本田圭佑、遠藤保仁らのゴールにより3?1で快勝。2勝1敗の2位で決勝トーナメント進出を決めた。日本の次戦は29日、パラグアイと対戦する。
 以下は、試合後の長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)のコメント。

「3点ともうれしかった。岡崎も最近、なかなか試合に出られない中で決めてくれて、チームとしても盛り上がるので、すごく良かったと思います。(惜しいシュートがあったが)あれは決めたかったんですけど、立ち足にちょっとボールが当たってしまって、ちょっとうまくいかなかった。でも今日はスペースがあったので、攻撃に出られるかなと思った。今日は僕たちも攻めたし、たくさんチャンスも作ったし、良いゲームができたと思います。
 前半、トマソンに走られてチャンスを作られていたんで、そこを阿部ちゃんと僕とヤットさん(遠藤)とで、ゾーンに入ってきた選手に(マークに)付くという感じで、そのへんの受け渡しはしっかりできていたと思います。うちのディフェンスラインの間にパスをよく通されたので、あそこで前を向かれてプレーされると危険だと思った。そういった意味で2ボランチよりは3ボランチの方がスペースを消せるので(監督がシステムを)修正したんだと思います。
(選手が走れているのは)高地対策が完ぺきだからだと思う。僕らは普通のところでやっているのと変わらないようにやっていますし、常に低酸素を吸ったりしているので、本当に完ぺきに近いくらい準備はできていました。
(歴史を作った感じ)というよりは、僕らも決勝トーナメントに行けたし、韓国も行けたし、オーストラリアと北朝鮮はだめだったけど、頑張って良い戦いはしていた。アジアのサッカーというものを世界に見せられたかなと感じています。日本サッカーだけではなくてね」



「デンマーク戦がキックオフ! 日本は決勝T進出なるか/日本代表速報」
ISM 6月25日(金)3時32分配信

 2010年W杯は現地時間24日(以下現地時間)、グループリーグ第3節の試合が行なわれ、グループEの日本対デンマーク戦がキックオフを迎えた。日本では本田圭佑、長谷部誠ら、3戦連続で同じイレブンがスタメンに名を連ねている。

 オランダのグループ突破、カメルーンの敗退が決まり、決勝トーナメントへの残り1枠を2チームで争う日本とデンマークとの一戦。互いに勝ち点3で並ぶなか、得失点差で上回る日本は引き分け以上で16強入りが決まる状況となっている。また、同時刻に開催されるカメルーン対オランダ戦の結果次第では、日本が勝利すれば首位突破を決める可能性も残されている。

 なお、日本が2位で次ラウンドに進んだ場合はグループFの1位(パラグアイ)と29日に、首位通過した場合は同2位(スロバキア)と28日に対戦することとなる。

=以下、日本代表・デンマーク代表先発メンバー=

日本代表:
川島永嗣;阿部勇樹、駒野友一、田中マルクス闘莉王、長友佑都、遠藤保仁、松井大輔、大久保嘉人、長谷部誠、本田圭佑、中澤佑二

デンマーク代表:
ソーレンセン;C・ポウルセン、アッガー、ヤコブセン、トマソン、ヨルゲンセン、ベントナー、カーレンベリ、クロルドルップ、S・ポウルセン、ロンメダール



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村
カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。