スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一転、長谷部がニュルンベルク入り!



一転、長谷部がニュルンベルク入り!

309615_heroa.jpg

引用元:http://kicker-jp.blogspot.de/2013/08/blog-post_2795.html


長谷部誠を巡る攻防は、金曜日に急展開を見せた。日本代表MFは、一転してニュルンベルクへと移籍する。最近ニュルンベルクは、同選手の獲得へ向けて意欲的に動いていたものの、ヴォルフスブルク側は長谷部を放出を拒否。しかし金曜日にニュルンベルクのマーティン・バーダーSDは、地元紙ニュルンベルガー・ツァイトゥング紙に対して、ヴォルフスブルクと合意に至った事を明かしている。

今年の夏、ベテランMFティモシー・シモンズが、母国のブルッヘへと移籍した。シモンズは、最近数年間でニュルンベルクに安定をもたらす存在として活躍した選手であり、チームのまとめ役としても重要な存在となっていた。しかしそんなシモンズの移籍にもニュルンベルクは、周知の予想に反し、動きをみせる事はなかった。

それは、当初のニュルンベルクが抱いていた計画は、既存の選手でシモンズの抜けた穴を埋めるというものだったからだ。しかし最初の公式戦を終えたバーダーSDとヴィージンガー監督は、この方針の転換を決断。そこで早くから目をつけたのが、ヴォルフスブルクの長谷部誠だった。

しかしヴォルフスブルクのアロフスSDの厳しい対応を見せるー、この日までは。

今回の獲得にあたりニュルンベルクは、ヴォルフスブルクに対して約250万ユーロを奮発。長谷部は日曜日にニュルンベルクを訪れ、月曜日にメディカルチェックを受けた後に、3年契約へサインする。

今夏にヴォルフスブルクは、バイエルンからルイス・グスタボを獲得しボランチを補強した。一方で長谷部は今シーズン、ここまでベンチに甘んじる日々が続いており、来年のW杯を視野に入れる日本代表主将としては、決して望ましい状況とはいえなかっただろう。

ニュルンベルクのマルティン・バーダーSDは、ニュルンベルガー・ツァイトゥング紙に対し「誠はブンデスの事を知っているし、完璧なドイツ語を話す。そして日本代表の主将として、欠かす事のできない人格の持ち主だ。」と喜びをみせると「彼は直ぐに、我々の助けとなってくれる事だろう。」と語った。

2008年に浦和レッドダイヤモンズからヴォルフスブルクへと移籍した長谷部は、ここまでブンデス通算134試合に出場、5得点、15アシストを記録。また日本代表としては、ここまで通算71試合に出場している。


スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部、ニュルンベルクへの移籍が確実 独紙



本職のボランチ出場増求め…長谷部は清武ら所属ニュルンベルク移籍へ

20130831-01124434-gekisaka-000-1-view.jpg

http://web.gekisaka.jp/402068_124434_fl


ボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠が、MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクに移籍することが分かった。地元紙の『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』に対し、ニュルンベルクのマーティン・バーダーSDが合意に至ったことを明かしている。

 長谷部は08年1月に浦和からボルフスブルクに移籍。翌シーズンにブンデスリーガ制覇を果たすなど、順調にステップを踏んだ。だが近年は本職のボランチではないポジションを任されることも多く、出場機会の減少は日本代表にとっても懸念材料となっていた。ニュルンベルクでは本職のボランチでの出場機会増が望まれる。

 報道によると、移籍金は約250万ユーロ(約3億2500万円)で3年契約が結ばれる予定。日曜日にニュルンベルク入りし、月曜日にメディカルチェックを経て契約を結ぶ予定となっている。




長谷部「悩んだが、試合に出たい」
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20130831-1181768.html


ウォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(29)がニュルンベルク移籍で両クラブが合意したと地元紙ニュルンベルガー・ツァイトゥングが報じた。ニュルンベルクのバーダー強化部長が30日、同紙に明らかにした。

 長谷部はウォルフスブルガー・ナハリヒテン(電子版)に「ウォルフスブルクでは定位置争いが激しい。悩んだが、試合に出たいし、ニュルンベルクなら最も好きな守備的MFで出られる」と語った。




長谷部、ニュルンベルクへの移籍が確実 独紙

6df49_260_275908_hp.jpg

http://www.sanspo.com/soccer/news/20130831/bun13083107180000-n1.html


 サッカーのドイツ1部リーグ、ウォルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(29)が同リーグのニュルンベルクに移籍することが確実となった。ニュルンベルクのバーダー強化部長が30日、地元紙ニュルンベルガー・ツァイトゥングに両クラブが移籍で合意に至ったことを明らかにした。

 同紙によると、身体検査に合格すれば、2016年夏までの3年契約を結ぶ見込み。バーダー強化部長は「ブンデスリーガを知っており、ドイツ語能力は完璧。日本代表の主将として人格者としても知られる選手。即戦力」と語った。専門誌キッカー(電子版)は移籍金約250万ユーロ(約3億2500万円)で「ニュルンベルクにとっては高額」と伝えた。ニュルンベルクは日本代表MF清武弘嗣とMF金崎夢生が所属している。

 長谷部は08年1月にJ1浦和からウォルフスブルクに移籍し、2季目にリーグ初優勝に貢献した。今季は出場機会に恵まれず、移籍を希望していると報じられていた。(共同)


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部ニュルンベルクへ完全移籍 地元紙報じる



長谷部のニュルンベルク移籍が濃厚に

6df49_260_275908_hp.jpg

http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2013/08/31/4225555/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%8C%E6%BF%83%E5%8E%9A%E3%81%AB


1日に現地入りか

日本代表MF長谷部誠が、ヴォルフスブルクからニュルンベルクへ移籍することが濃厚になった。ドイツ『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』に対し、ニュルンベルクのマルティン・バーダーSD(スポーツディレクター)がクラブ間合意を認めている。

この報道によると、長谷部は1日に現地入りし、2日にニュルンベルクのメディカルチェックを受ける。ここで問題がなければ、3年契約にサインをすることになるようだ。

長谷部の移籍金については、『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』が200万〜300万ユーロ、『ビルト』が200万ユーロと報じている。

長谷部が2008年から過ごすヴォルフスブルクを離れる日が近いようだ。




長谷部がニュルン移籍か…移籍金約3億円の3年契約で合意と独紙報道

hasebe1-500x332.jpg

http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20130831/131960.html


ドイツ紙『Nurnberger Zeitung』は30日、ヴォルフスブルク所属の日本代表MF長谷部誠が、日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクへ移籍することで合意に達していると報じた。

 同紙は、長谷部の移籍交渉が一時は決裂したが、30日の午後に事態が反転し、ニュルンベルクのマーティン・ベイダーSD(スポーツ・ディレクター)が、ヴォルフスブルクと合意したことを認めたと伝えた。また、9月1日に現地入りし、2日にメディカルチェックを予定で、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)から300万ユーロ(約3億9000万円)の間になり、3年契約を結ぶだろうと報じている。

 長谷部は2002年に浦和レッズに入団。2008年1月にヴォルフスブルクへ移籍し、2008-09シーズンにはクラブ史上初となるブンデスリーガ優勝に貢献した。その後も主力としてプレーし、昨シーズンは序盤に8試合連続ベンチ外という苦しい状況にもなったが、最終的にリーグ戦23試合に出場し、2得点を挙げている。今シーズンは、開幕戦を出場停止で欠場し、出場機会はリーグ戦3試合を終え、途中出場1試合と恵まれていない。




長谷部ニュルンベルクへ完全移籍 地元紙報じる
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20130831-OHT1T00058.htm


 【ニュルンベルク30日】ドイツ1部リーグのヴォルフスブルクに所属する日本代表MF長谷部誠(29)が、3年契約の完全移籍でニュルンベルクと合意したと地元紙が報じた。それによると、ニュルンベルクの幹部が事実を認めたという。移籍金は250万~300万ユーロ(3億2409万~3億8891万円)とみられる。同クラブには、日本代表MF清武弘嗣(23)が所属。今夏の移籍市場締め切り期限の9月2日までにボランチを探しており、長谷部にオファーを出していた。長谷部は08年に浦和からヴォルフスブルクに移籍し、09年シーズンのリーグ制覇に貢献していた。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ニュルンベルクは長谷部獲りを諦めず



ニュルンベルクは長谷部獲りを諦めず

引用元:http://kicker-jp.blogspot.de/2013/08/blog-post_1985.html


ニュルンベルガー・ナハリヒテン紙は、『ニュルンベルク入りを夢見る長谷部』と題した記事を掲載した。

同紙は、確かに長谷部はヴォルフスブルクにて素晴らしい時間を、特に2008/09年には主力としてリーグ制覇を成し遂げた時に過したとしながらも、W杯を1年後に控え、代表でのポジション争いの為には定期的な出場機会が必要と指摘。しかしその一方で、同選手が主戦場とするボランチには、先日クラブ史上最高額の移籍金でルイス・グスタボが加入した事を移籍を望む理由として挙げた。なおヴォルフスブルクのボランチには、更に昨季先発のポラクやレンタル先で活躍をみせたクやシゲルチらが控えている。

そのため長谷部は、獲得に関心を示したニュルンベルクへの移籍をアロフスSDに直談判した。しかし返ってきた答えはNO。ヘッキング監督は、ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ紙に対し「私は彼を放出する準備はできないと思うね」とコメントしている。同監督は、現在右SBの先発を務めるクリスチャン・トレーシュのバックアップとして、長谷部をキープしたい考えだ。

グスタボが出場停止にある今節では、もしかすると長谷部誠にその出場機会が巡って来るかもしれない。

そんな状況の中、FCニュルンベルクは日本代表主将の獲得を諦めてはいない事を明かした。

バーダーSDは「まだ我々は誠とコンタクトを取っている」と語り、「この数日間で、彼を獲得するチャンスが生まれるかもしれない」と希望を述べている。

一方でアロフスSDは、ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ氏に対して「サッカー界では、来週月曜日までは非常に長い時間がある」とも述べているが、果たしてそれまでに長谷部誠の移籍は実現するのだろうか。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

長谷部獲得を諦めないニュルンベルク



ヴォルフスブルクSD、長谷部移籍も除外せず?

277836_heroa.jpg

引用元:http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2013/08/29/4221802/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AFsd%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%82%82%E9%99%A4%E5%A4%96%E3%81%9B%E3%81%9A?ICID=HP_BN_1


ニュルンベルクが獲得に興味

ヴォルフスブルクのクラウス・アロフスSD(スポーツディレクター)は、ニュルンベルクが獲得に興味を示す日本代表MF長谷部誠に関して、必ずしも移籍の可能性が皆無なわけではないことを示唆する発言をしている。

ニュルンベルクへの移籍を望んでいると見られる長谷部に対し、アロフスSDはその要望を断り続けていると報じられている。ディーター・ヘキング監督も放出に乗り気ではないようだ。

だがドイツ『ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ』は、アロフスSDが移籍の可能性を完全には否定しない次のようなコメントを伝えている。

「今後、永遠に除外しているわけではない。そして、これから(移籍市場が開いている)月曜までの時期は、サッカー界では永遠のように長い」

ドイツの移籍市場は9月2日に終了を迎える。ニュルンベルクの側でも長谷部の獲得を諦めてはいない様子だが、果たして残りの数日で何らかの動きは起こるのだろうか。





長谷部獲得を諦めないニュルンベルク

20130828-00000022-goal-000-0-view.jpg

引用元:http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2013/08/28/4219007/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%82%92%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF?ICID=PP_19408


バーダーSD:「チャンスがあるかもしれない」

ヴォルフスブルクMF長谷部誠の獲得を望みながらも、実現の可能性は低いと見られていたニュルンベルクだが、まだ獲得を諦めてはいないようだ。

ヴォルフスブルクで本職のボランチとして出場機会を得ることが難しいと見られる長谷部は、報道によればニュルンベルクへの移籍をクラブに求めているようだが、クラウス・アロフスSD(スポーツディレクター)に断られ続けている模様だ。

ニュルンベルクの側でも、まだ長谷部獲得の望みは捨てていない。ドイツ『ニュルンベルガー・ナハリヒテン』は、次のようにニュルンベルクのマルティン・バーダーSDのコメントを伝えている。

「我々はマコトにコンタクトし続けている。ひょっとしたら、これから数日間で彼を獲得するチャンスがあるかもしれない」

ヴォルフスブルクに残留することになったとしても、ポジションは右サイドバック、あるいはそのバックアップとなる可能性も十分にある。来年にはワールドカップ本大会も控えており、日本代表のレギュラーである長谷部としては本職のポジションで出場機会を得られる環境を求めたいところだろう。

ドイツの移籍市場は9月2日までとなっており、ヴォルフスブルクは8月31日のヘルタ・ベルリン戦がその前の最後の試合となる。今季バイエルン・ミュンヘンから移籍してボランチの定位置を確保しながらも、前節に退場処分を受けたMFルイス・グスタボが出場停止となるこの試合は、長谷部にとってどのような意味を持つことになるのだろうか。奇しくも、ブンデスリーガでボランチとして出場する日本代表MF細貝萌との直接対決でもある。





ザックやっぱり海外組頼り!?
引用元:http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/177815/


 ザックジャパンが、9月の日本代表強化合宿に海外組をフル招集する方針を示した。

 9月の親善試合(6日・グアテマラ戦、10日・ガーナ戦)に臨む代表メンバーは、29日に発表される。

 欧州視察から帰国した日本サッカー協会の原博実技術委員長(54)は27日、所属クラブで試合出場機会を得られてない海外組の招集について「シーズン当初だし、試合に出てないから選ばないということではない」と明言した。

 不安視されたFW香川、MF長谷部誠(29=ボルフスブルク)、DF吉田麻也(25=サウサンプトン)はメンバー入りする見込みで、原委員長は「香川はチームへの合流が遅れたのは事実。麻也とはメールでやり取りし『コンディションが上がってきている』と言っている」と説明した。

 また14日の国際親善試合ウルグアイ戦への招集を見送られたMF細貝萌(27=ヘルタ)らも「今回は10日間くらい集まれるので、堂々と呼べる。ケガとかがなければベストと呼べる選手を呼ぶのでは」と話し、国内組から再び海外組中心のメンバーに“回帰”しそうだ。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。